メインメニューを開く

石川県立珠洲実業高等学校(いしかわけんりつすずじつぎょうこうとうがっこう)は、石川県珠洲市宝立町に所在した実業高等学校。略称は「珠洲実(すずじつ)」
2010年3月石川県立飯田高等学校との併合により閉校となったものの、校舎は13年1月より、同県立七尾特別支援学校珠洲分校の移転先として共用され、また同高等学校総合学科の科目履修のために、校舎の一部が一時的利用されていた。

石川県立珠洲実業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 石川県の旗 石川県
学区 全県一学区
校訓 進取・創造・自律
設立年月日 1963年
創立記念日 10月14日
閉校年月日 2010年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 建築科
情報流通科
学科内専門コース (建築科)
*建築コース
*建築情報コース
(情報流通科)
*国際ビジネスコース
*ビジネス情報コース
学期 3学期制
高校コード 17148E
所在地 927-1222
石川県珠洲市宝立町鵜飼6-20
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

設置学科編集

平成17年度入学生編集

  • 建築科(2コース3種型)
    • 一般コース
    • (建築専攻)計画コース
    • (建築専攻)施工コース
  • 情報流通科(2コース5種型)
    • 商業コース(情報処理型)
    • 商業コース(会計専門型)
    • 情報コース(情報処理専門型)
    • (公務員・看護志望型)
    • (大学・短大進学志望型)

平成18・19年度入学生編集

  • 建築科
    • 建築コース
    • 建築情報コース
  • 情報流通科
    • 国際ビジネスコース
    • ビジネス情報コース

2007年に策定された石川県内第2次高等学校再編計画にあたり、石川県立飯田高等学校との間に学校統合が決定したため、2008年(平成20年度)より全科募集停止。

沿革編集

  • 1963年 - 旧宝立小学校校舎を利用し、商業科・家政科を置き開校。校章・校歌の制定、校旗樹立
  • 1969年 - 家政科を廃止、土木科を置く
  • 1970年 - 土木科を廃止、建築科を置く
  • 1973年 - 校舎落成、校舎落成式典
  • 1979年 - 第2体育館完成
  • 1983年 - ウエイトリフティング場完成
  • 1989年 - 商業科を商業コースと情報コースの2コース制とする
  • 1992年 - コース制を廃止、情報流通科を置く
  • 1996年 - 屋内相撲場完成
  • 2002年 - 制服改定
  • 2003年 - 情報流通科にコース制導入
  • 2004年 - 建築科にコース制導入
  • 2008年 - 学校統合により全科募集停止
  • 2010年 - 3月31日をもって閉校。[1]

教育方針編集

学校行事編集

生徒会活動・部活動など編集

生徒会編集

運動部編集

2007年現在、7つの部と1つの同好会があった。

文化部編集

2007年現在、4つの部があった。

交通編集

著名な関係者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1]【石川】 「母校 心の中で永遠 最後の卒業式と閉校式」 2010年3月7日中日新聞
  2. ^ [2] 【シリーズ現場】 有終飾れ 伝統の調べ 来春閉校の珠洲実・吹奏楽部 2009年3月13日中日新聞
  3. ^ 中日教育賞第13回(昭和56年)受賞者 器楽教育による学校づくり 石川県立珠洲実業高等学校教諭 山田正幸

関連項目編集

外部リンク編集