メインメニューを開く

石川県立金沢二水高等学校

石川県立金沢二水高等学校(いしかわけんりつ かなざわにすいこうとうがっこう)は、石川県金沢市緑が丘に所在する公立高等学校

石川県立金沢二水高等学校
二水高等学校正門
過去の名称 石川県立金沢第二高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 石川県の旗 石川県
学区 全県一学区
校訓 文武両道
設立年月日 1948年
創立記念日 10月15日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 17115J
所在地 921-8117
石川県金沢市緑が丘20番地15

北緯36度32分27.5秒 東経136度39分28.3秒 / 北緯36.540972度 東経136.657861度 / 36.540972; 136.657861座標: 北緯36度32分27.5秒 東経136度39分28.3秒 / 北緯36.540972度 東経136.657861度 / 36.540972; 136.657861
外部リンク 石川県立金沢二水高等学校 (日本語)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

校名の「二水」については、金沢市内を流れる犀川浅野川を意味するという説や、開校時の所在地近くを流れる大野庄、鞍月の二つの用水を意味するという説など諸説ある。[要出典]

設置学科編集

概要編集

生徒数は約1200名。同窓会は1948年10月15日に新設された「金沢第二高等学校」の卒業生を第1期とし、第2期からは金沢二水高等学校卒業生となっている。しかし旧制金沢第一高女を間接的に継いでいるという位置づけのため、同時期に発足した金沢泉丘高校(旧金沢一中)金沢桜丘高校(旧金沢三中)、1963年に旧金沢二中の系譜を引くものとして設立された金沢錦丘高校とは異なり、旧制中学校女学校とのつながりはない。1学年は現在10クラスで約400名の生徒がいる。通称、二水(にすい)

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

経緯編集

県内で優秀な人材を育てるため、女子のみの金沢第二高等学校が新設された。翌年に男女共学などの変更もあり、現在の金沢二水高等学校が設立された。さらに学科の廃止など変更を数年がかりで行い、普通科のみ高等学校になる。1998年に老朽化した校舎の移転が行われた。現在は国際的に活躍できる人材づくりを目標においている。

年表編集

  • 1948年昭和23年) - 学制改革により金沢市穴水町(現:金沢市長土塀1-9)の県立金沢第一高等女学校校舎に、女子のみによる金沢第二高等学校を新設、定時制課程を併置する
  • 1949年 - 男女共学、普通科に商業科と家庭科を加えた総合制の金沢二水高等学校として創設される
  • 1951年 - 「家庭科」募集停止
  • 1952年 - 石川県立金沢中央高等学校の設立に伴い定時制課程廃止(校舎は1966年まで共用)
  • 1957年 - 石川県立金沢商業高等学校の発足に伴い「商業科」募集停止
  • 1958年 - 校舎の老朽化と校地の狭さから金沢市緑が丘に新校舎建築、移転
  • 1996年平成8年) - 校舎改築のため、金沢大学城内キャンパス跡地の仮校舎に移転する
  • 1998年 - 新校舎に再移転、落成式
  • 2003年 - 石川県より「いしかわスーパーハイスクール」に指定される(3年間・2006年から延長、2009年から再延長)
  • 2013年 - 「いしかわスーパーハイスクール」に関連して2年生にリアルサイエンス、グローバルソリューションの2コースを設置
  • 2018年 - 創立70周年

教育方針編集

教科の学習効果を高めて有為な資質を養うとともに、ホームルーム部活動生徒会活動などを通じて、生徒の明朗で活力ある人間形成に資するよう努める。

文武両道をモットーとしており、部活動の加入率は極めて高い。[要出典]スクールカラーはオレンジ。

教育目標編集

  • グローバル社会を生き抜く創造的な人材の育成
  • 適性の発見と進路の確立
  • 健康・明朗にして、人間性豊かな品格の陶冶

教育方針編集

  • グローバルリーダーとして必要な論理的・批判的能力、協働する力、的確な発信力を育成する。
  • ホームルーム・部活動・生徒会活動等を通して、明朗で活力ある人づくりを推進する。

校舎編集

1998年に新校舎となった。ヨーロッパ風の屋根つき中庭ガレリア(イタリア語で廊下、商店街の意味)を持ち、校門を設置しないなど独特な造りでもある。改築以前も、2階以外には廊下を持たず教室間の行き来はバルコニーを使用するなど、学校建築としてユニークな造りであり、各地から見学者も相次いだ[要出典]

現在の校舎は北東から南西方向に教室等と特別棟が並んで建てられており、その南西側にグラウンド、南東側に管理棟とテニスコート4面、北西側に視聴覚棟と体育館が建っている。教室棟と特別棟とは1階ではガレリア、2階から4階では両端と、中央の3本の渡り廊下でつながっている。中央の渡り廊下は、ガレリアに出るため、外気に接する。教室棟と管理棟とは2階の渡り廊下で、特別棟と体育館、視聴覚棟とは2階の各2本(内1本はどちらへも行ける)の渡り廊下でつながっている。

ガレリア編集

教室棟と特別棟の間の空間。中庭のようになっており、昼食時や雨天時の部活動、生徒や教職員・来客の行き来に使われている。[要出典]大屋根が付いており、屋根の中央部分がガラスであるため晴天時には日差しが入る。[要出典]しかし屋根はただ被せただけのような形[要出典]であり、下部は外部と完全に仕切られていない。そのため、悪天候時には風や雨が入ってくることがある。[要出典]また冬季には雪が入り、中庭に僅かに積もることもある。[要出典]

床はコンクリートブロックである。また各所に六角形状の木製椅子が複数置かれており、昼食時や生徒同士の待ち合わせ時などに使われている。[要出典]二水祭の時は全校生徒が集まり、常設されているステージも活用されている。[要出典]

教室棟編集

1階は会議室、生徒玄関、図書室、学習室がある。中央には階段がある。2階から4階は普通教室が各階、クラス用が10室ある。(1学年9クラス(360名)時代、余剰の1室は"Pルーム"と題し、生徒の自習室や選択授業実施時の教室として活用されていた。[要出典]

2階は3年、3階は2年、4階は1年が使用している。ベランダは、4組と5組の間はつながっていない。[要出典]また左右両端(1組と10組の横)にトイレが設置されている。階段はないため、両端の渡り廊下にある階段か特別棟の階段を使用する。

教室棟部屋割り
左が北西、右が南東
ベランダ ベランダ
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

特別棟編集

1階から4階まで化学実験室などの特別教室で構成されている。

1階には購買(昼食時にパンやクッキー、おにぎり等が販売される[要出典])、学生食堂「パル」、保健室、家庭科室(調理室)が設置されている。家庭科室には冷蔵庫がないため、調理で使う食材は隣の家庭科準備室に設置されている冷蔵庫を使う。[要出典]2階には進路指導室(実質的な第2職員室[要出典]、主に3年担当)、茶道室、美術室、コンピュータ室(40数台のパソコンがある)などがある。3階には物理室や書道室など、4階には生物実験室や化学実験室などがある。

2階から4階には自動販売機が設置されているが、インフルエンザ対策及び生徒の過剰な糖分の摂取抑制のため[要出典]、2009年の冬季休業中に自動販売機の数を減らし新たに手洗い場を新設した。また特別棟の階段でのみ屋上に上がれる[要出典]が、落下事故防止などのため鍵がかけられており、屋上は解放されていない。[要出典]

管理棟編集

1階が事務室や校長室・用具保管庫など、2階が職員室・コピー室・生徒指導室・生徒会室などで構成されている。

体育館編集

1階はトレーニング場、柔道場、卓球場、剣道場などで、2階に体育館がある。体育館はバスケットボール2面、バレーボール2面、バドミントン8面が用意できる。

視聴覚棟編集

1階外部分は人工芝の雨天練習場や主に屋内の部活動の部室。1階校舎内の部分にある視聴覚室は、固定座席が後方に13列260席ある。集会等で使う時には前方にパイプ椅子を140席出して、前のほうから400席(1学年)使用する。2階には音楽室や、音楽準備室、全校集会や体育、部活動などで使用する講堂がある。3階部分にはランニングロードとなっており、ウエイトトレーニングのマシンも備えられている。

図書室編集

約4万5千冊(2015年2月現在)の本が保管されている。旧制金沢第一高女の本を多数受け継いる。年間200冊程度が新規購入されている。またニュートンなどの雑誌を約10種類取り扱っている。[要出典]インターネットに常時接続可能なコンピュータ(1台)が設置されている。

学習室編集

図書館の隣にある部屋で自主学習のための部屋、朝7時から夕方の19時まで開いている。飲食は原則禁止で机と机の間は目隠しとなる仕切りがされている。私語厳禁のため、グループワークを行うときは食堂が利用されることが多い。[要出典]赤本など受験関連の書物もこちらに一部設置されている。大半の赤本は特別棟にある進路指導室に設置されている。これから過去の受験生による寄贈が大半である。[要出典]

二水ホール編集

合宿などで使用できる2階建ての施設。1階には台所があり、2階にはシャワー室が4人分ある。床は1階が絨毯、2階はになっている。寝具などは常備されていない。同窓会事務局が1階に設置されている。音楽の授業()などで畳があるため利用されることもある。[要出典]

茶道室編集

床が畳になっており、簡易な茶室がある。主に茶道部などが利用している。二水祭(文化祭)ではここで茶道体験を開催しているとなりが進路指導室(実質的な3年生の職員室[要出典])であるため、面談などで利用されることもある。

学校行事編集

陸上記録大会(5月)
金沢市営陸上競技場で行われる。50m走、持久走、ハンドボール投げの記録の測定を行う。また、学年別のクラス対抗制リレーがあり、全校生徒が一丸となって応援する。[要出典]
二水ACT(アクト)(6月)
ACTは、Action(行動)・Cooperation(協力)・Tradition(伝統)の頭文字を取ったもの。金沢市内各地をゴミ拾いをしながら巡る。生徒会主催。毎年PTAの作るめった汁が振舞われる。[要出典]
二水祭(7月)
いわゆる文化祭。かつて[いつ?]は9月前半に行われていた。石川県内で行われる高校の学園祭の中でもたいへん規模が大きく[要出典]、2日間に渡って行われる。各文化部や有志によるパフォーマンスの他、1,2年生はクラスや舞台の発表を、3年生は模擬店を企画する。[要出典]同時に学校の一般開放も行われており、受験希望の生徒や卒業生、保護者、他校生、地域住民などが多数来場する。[要出典]売上金は寄付や学校備品などの購入などに充てられる。[要出典]
修学旅行(9月)
2年生が対象。以前は沖縄、その後山口広島北海道等だったが、2007年度から、中国上海蘇州)への3泊4日となった。事前学習として、2年生の夏休み頃から中国語の学習を行う。[要出典]これは語学の単位にはならないが、総合的な学習としての単位であり、実質的な必須科目[要出典]となっていた。指導は金沢大学の外国語科の中国語選択者や中国人留学生などに依頼していた。[要出典]2009年度はノロウイルスの影響を受け北海道へと一時変更になった。2012年6月18日、中国の修学旅行先で食中毒が発生し、139名が症状を訴えた。[2]2013年以降は台湾となっている。現在では2年生の9月に実施されているが、過去[いつ?]は2年生の6月に実施されていた。変更された理由は修学旅行先が梅雨の時期(北海道を除く)とかぶるため天気が悪いことが多かったため[要出典]であるが、変更後も台風の時期と重なり天候が悪いと指摘されている[誰によって?]
二水LIVE(ライブ)(3月)
タイトルにおける"LIVE"は、Liberty(自由)・Identity(自己)とInternationalism(国際)・Volunteer(奉仕)・Environment(環境)の頭文字を取ったもの。また、そのままLive(生きる)の意味もある。生徒会主催のボランティア活動・体験活動である。部活動単位で参加し、地域の保育園を訪問したり、清掃活動を行う。
オレンジコンサート(3月)
校内で行われる。文化部による活動報告や有志のパフォーマンス、生徒会企画などがある。タイトルにおける「オレンジ」は、二水高校のスクールカラーである。
球技大会(3月)
1.2年のみ、クラス対抗形式で行われる。実施競技はサッカー、バレーボール、ソフトボール、卓球、バスケットボールなどがあり、毎年人気のある競技を行う。

生徒会活動・部活動など編集

体育系では過去には、全国高等学校バドミントン選手権大会を制した事もある。また、馬術やフェンシングなどの競技も盛んである[要出典]。一方、文化系では、NHK全国学校音楽コンクール全日本合唱コンクールで、長年に渡って上位の成績を収めた[要出典]合唱部、全国高校新聞コンクールで長年にわたって優秀賞を受賞し続けている[要出典]新聞部、かつて[いつ?]全国大会や北陸大会の常連でもあり、現在でも多数の部員を擁する[要出典]吹奏楽部のような存在もある。

生徒会編集

構成編集

会長、副会長、書記(2名)、会計、執行委員(前期10名、後期10名)。執行委員は1年生の各ホームから前期、後期各一名ずつ選出される。

活動内容編集

  • 前期は二水ACT、二水祭など
  • 後期はオレンジコンサート、球技大会、二水LIVEなど

運動部編集

2016年6月現在、以下の運動部がある。

  • フェンシング
  • 陸上競技
  • 水泳
  • 柔道
  • 剣道
  • 弓道
  • 野球
  • バドミントン
  • 卓球
  • ソフトテニス
  • 男子テニス
  • 女子テニス
  • 男子バスケットボール
  • 女子バスケットボール
  • 男子バレーボール
  • 女子バレーボール
  • ラグビー
  • サッカー
  • 山岳
  • 馬術

文化部編集

2016年6月現在、以下の文化部がある。

  • 合唱
  • 吹奏楽
  • 美術
  • 文芸
  • 写真
  • 放送
  • 演劇
  • 化学
  • 生物
  • 物理
  • ESS
  • JRC
  • 茶道
  • 新聞
  • 書道

また、以下の同好会がある。

  • 家庭

交通編集

  • 北陸鉄道バス20、21、22、25系統「十一屋」バス停徒歩約7分
  • 北鉄金沢バス81系統「二水高校前」バス停徒歩すぐ
  • 北陸鉄道バス31、81系統「泉野一丁目」バス停徒歩5分
  • 20系統が本数が多く、片町、金沢駅を経由するため利用者が多い。
  • 自転車通学も多く、金沢駅から自転車で来る人もいる。

著名な関係者編集

出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

出典

関連項目編集

外部リンク編集