メインメニューを開く

石川県道161号大杉長谷線

日本の石川県の道路

石川県道161号大杉長谷線(いしかわけんどう161ごう おおすぎながたにせん)は、石川県小松市内を通る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
石川県道161号標識
石川県道161号 大杉長谷線
路線延長 10.933 km
制定年 1982年昭和57年)
起点 桜橋東詰
石川県小松市大杉町)
終点 長谷町交差点
(小松市長谷町)
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0416.svg国道416号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

起点は、赤瀬ダム湖南端の桜橋東詰である。赤瀬ダム前を経て大杉谷川に沿って北上している。石川県立小松瀬領特別支援学校前を経て、終点に至る。

瀬領町地内は狭隘であり、上り江大橋から長谷町まで並走する農道(小松市道)がバイパスとしての機能を有している。

路線データ編集

歴史編集

  • 1935年(昭和10年)11月18日:能美郡大杉谷村(現在の小松市南部)の瀬領大橋および赤瀬大橋がそれぞれ竣工[1]
  • 1960年昭和35年)10月15日道路法(昭和27年法律第180号)第7条の規定に基づき、小松市丸山町(牛ヶ首峠)から同市長谷町(現在の当県道の終点)までの区間を丸山長谷線(整理番号63)として路線認定[2]
  • 1982年(昭和57年)
    • 4月1日:道路法(昭和27年法律第180号)第56条の規定に基づき、丸山長谷線の一部を「丸山加賀線」として主要地方道に指定[3]
    • 10月5日:丸山長谷線を路線廃止[4]。丸山長谷線のうち、小松市丸山町(牛ヶ首峠)から同市大杉町(現在の起点)までの区間を主要地方道である石川県道43号丸山加賀線として新たに路線認定[5]。同日、残りの区間を現在の路線名で新たに路線認定[5]

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

バス路線編集

  • 小松バス(大杉線:桜橋東詰:起点 - 赤瀬温泉 - 江指 - 長谷町交差点:終点

脚注編集

  1. ^ 『石川縣年表 昭和篇 壹』p387 石川県史編集室、1957年
  2. ^ 『昭和35年10月15日 石川県公報 第67号(号外)』p1218の25 昭和35年10月15日 石川県告示第505号。
  3. ^ 『法令全書 昭和57年4月号』p371 昭和57年4月1日 建設省告示第九百三十五号。
  4. ^ 『昭和57年10月5日 石川県公報 第9463号』p10 昭和57年10月5日 石川県告示第623号。
  5. ^ a b 『昭和57年10月5日 石川県公報 第9463号』p10 昭和57年10月5日 石川県告示第622号。

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年

関連項目編集