メインメニューを開く

石川 英輔(いしかわ えいすけ、1933年9月30日 - )は、日本の作家SF作家、江戸文化研究者、写真・印刷技術研究者。

目次

略歴編集

京都府京都市出身[1]東京都立石神井高等学校卒業。国際基督教大学東京都立大学理学部中退。

1961年にミカ製版を設立して社長となる一方、西遊記のSFパロディ「SF西遊記」を、SF同人誌『宇宙塵』に連載し、作家デビュー。一連の中国古典小説のSFパロディ・シリーズを手がける。

また、1979年の『大江戸神仙伝』で、現代人がタイムスリップする「時代劇の江戸とは異なる、リアルな江戸社会」を描写し、シリーズ化される。同作は1985年にテレビドラマ化され、「主人公以外は、皆、背が低い人物」をキャスティングするなど、「リアルな江戸」を再現した。

1985年以降は専業作家となるが、「大江戸」シリーズの小説の執筆の他に、江戸時代の生活事情を研究した「大江戸○○事情」等のノンフィクションも刊行するようになる。「江戸時代は、リサイクルが発達した、理想的なエコロジー社会であった」と主張している。この時期、ソヴィエトや東欧の崩壊が重なったこともあり、エッセイ中で社会主義批判を繰り返すことが多いが、右派思想というよりは、統制的な全体主義や進歩至上主義、教条主義などを嫌悪する考え方の延長線上にあり、江戸時代は天保の改革などの一時期を除けば権力による統制も緩やかであったという立場を取っている。

また、元来の本業であった、写真、印刷関係の著書もある。NHK教育テレビの番組「やってみようなんでも実験」には、ドクターサイエンスとして出演して、科学解説をおこなった。

2004年3月にNHKのバラエティ番組「コメディーお江戸でござる」の解説を、江戸風俗研究家の杉浦日向子より引き継ぎ、最後の2回を務めるとともに、同年4月から、この番組をリニューアルした「コメディー道中でござる」でも引き続き解説を担当している。 しかし杉浦の噛み砕いた解説と比べ、石川の解説は学術的な解説だったため、視聴者からは「判りにくい」との声も寄せられたという。

日本SF作家クラブ会員だったが、2013年、他のベテラン作家とともに名誉会員に。

著書編集

SFパロディ・シリーズ編集

怪傑G・ライヤー・シリーズ編集

  • 怪傑G・ライヤー登場
  • 快傑G・ライヤーの決戦

ポンコツ・シリーズ編集

  • ポンコツタイムマシン騒動記
  • ポンコツロボット太平記
  • ポンコツUFO同乗記

株式会社シリーズ編集

  • 亜空間不動産株式会社
  • 天国製造株式会社
  • 人造人間株式会社

SF小説・非シリーズ編集

  • パラミータの炎
  • ソレマンの空間艇
  • オーロラの幻影
  • プロジェクト・ゼロ

大江戸神仙伝シリーズ編集

  • 大江戸神仙伝
  • 大江戸仙境録
  • 大江戸遊仙記
  • 大江戸仙界紀
  • いな吉江戸暦(文庫化時に『大江戸仙女暦』と改題)
  • 大江戸仙花暦
  • 大江戸妖美伝

江戸小説・非シリーズ編集

  • 如意幻術師
  • 2050年は江戸時代

江戸研究本編集

  • 江戸空間 100万都市の原景
  • 大江戸えねるぎー事情
  • 大江戸テクノロジー事情
  • 大江戸生活事情
  • 泉光院江戸旅日記 山伏が見た江戸期庶民のくらし(文庫化時に『大江戸泉光院旅日記』と改題)
  • 大江戸リサイクル事情
  • 大江戸ボランティア事情(田中優子との共著)
  • 雑学「大江戸庶民事情」
  • 大江戸生活体験事情(田中優子との共著)
  • 大江戸えころじ-事情
  • 大江戸番付づくし 江戸の暮らしとホンネ
  • 江戸のまかない 大江戸庶民事情(文庫化にあたり、『大江戸庶民いろいろ事情』と改題)
  • 大江戸開府四百年事情
  • ニッポンのサイズ 身体ではかる尺貫法
  • 大江戸八百八町知れば知るほど
  • 江戸と現代 0と10万キロカロリーの世界
  • 解いて楽しい!! 大江戸ドリル
  • ニッポンの旅 江戸達人と歩く東海道

その他ノンフィクション編集

  • 印刷のためのカラー写真
  • クリエーターのためのカラー印刷ゼミナール
  • 総天然色への一世紀
  • 数学は嫌いです! 苦手な人のためのお気楽数学

映像化作品編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.442