メインメニューを開く

石川県輪島漆芸美術館(いしかわけん わじま しつげい びじゅつかん)は、石川県輪島市にある世界で唯一の漆芸専門美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 石川県輪島漆芸美術館
Wajima Museum of Urushi Art
石川県輪島漆芸美術館外観.jpg
施設情報
正式名称 石川県輪島漆芸美術館
専門分野 漆芸
館長 四柳嘉章(歴史学博士)
管理運営 公益財団法人輪島漆芸美術館
開館 午前9時
閉館 午後5時(入館は午後4時30分まで)
所在地 928-0063
石川県輪島市水守町(みともりまち)四十苅(しじゅうがり)11番地
位置 北緯37度23分23.5秒
東経136度53分31.5秒
アクセス のと里山空港から車で約20分 道の駅「輪島ふらっと訪夢」(旧輪島駅)から車で約5分
外部リンク https://www.city.wajima.ishikawa.jp/art/
プロジェクト:GLAM

概要編集

石川県輪島漆芸美術館は常時全室で漆芸品を展示している、世界で唯一の漆芸専門美術館である。世界に誇る優れた漆文化の発信拠点として、1991年平成3年)に開館した。

建物の外観は正倉院校倉造をイメージした特徴的なデザインで、吹き抜けの広々とした館内ではそこかしこにを用いている。そして漆器の製作工程や漆芸作家の作品世界を紹介するビデオを鑑賞したり、充実した漆芸・美術関連図書を自由に閲覧することができる。

展示では四季おりおりの展覧会のほか、日本を代表する漆器として知られる「輪島塗の歴史と文化」を常設展示している。

また「沈金スプーン色付体験」「沈金箸色付体験」「蒔絵ストラップ体験」の体験メニューも用意している(事前予約必要)。

石川県輪島漆芸美術館公式マスコットキャラクター「わんじま」が各種イベントに参加したり、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムを用い情報発信に努めている。

2019年5月18日(土)から7月8日(月)まで、全国の大学・大学院で漆工芸を学び、今春卒業、修了した若者たちの作品を紹介する「漆芸の未来を拓くー生新の時2019-」を開催している。

外部リンク編集