石川県立金沢錦丘中学校・高等学校

日本の石川県金沢市にある県立中高一貫校

石川県立金沢錦丘中学校・高等学校(いしかわけんりつ かなざわにしきがおか ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、石川県金沢市窪六丁目にある県立中高一貫校

石川県立金沢錦丘中学校・高等学校
Kanazawa Nishikigaoka School.jpg
過去の名称 石川県第二中学校
→石川県立第二中学校
→石川県立金沢第二中学校
国公私立の別 公立学校(県立)
設置者 石川県の旗 石川県
学区 全県一学区
校訓 弘毅篤学
設立年月日 1963年
創立記念日 9月25日(高校)
11月1日(中学校)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 17113B
所在地 921-8151
石川県金沢市窪六丁目218番地

北緯36度31分49.7秒 東経136度38分29秒 / 北緯36.530472度 東経136.64139度 / 36.530472; 136.64139座標: 北緯36度31分49.7秒 東経136度38分29秒 / 北緯36.530472度 東経136.64139度 / 36.530472; 136.64139
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
石川県立金沢錦丘中学校・高等学校の位置(石川県内)
石川県立金沢錦丘中学校・高等学校

高等学校の設置学科編集

概要編集

石川県の県庁所在地金沢市の南部に所在。団塊の世代の高等学校進学に合わせて1963年昭和38年)開校。戦後の学制改革により後継校を失っていた旧制石川県立金沢第二中学校の後継校として設置され、校名は同中の校歌の一節「紫錦陵(にしきがおか・所在した小立野台地の美称)」に由来する。同窓会組織も共通。2004年平成16年)、「石川県立金沢錦丘中学校」を新設し、併設型中高一貫教育を開始した。現在、石川県の公立学校では唯一の中高一貫校。通称『錦(にしき)』。

教育方針編集

高い志を育み、豊かな心と知性、健やかな身体を培い、地域や国家、国際社会の持続可能な発展に貢献できる人材を育成する。

平日7限授業で全学年の土曜補習に加えて、3年生は2003年度(平成15年度)より4月より8限補習を実施。[1]

年表編集

石川県立金沢第二中学校
  • 1899年 - 石川県第二中学校開校
  • 1907年 - 校名を石川県立金沢第二中学校に改称
  • 1949年 - 学制改革により石川県立金沢第二中学校は後継校がなく廃校になる
石川県立金沢錦丘高等学校
  • 1963年 - 金沢第二中学校の後継校として、普通科と家政科を開設し開校
  • 1964年 - 現校地に校舎移転
  • 1966年 - 家政科を募集停止
  • 1999年 - 石川県立金沢第二中学校・金沢錦丘高等学校創立100周年記念式典を催行
  • 2000年 - 水泳プールを解体
  • 2002年 - 2学期制に移行
  • 2003年 - 新体育館を及び中学校棟竣工
  • 2004年 - 石川県立金沢錦丘中学校併設
  • 2005年 - 新校舎建設
  • 2008年 - 高校棟新校舎竣工
  • 2014年 - 3学期制を復活[2]

学校行事編集

修学旅行(7月)3泊4日。北海道。2年生対象。

紫錦祭(9月)2日間。

生徒会活動・部活動など編集

生徒会
運動部
文化部


交通編集

主な出身者編集

軍人(旧制金沢二中出身)編集

学校周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集


この項目は、ウィキプロジェクト/学校の「高等学校テンプレート」を使用しています。