メインメニューを開く

石巻新庄道路(いしのまきしんじょうどうろ)は、宮城県石巻市を起点にして山形県新庄市に至る、延長約120キロメートル (km) の地域高規格道路国道108号国道47号)の路線名である。石巻市と酒田市を結ぶ「みちのくウエストライン」構想の一部であり[1]、新庄市にて新庄酒田道路に接続する。1998年平成10年)6月16日、候補路線に指定。宮城県大崎市に開通している鳴子バイパスが将来石巻新庄道路の一部となることになっている。

2016年平成28年)4月1日、当区間のうち石巻市内の石巻河南道路約10 kmの調査に着手すると発表があった[2][3]

脚注編集

  1. ^ “石巻・酒田間道路整備 「石巻河南道路」調査に着手”. 石巻かほく メディア猫の目. (2016年4月3日). http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/04/20160403t13004.htm 2018年8月16日閲覧。 
  2. ^ 平成28年度 東北地方整備局の事業概要東北地方整備局 2016年4月1日
  3. ^ <石巻―酒田道路>事業化へ国調査着手”. 河北新報. 2016年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月2日閲覧。

関連項目編集