メインメニューを開く

石川 長津(いしかわ の ながつ)は、平安時代初期の貴族。名は永津とも記される。中納言石川豊成の孫。武蔵守石川河主の子。官位正五位下木工頭

 
石川長津
時代 平安時代初期
生誕 延暦4年(785年
死没 斉衡元年12月3日854年12月26日
別名 永津
官位 正五位下木工頭
主君 嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇文徳天皇
氏族 蘇我氏石川氏
父母 父:石川河主
テンプレートを表示

目次

経歴編集

弘仁10年(819年内舎人に任ぜられたのち、嵯峨朝では右京大進修理大進民部大丞皇太后宮少進を歴任する。弘仁14年(823年淳和天皇の即位に伴い、従五位下大和介に叙任される。天長8年(831年木工助を経て、天長9年(832年)従五位上に叙せられる。

仁明朝承和10年(843年加賀介として地方官に転じ、嘉祥2年(849年)正五位下に昇叙される。文徳朝の仁寿2年(852年)木工頭。斉衡元年(854年)12月3日卒去。享年70。最終官位は木工頭正五位下。

人物編集

工芸の技術に優れ、精勤を宗とした。木工寮の官職を頻繁に務めたが、木工寮内にて公務を務めている間に頓死した。父・河主から受け継いだ数千巻の文書を一棟の建物に所蔵していたが、長津の没後に文書は散逸し行方知れずになってしまったという[1]

官歴編集

『六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 日本文徳天皇実録』斉衡元年12月3日条

参考文献編集