メインメニューを開く

石川 貞通(いしかわ さだみち)は、安土桃山時代武将大名家清とも。

 
石川貞通
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 生年不詳
死没 没年不詳
別名 家清、通称:小七郎、備後守
官位 従五位下備後
主君 豊臣秀吉秀頼南部利直
氏族 越後石川氏
あり

略歴編集

由緒によると越後上杉氏の家臣であった石川氏で[1]沼垂郡石川邑より起こった一族[2]の末裔を称す。このため名前が似ている石川備前守貞清らとは血縁になく、全く無関係であるという[1]

前歴は明らかではないが、天正年間の中国戦役の頃に羽柴秀吉に仕え、各地を歴戦。

天正12年(1584年)の小牧の役に従軍。同17年(1589年)、毛利高政と共に山城の検地奉行を務めて、その功で山城内で100石加増された[1]。同18年(1590年)、小田原の陣では田中和泉守と下野小山城に駐屯した。同19年(1591年)、丹波国天田郡伊東村・前田村・今村で併せて2,021石加増される。

文禄元年(1592年)、文禄の役肥前名護屋城に駐屯。同3年(1594年)、伏見城普請を分担。慶長3年(1598年)の秀吉の死で遺物として守光の刀を受領した。

慶長4か5年(1599年1600年)頃に、山城国および丹波天田郡において1万2,000石を領した。同5年の関ヶ原の戦いでは、西軍に与し、7月に大坂口を守備、その後小野木重勝の指揮下で丹波国田辺城攻めに従軍した。このため戦後に改易となり、翌年9月に盛岡藩南部利直に預けられ、子孫は南部家の家臣となり、藩士として存続した。没年不詳。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 高柳 & 松平 1981, p.31
  2. ^ 太田亮 国立国会図書館デジタルコレクション 『姓氏家系大辞典』第1巻 姓氏家系大辞典刊行会、1936年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130845/237 国立国会図書館デジタルコレクション 

参考文献編集

  • 高柳光寿; 松平年一 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、1981年、31頁。