メインメニューを開く

石川県営兼六園野球場(いしかわけんえい・けんろくえんやきゅうじょう)は、かつて石川県金沢市にあった野球場。石川県が運営管理していたが、1973年限りで閉鎖された。

石川県営兼六園野球場
施設データ
正式名称 石川県営兼六園野球場
所在地 石川県金沢市石引4丁目17-1
(現在の北陸電力会館 本多の森ホール部分)
開場 1947年10月25日
拡張 1959年6月13日
閉場 1973年11月
取り壊し 1974年
所有者 石川県
使用チーム • 開催試合
第2回国民体育大会(1947年)
高等学校相撲金沢大会(1954年 - 1960年[1]
収容能力
約2万人[2]
グラウンドデータ

歴史編集

金沢市中心部、兼六園に隣接する旧陸軍出羽町練兵場の公用地に、石川国体の開催に合わせて1947年10月25日に完成した[2]

完成時は両翼85m・中堅90mで[3]、フィールドの狭さが指摘されていた。翌1948年4月に初めて開催されたプロ野球公式戦・大陽ロビンス - 急映フライヤーズ戦で両チーム6本塁打と、当時としては本塁打の多い試合だったことがきっかけで、同年9月に100万円の費用をかけて両翼90m、中堅97mに拡張された[3]

ところが、翌1949年4月26日に開かれた読売ジャイアンツ - 大映スターズ戦では、両軍合わせて13本の本塁打が飛び交う乱打戦(1試合両チーム本塁打数・日本プロ野球最多タイ記録)となり[3]、この年に1000万円をかけて再び拡張。工事は1950年4月に完成し、両翼99.1m、中堅122mとなったが[3]、今度は広過ぎて本塁打が出にくくなった。1959年6月、約7000万円をかけて内野スタンドの改築とグラウンド工事が行われ、両翼91.4m、中堅112.8mとなった。

その後、施設の老朽化やグラウンド設備の陳腐化、周辺地域の宅地化により、1973年11月をもって閉鎖、施設は撤去された。なお、1974年、郊外の西部緑地公園内に石川県立野球場が設けられた。

兼六園球場の跡地には1977年、石川厚生年金会館(現・北陸電力会館 本多の森ホール)が建設された。建築家黒川紀章により、許される建蔽率を最大限利用したため、建物は敷地外郭に沿い扇形をしている[3]

北陸電力会館 本多の森ホールの裏(兼六園弓道場近く)には、懸営兼六園野球場と記された石碑が残っている。

主なエピソード編集

上記1949年4月26日の巨人対大映戦では巨人・川崎徳次が大映打線に8本の本塁打を打たれて13失点しながら、自らも打つ方で3本の本塁打を含む4安打9打点を挙げる活躍をして完投勝ちした。1試合での被本塁打8はNPB記録であり、失点13も勝利投手の失点数としては最多である。また、投手の1試合3本塁打は後輩の堀内恒夫と合わせて2人しか記録しておらず、1試合9打点も投手が1試合で記録した打点としては最多である[2]

1956年9月19日に開催された国鉄スワローズ広島カープ24回戦(ダブルヘッダー第2試合)で、国鉄・宮地惟友(石川県出身)が日本プロ野球史上3人目となる完全試合を達成している[3]

1965年5月11日の巨人対広島戦で巨人・瀧安治が放った打球が広島の投手・安仁屋宗八の膝を直撃し、跳ね返った打球を捕手・久保祥次がノーバウンドで捕球。瀧に投触捕直(投手が接触した後のキャッチャーライナー)が記録された。これは2019年現在も唯一の記録である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大会沿革”. 高等学校相撲金沢大会. 2014年10月15日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c 本多伸也 (2009年4月26日). “13発、伝説の乱打戦 60年前の兼六園球場”. 北國新聞 (北國新聞社). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20090426401.htm 2014年10月15日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f NPBニュース 【球跡巡り・第17回】1試合13本塁打と完全試合の舞台 県営兼六園野球場 - 日本野球機構(2019年4月26日)

関連項目編集