メインメニューを開く

石川 総朗(いしかわ ふさあきら)は、江戸時代中期の旗本。総氏系石川家(保久石川家)3代。

 
石川総朗
時代 江戸時代中期
生誕 元禄5年(1692年
死没 享保17年閏5月2日1732年6月23日
別名 牛三郎、大膳、監物
戒名 大善院殿弘善日良
墓所 東京都北区田端の大久寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 家宣家継吉宗
氏族 石川氏(本姓:清和源氏
父母 父:石川総昌、母:石川義當の娘
兄弟 安千代、千蔵、阿くま(近藤用相室)、大久保総比大久保忠明養子)、総朗
正室:松平忠明の娘
牛之助、仁之助、亀之助
養子:総共

生涯編集

元禄5年(1692年)総昌の四男として誕生し、兄早世により嗣子となる。母は大嶋石川家の石川義當の娘。宝永6年6月12日(1708年7月29日)将軍徳川家宣に拝謁し、父の致仕を受け享保8年7月23日(1723年8月23日)家督を継ぐ。

生来病弱で享保17年閏5月2日(1732年6月23日)築地萬年橋の屋敷にて死去した。その跡は、兄弟である大久保総比の次男で養子の総共が継いだ。

参考文献編集

関連項目編集