メインメニューを開く

石巻線

日本の宮城県遠田郡美里町から宮城県牡鹿郡女川町を結ぶ東日本旅客鉄道の鉄道路線

石巻線(いしのまきせん)は、宮城県遠田郡美里町にある小牛田駅から宮城県牡鹿郡女川町にある女川駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線地方交通線)である。

JR logo (east).svg 石巻線
キハ110形による石巻線の列車(佳景山駅 - 鹿又駅間)
キハ110形による石巻線の列車(佳景山駅 - 鹿又駅間)
基本情報
通称 仙石東北ライン石巻駅 - 女川駅間)
日本の旗 日本
所在地 宮城県
起点 小牛田駅
終点 女川駅
駅数 14駅
電報略号 イシセ[1]
開業 1912年10月28日
所有者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
運営者 東日本旅客鉄道(全線)
日本貨物鉄道(小牛田 - 石巻間)
使用車両 使用車両を参照
路線諸元
路線距離 44.7 km
軌間 1,067 mm
線路数 単線
電化方式 全線非電化
最高速度 85 km/h
路線図
石巻線.png
テンプレートを表示

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)で全線不通となったが、順次運転を再開し2015年3月21日に全線が復旧した。

ラインカラーはピンク()で、全線をJR東日本仙台支社が管轄している。IC乗車カードSuica」は利用エリア外であるが、小牛田駅石巻駅を利用する場合に限り、Suicaを使用することができる特例が認められている[2]

目次

歴史編集

1892年(明治25年)、国が建設すべき鉄道路線を定めた鉄道敷設法が発布され、その中の奥羽線の部において「宮城県下仙台ヨリ山形県下天童若ハ宮城県下石ノ巻ヨリ小牛田ヲ経テ山形県下舟形町ニ至ル鉄道」が規定された。これは、現在の仙山線、石巻線、陸羽東線に当たる路線であるが、この時はいずれの区間も着工には至らなかった。このような状況の中、1894年(明治27年)に前谷地村の斎藤善右衛門ら216人が発起し、逓信大臣宛に「石巻鉄道株式会社及鉄道敷設申請書」を提出した。この石巻鉄道は、石巻を起点に、小牛田古川岩出山を経由して、玉造郡温泉村鳴子)鍛冶谷沢まで鉄道の敷設を企図したものだった。当時、小牛田には現在の東北本線に当たる日本鉄道の小牛田駅が設置されていて、これとの連絡も考慮していた[3]。この鉄道計画に対して1896年(明治29年)に仮免許が交付され、1897年(明治30年)に正式な敷設許可が出された。石巻、鹿又、和渕、涌谷、小牛田、古川、岩出山、下宮、鍛冶谷沢の9駅を、日本鉄道と同じ軌間1067ミリメートルの線路で結び、貨車、客車あわせて73両をもって運輸に当たる計画だった。しかし、日清戦争後の不況の影響で株金の払い込みが少なく、石巻鉄道は倒産した[4]

1909年(明治42年)になると、石巻と小牛田を軽便鉄道で結ぶ計画が持ち上がるが、これも実現はしなかった[5]。1910年(明治43年)に鉄道敷設法が改正され、陸羽東線と陸羽西線の着工が決定されたが、石巻方面への鉄道敷設はこの時も将来的な計画路線として据え置かれた。計画上の沿線町村は政府に対して陳情を盛んに行ったが、当時の逓信大臣だった後藤新平は、北上川改修の審議があり鉄道敷設の見込みは当面ないとして、私設鉄道を勧めたという。こうした中で、1911年(明治44年)に実業家で当時貴族院議員だった荒井泰治が有志の働きかけに応える形で中心となり、仙北軽便鉄道株式会社が設立された。この鉄道会社は石巻と小牛田の間のみならず、築館から石越を経由して登米に至る、合わせて二つの路線を計画していた[6]。この鉄道の敷設に対して、石巻町は線路および駅敷地を仙北軽便鉄道に寄付し、沿線の牡鹿郡桃生郡遠田郡からも、開業後に利益がでたり建設を中止したら還付するなどの条件付で、寄付金が寄せられた。石巻と小牛田の間の路線は、予算を大幅に超過する53万7717円をもって1912年(大正元年)に完成した。一方で資金不足のために築館と登米を結ぶ路線は着工されなかった[7]

開業時に設置された駅は、小牛田と石巻のほか、涌谷、前谷地、佳景山、鹿又である。車両の動力は蒸気機関で軌間は2フィート6インチの路線だった。石巻から小牛田の運賃は並等で30銭、または44銭とも伝わっている。1918年(大正7年)の時点で、仙北軽便鉄道は機関車4両、客車12両、貨車31両を保有していた。運行日数は1年のうち200日前後で、多くても300日にはならなかったという。鉄道事業として利益は上げていたものの、物価の上昇が会社の負担になった[8]。開業後しばらくすると、軽便鉄道であるがゆえに、列車の速度が遅い事、貨物の積載量が少ない事、小牛田駅で東北本線と貨物の積み替えが必要な事が問題視されるようになり、1916年(大正5年)から石巻町が政府に対して国有化に向けた働きかけを行った。1919年(大正8年)に仙北軽便鉄道は国有化され、仙北軽便線と名を変えた[9]。この後、仙北軽便線は軌間を1067ミリメートルに広げる工事を経て石巻線となる。

石巻線は石巻から女川まで延伸されることになるが、それ以前にこの地域には牡鹿軌道と金華山軌道という二つの鉄道会社が存在した。牡鹿軌道は北上川東岸の石巻湊と渡波を結ぶ馬車鉄道として1915年(大正4年)に開業したが経営状態が悪く、1924年(大正13年)に新会社の金華山軌道が牡鹿軌道を吸収してこれの資産や営業権を引き継いだ。1926年(大正15年)に金華山軌道は渡波から女川まで路線を延伸し、石巻と女川を結ぶ路線となった[10]。一方、1922年(大正11年)の鉄道敷設法で「宮城県松島ヨリ石巻ヲ経テ女川ニ至ル鉄道」が規定され、これに伴って石巻町や女川町は連携して石巻線の女川延伸の早期着工を政府に働きかけた。松島と石巻の間は宮城電気鉄道が敷設される予定だった事からこの区間の着工は見送られ、石巻から女川までの部分が着工された。路線延伸工事は1936年(昭和11年)に始まって1939年(昭和14年)に完成した。これに合わせて金華山軌道は廃止された。女川への延伸にあたって、石巻から渡波の間を、内陸の稲井を経由するか、金華山軌道と同じように海沿いを通すかで問題になった。結局、鉄道大臣らが現地視察した結果、稲井を経由することになり、こうして小牛田から女川に至る現在の石巻線のルートが出来上がった[11][12]

1953年(昭和28年)、まばらだった石巻線の運輸形態を改善するために、8両のキハ45000形(キハ17形)気動車が投入された。同年12月15日に小牛田駅で祝賀が行われ、翌16日からこの新型車両は走り始めた。1954年(昭和29年)に8両がさらに増備され、石巻線の定期旅客列車は全て気動車で運行されることになった[13]

東日本大震災以後編集

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では、地震津波の被害を受け、全線にわたり不通となった。同年5月19日までに小牛田駅 - 石巻駅間、2012年3月17日には石巻駅 - 渡波駅間、2013年3月16日[14]には渡波駅 - 浦宿駅間が復旧した。残る浦宿駅 - 女川駅間は軌道の損傷や女川駅の駅舎消失により長期不通となり、同区間にてバス代行輸送が行われていたが[15]、2015年3月21日に復旧した[16][17]

JR東日本は被災した路線について「線路の位置変更も考えていくことになる」との考えで、現在の線路よりも内陸部への移設も視野に入れているため復旧には時間がかかることを明らかにし[18]、特に被害が大きかった女川駅を内陸側に移設することが検討された[19]

2012年3月5日には、被害の大きかった女川駅をのぞく渡波駅 - 浦宿駅間を2013年度初頭を目処に復旧させるとJR東日本から発表され[20]、同年12月21日には翌年3月16日に予定されるJRグループダイヤ改正に合わせて同区間を復旧させることが正式に発表された[14]

2013年1月24日のJR東日本仙台支社長定例記者会見では、浦宿駅 - 女川駅間の復旧時期は明言を避け、女川町が要望する2015年度の復旧について「技術的に可能かどうか、町側と検討する」としていた[21]。そして2月1日に女川駅を150m内陸側に移設し、かさ上げした上で浦宿駅 - 女川駅間(距離は2.5kmから2.3kmに短縮)を復旧させることで女川町とJR東日本との間で覚書を締結した[22]

東日本大震災では仙石線も高城町駅 - 矢本駅間が長期運休となり、2011年12月から石巻線および東北本線経由で石巻 - 仙台間直通の臨時快速が設定された[23]。当初は仙台行の片道のみだったが、2012年1月からは石巻行も設定されている[24]。この臨時快速は同年3月17日のダイヤ改正で「直通快速」として定期化された[25](「#運行形態」節も参照)。2015年5月30日の仙石線全線運転再開に伴い、同年5月29日限りで運転を終了した[26]

また、宮城県石巻市女川町より、仙台と石巻を結ぶ新しい運行系統仙石東北ラインの女川駅までの延伸が要望され[27][28]、実現に向けて、宮城県は協力する姿勢を示した[29]。2016年6月29日、一部列車を女川まで延長運転することが発表され[30]、同年8月6日から運行を開始した[31]

過去の仙石線直通運転構想編集

仙石線直通運転については、1992年(平成4年)に、通商産業省(現 経済産業省)資源エネルギー庁の委託で、東北産業活性化センター(現 東北活性化研究センター)の 電源地域振興指導事業(南三陸地域振興計画策定事業)として、当線の石巻駅 - 女川駅間の直流電化による仙石線の女川駅乗り入れの調査がなされたことがあった[32][33]。 具体的な計画は以下の通りであった。

  • 仙台駅 - 石巻駅間は快速列車として所要時間50分(平成4年当時)、女川駅 - 石巻駅間は所要時間27分(平成4年当時)から直流電化により所要時間を5分短縮した22分とすることで、仙石線と石巻線の乗り継ぎ時間が無くなることと合わせて、仙台駅 - 女川駅間を1時間10分程度の所要時間で結ぶことを想定。
  • 石巻駅で当線の列車系統を完全分断し、当線の小牛田駅 - 女川駅間全線を走る列車を、仙石線経由の仙台駅 - 女川駅間と小牛田駅 - 石巻駅間の列車に変更する。
  • 運転本数は、調査時に石巻駅 - 女川駅間を走っていた13往復を想定し、4両編成で運行する。
  • 夏季のハイシーズンに合わせて、専用特急(シーガルエキスプレス)の導入や、快速列車運行時に指定席車両を増設することで観光列車の雰囲気を醸成する。

当線の電化による直通運転は実現しなかったものの、仙台駅 - 石巻駅間の所要時間の短縮と仙台駅 - 女川駅間の直通運転については、仙石東北ラインの整備により、当線非電化のままで実現している。

年表編集

  • 1911年(明治44年)8月23日:仙北軽便鉄道(発起人荒井泰治)に対し鉄道鉄道免許状下付(小牛田 - 石巻間、登米 - 築館間)[34]
  • 1912年(大正元年)10月28日仙北軽便鉄道 小牛田駅 - 石巻駅 (17.4M=27.9km) 間が開業(軌間762mm)。涌谷、前谷地、佳景山、鹿又、石巻の各駅を設置[35]
  • 1914年(大正3年)6月2日 鉄道免許取消(登米 - 築館間)[36]
  • 1919年(大正8年)4月1日:小牛田駅 - 石巻駅間を買収し国有化。線路名称を仙北軽便線とする[37]
  • 1920年(大正9年)5月23日:小牛田駅 - 石巻駅間の軌間を762mmから1067mmに変更[38]
  • 1921年(大正10年)1月1日石巻軽便線に改称[39]
  • 1922年(大正11年)9月2日石巻線に改称[40]
  • 1934年(昭和9年)5月15日:小牛田駅 - 石巻駅間でガソリンカー運転開始[41]
  • 1939年(昭和14年)10月7日:石巻駅 - 女川駅 (17.0km)間が開業。陸前稲井、渡波、沢田、女川の各駅を設置。
  • 1953年(昭和28年):ディーゼルカーが運行開始。
  • 1956年(昭和31年)
    • 2月12日:沢田駅 - 女川駅間に浦宿駅が開業。
    • 4月5日:鹿又駅 - 石巻駅間に曽波神駅が開業。
    • 8月1日:小牛田駅 - 涌谷駅間に上涌谷駅が開業。
  • 1958年(昭和33年)8月11日:女川駅 - 女川港駅 (1.4km)間の貨物線が開業。(貨)女川港駅を設置。
  • 1974年(昭和49年)3月24日蒸気機関車C11形)の運行終了、翌日から無煙化。以後、貨物列車や臨時客車列車等はDE10形ディーゼル機関車牽引に代わる。
  • 1977年(昭和52年)
    • 10月1日:小牛田駅 - 前谷地駅間単線自動閉塞化。
    • 12月11日:陸羽線の部から東北線の部に変更。
  • 1980年(昭和55年)8月1日:女川駅 - 女川港駅 (1.4km)間が廃止。渡波駅 - 女川駅間の貨物営業が廃止。(貨)女川港駅廃止。
  • 1984年(昭和59年)1月15日:石巻駅 - 渡波駅間の貨物営業が廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)に移管。
  • 1989年(平成元年)4月26日:渡波駅 - 沢田駅間に万石浦駅が開業。
  • 2001年(平成13年)10月14日:天皇・皇后の宮城国体臨席に伴い、1号御料車編成によるお召し列車を仙台駅から東北本線・石巻線経由で気仙沼線 柳津駅へ運転(片道のみ)。DD51 842牽引(予備機:DD51 888)[42]
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)
    • 1月10日:平日夜に仙台駅から石巻行直通快速が運行開始[24]
    • 3月17日:石巻駅 - 渡波駅間が運転再開。代行バス区間を渡波 - 女川間に変更[43]。仙台駅 - 石巻駅間の直通快速が毎日運行開始[25]
    • 10月9日:貨物列車が運行再開。
  • 2013年(平成25年)3月16日:渡波駅 - 浦宿駅間が運転再開。代行バス区間を浦宿 - 女川間に変更[44]
  • 2014年(平成26年)4月1日:全線が新設の仙台近郊区間となる。
  • 2015年(平成27年)
    • 3月14日:運転再開に先立ち、浦宿駅 - 女川駅を改キロ (-0.2 km)[45]。なお再開の知らせをお聞きになり嬉しく思った皇后陛下をお詠みになっている。[46]
    • 3月21日:浦宿駅 - 女川駅間が運転再開[16][17]
    • 5月29日:仙台駅 - 石巻駅間の直通快速とキハ40・48使用の列車がこの日を最後に運行終了[26]
  • 2016年(平成28年)

運行形態編集

停車場・施設・接続路線
 
陸羽東線[* 1]
   
0.0 小牛田駅 東北本線
 
3.5 上涌谷駅
 
6.2 涌谷駅
 
12.8 前谷地駅
 
気仙沼線
 
17.1 佳景山駅
 
21.2 鹿又駅
 
23.7 曽波神駅
 
仙石線
 
27.9 石巻駅
 
旧北上川
 
30.9 陸前稲井駅
 
大和田トンネル
   
金華山軌道
   
35.9 渡波駅
   
37.0 万石浦駅
   
38.3 沢田駅
   
   
42.4 浦宿駅
   
女川トンネル
 
44.7 女川駅 (2)
 
44.9
0.0
女川駅 (1) -2015
 
1.4 女川港駅 1958-1980

  1. ^ 愛称:奥の細道 湯けむりライン

旅客列車は小牛田駅 - 石巻駅・女川駅間の運転が基本で、前谷地駅発着や前谷地駅経由の気仙沼線柳津駅発着、小牛田駅経由の陸羽東線古川駅着の列車も設定されている。ただし石巻駅を挟んで運転される列車の中には同駅で30分以上の長時間停車を行ったのち発車する列車もあり、全体の所要時間はばらつきが大きい。一部列車を除いてワンマン運転を実施している。2016年8月6日からは、仙台駅 - 石巻駅間を東北本線仙石線経由で結ぶ「仙石東北ライン」のうち上り始発列車と下り最終列車が当路線の石巻駅 - 女川駅間に乗り入れ、仙台駅 - 女川駅間を直通運転している[30][31]。当路線内では仙石東北ライン直通列車も含めすべての旅客列車が各駅に停車する。

震災前は、仙台駅から当路線の小牛田駅 - 前谷地駅間を経由して気仙沼線に直通する快速南三陸」も運転されていた(当路線内は上涌谷駅を通過)。また2001年頃まで小牛田駅 - 前谷地駅間で石巻線の列車と気仙沼線の列車を併結する運用も見られた[47]

直通快速編集

震災後は2015年5月29日まで仙石線の一部区間が不通となっており、2011年12月1日から東北本線小牛田駅経由で朝に石巻発仙台行き、2012年1月10日から夜に仙台発石巻行きの直通快速がそれぞれ1本運行されていた。いずれも途中無停車[48]で、仙石線経由の定期券や乗車券が利用でき、仙台駅直通のため仙石線代替バス乗り継ぎよりも所要時間が30分程度短縮された[23][24]。当初は臨時快速として平日のみの運転だったが、2012年3月17日のダイヤ改正で毎日運転の「直通快速」となった[25]。2015年5月30日の仙石線全線運転再開および「仙石東北ライン」運行開始に伴い、前日の29日限りで運転を終了した[26]

2012年5月7日からは、概ね平日の年末年始等を除いた指定日に限り、朝の仙台発石巻行きと夜の石巻発仙台行きの小牛田駅経由の臨時直通快速も1本ずつ運転開始された[49](平日は既設の定期直通快速と合わせて1日2往復運転となった)。シーズンごとに運転が継続され、2015年5月29日まで運転された[50][51][52][53][54][55][56][57][58][59][60][26]。使用車両は2012年5月7日から2013年3月15日までがキハ40系2両編成で、2013年3月18日から2015年5月29日まではキハ110系2両編成だった。

貨物列車編集

貨物列車は定期列車が月曜日6往復、火 - 金曜日8往復、土曜日7往復、休日6往復、他に臨時列車が2往復設定されている。ダイヤ上は石巻港駅小牛田駅仙台貨物ターミナル駅を結ぶ列車であるが、継走先は岩沼駅北王子駅(2014年3月14日まで)・新座貨物ターミナル駅宛てである。すべてコンテナで、財源(積荷)はがほとんどである。震災以後は運休していたが、2012年10月9日より運行を再開した。

 
貨物列車(2014年11月 涌谷駅 - 前谷地駅間)

使用車両編集

以下の小牛田運輸区所属の気動車で運行されている。

過去の車両編集

キハ28・キハ58形気動車は快速「南三陸」のキハ110系への置き換えに伴い、2007年6月末で定期運用から撤退した。なお、撤退前は快速「南三陸」関連以外に石巻線内普通列車(非ワンマン運用)にも比較的多く充当されていた。

キハ40・48形気動車は石巻線運用のキハ110系への置き換えに伴い、2015年5月29日で定期運用から撤退した[26]。2013年3月23日から2015年5月31日までの土曜・休日に一部の定期普通列車が、キハ48形に石ノ森章太郎作品のキャラクターのラッピングを施した「石巻線マンガッタンライナー」で運行されていた[61][62]

このほか、小牛田運輸区に在籍するジョイフルトレインこがね」が、臨時列車「こがねふかひれ号」として運転されていたが、車両の老朽化により2010年12月26日限りで運転を終了した。

沿線概況編集

石巻線は仙台平野の中北部を横断し、牡鹿半島の基部を抜けて太平洋に至る鉄道路線である。路線の起点の小牛田から途中の石巻までの沿線はおおむね田園風景が広がり、石巻から終点の女川までは北上山地の山々と水辺の風景が石巻線列車の車窓に広がる[63]

石巻線の起点の小牛田は東北本線や陸羽東線が交わる鉄道の十字路であり、東北新幹線が開業する以前は東北地方を縦断する特急列車や急行列車が停車する駅だった[64]。小牛田には産神として信仰を集める山神社があり、これにあやかった山の神まんじゅうが駅で販売されて名物となった[65]。小牛田を発した路線は東に進路をとり、上涌谷、涌谷と駅を辿る。涌谷は中世から続く城下町である。涌谷駅の北方に涌谷城の城跡があり、ここが公園として整備されている[66]。この他に著名な名所としては黄金山神社がある[67]

涌谷からはしばらく江合川に沿うように線路は進み、トンネルを一つくぐると気仙沼線が分岐する前谷地である。前谷地から次の佳景山までは沿線に水田が広がる。線路の南部には、かつて江戸時代に灌漑のために作られた広淵沼があって、石巻線の前身に当たる仙北軽便鉄道が敷設された当時にもこの大きな沼は存在したが、大正末期から昭和始めにかけて干拓されて現在に至る水田地帯となった[68]

佳景山から鹿又、曽波神の間は旧北上川に沿うように線路が延び、沿線に建物が多く見られるようになると、まもなく仙石線と繋がる石巻に達する。石巻は中世期には戦国大名の葛西氏の領土であり、江戸時代には仙台藩の港町として栄えた。石巻市街地の南部に見晴らしのよい日和山があり、江戸時代には松尾芭蕉もここを訪れた[69]。また、石巻はマンガを観光産業に位置づけていて、旧北上川に浮かぶ中瀬石ノ森萬画館がある。また猫が多い島として知られる田代島網地島への離島航路の発着地でもある。

石巻から旧北上川を橋梁で越えて東へ進むと陸前稲井に至る。ここは碑石や橋材として知られる井内石の産地である[70]。陸前稲井から南へ向かってトンネルをくぐると漁港を有する町、渡波である。万石浦、沢田と駅が続き、ここから線路は万石浦の北岸をなぞるように浦宿に至る。万石浦は一部分が海に繋がっている大きな湖沼で、その名称は仙台藩2代藩主伊達忠宗が、もしここを干拓したら1万石になるだろうと言ったことに由来すると伝わっている。現在では、牡蠣や海苔の養殖がここで行われている[71]

浦宿から東へ進んでトンネルを抜けると終点の女川である。女川湾は天然の良港とされ、太平洋戦争中は日本海軍の小型艦艇が停泊していた。現在では女川漁港で多くの魚が水揚げされ、中でもサンマの水揚げ量は日本全国でも指折りである[72]。また、離島の出島金華山と航路で結ばれている。

データ編集

路線データ編集

平均通過人員編集

各年度の平均通過人員(人/日)は以下の通り[74][75]

  • 1987年度:3,247人/日
  • 2011年度:1,019人/日
  • 2012年度:1,199人/日
  • 2013年度:1,229人/日
  • 2014年度:1,187人/日
  • 2015年度:1,267人/日
  • 2016年度:1,264人/日
  • 2017年度:1,273人/日

駅一覧編集

  • 石巻線では、仙石東北ラインの列車も含め、全定期旅客列車がすべての駅に停車する。
  • 線路(全線単線) … ◇:列車交換可、|:列車交換不可
    • ※:小牛田駅は、石巻線の客扱い用ホームは1面1線のみであるが、側線を用いた(おもに貨物)列車の交換は可能
  • 全駅宮城県内に所在
駅名 営業キロ 接続路線 線路 所在地
駅間 累計
小牛田駅 - 0.0 東日本旅客鉄道東北本線陸羽東線 遠田郡美里町
上涌谷駅 3.5 3.5   遠田郡涌谷町
涌谷駅 2.7 6.2  
前谷地駅 6.6 12.8 東日本旅客鉄道:気仙沼線 石巻市
佳景山駅 4.3 17.1  
鹿又駅 4.1 21.2  
曽波神駅 2.5 23.7  
石巻駅 4.2 27.9 東日本旅客鉄道:仙石線仙石東北ライン仙台方面)
陸前稲井駅 3.0 30.9  
渡波駅 5.0 35.9  
万石浦駅 1.1 37.0  
沢田駅 1.3 38.3  
浦宿駅 4.1 42.4   牡鹿郡女川町
女川駅 2.3 44.7  

廃止区間編集

貨物支線(1980年廃止)

女川駅 - (貨)女川港駅 (1.4km[76])

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国有鉄道電気局『鉄道電報略号』、1959年9月17日、23頁。
  2. ^ 東日本旅客鉄道株式会社ICカード乗車券取扱基準規程(第27条第1項及び第2項)
  3. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編757-758頁。
  4. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編766-767頁。
  5. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編770頁。
  6. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編771-775頁。
  7. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編775-776頁。
  8. ^ 『石巻の歴史』第2巻 通史編(下の2)317-319頁。
  9. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編777-778頁。
  10. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編806-811・813-819頁。
  11. ^ 『石巻の歴史』第2巻 通史編(下の2)320-321頁。
  12. ^ 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編780-781頁。
  13. ^ 『小牛田町史』下巻793-794頁。
  14. ^ a b “JR各社:3月16日ダイヤ改正 東京~新青森11分早く”. 毎日新聞. (2012年12月21日). http://mainichi.jp/select/news/20121222k0000m040082000c.html 2012年12月22日閲覧。 
  15. ^ JR石巻線(浦宿駅~女川駅)・代行バス時刻 (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社
  16. ^ a b 朝日浴び、女川駅から始発列車 JR石巻線が全線開通 - 朝日新聞、2015年3月21日。
  17. ^ a b 石巻線の全線運転再開について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2014年12月8日
  18. ^ 被災JR4路線、線路位置変更も…復興に合わせ(2011年4月15日読売新聞) - 2011年5月7日閲覧
  19. ^ 津波被害のJR線、内陸へ一部移設 常磐・仙石・石巻線 - 朝日新聞、2011年9月28日。
  20. ^ “女川駅除き、13年度初め運行へ=JR石巻線”. 時事通信. (2012年3月5日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012030500623 2012年3月8日閲覧。 
  21. ^ 踏切解消へ努力 被災路線復旧、立体交差で JR東 - 河北新報、2013年1月25日。
  22. ^ 女川町とJR東、石巻線全面復旧へ覚書 女川駅内陸に移設 - 河北新報、2013年2月2日。
  23. ^ a b c “石巻⇒仙台間直通快速列車のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道仙台支社, (2011年11月15日), オリジナルの2011年12月3日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111203122229/http://www.jr-sendai.com/doc/20111115.pdf 2017年10月2日閲覧。 
  24. ^ a b c “仙台⇒石巻間直通快速列車のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道仙台支社, (2011年12月13日), オリジナルの2012年8月30日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120830212303/http://www.jr-sendai.com/doc/20111213a.pdf 2017年10月2日閲覧。 
  25. ^ a b c “2012年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道仙台支社, (2011年12月16日), オリジナルの2012年8月30日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120830212331/http://www.jr-sendai.com/doc/20111216b.pdf 2017年10月2日閲覧。 
  26. ^ a b c d e 2015年5月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2015年2月26日
  27. ^ JR仙石線・新蛇田駅 来年度、広場含め整備 石巻市議会一般質問 NEWS石巻かほく(2014年9月25日)
  28. ^ 被災地に光 鉄路全線復旧 6月、石巻と仙台直結 NEWS石巻かほく(2015年1月1日)
  29. ^ 宮城県知事記者会見(平成27年6月1日) 宮城県
  30. ^ a b c 仙石東北ライン一部列車の女川駅直通運転の開始について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2016年6月29日
  31. ^ a b c <仙石東北ライン>女川乗り入れ始まる> - 河北新報(2016年8月7日)
  32. ^ 旧IVICT(東北産業活性化センター)事業一覧東北活性化研究センター
  33. ^ [南三陸地域振興計画策定調査報告書 平成4年度 (仙石線の女川駅乗り入れに関するF.S調査及び南三陸地域観光開発調査)]東北産業活性化センター 1頁 - 110頁
  34. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1911年8月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  35. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1912年11月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  36. ^ 「軽便鉄道免許一部取消」『官報』1914年6月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  37. ^ 「鉄道院告示第14号」『官報』1919年3月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  38. ^ 「鉄道省告示第9.10号」『官報』1920年5月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  39. ^ 「鉄道省告示第141号」『官報』1920年12月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  40. ^ 「鉄道省告示第109号」『官報』1922年9月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  41. ^ 『鉄道省年報. 昭和10年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  42. ^ 『鉄道ファン』通巻489号、交友社、2002年1月、 66-68頁。
  43. ^ 代行バスの区間および時刻変更について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2012年3月5日
  44. ^ 代行バスの区間および時刻変更について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2013年2月22日
  45. ^ 石巻線および仙石線の全線運転再開と仙石東北ライン開業に伴う営業キロの変更及び運賃の適用等について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2015年1月29日
  46. ^ 宮内庁 (2016-01-01). 天皇皇后両陛下のお歌(平成27年から) (Report). http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gyosei/pdf/gyosei-h27.pdf 2016年9月12日閲覧。. 
  47. ^ 『JTB時刻表』2001年4月号 p.642によると小牛田発女川行き2本が小牛田駅 - 前谷地駅間で気仙沼行きを併結しているが、『JTB時刻表』2002年12月号 p.654では1本が女川行き、もう1本が石巻行きのみの単独運転となって、両線の列車の併結運転はなくなっている。
  48. ^ 小牛田駅などでの運転停車は行われる場合があった。
  49. ^ 臨時直通快速列車の運転について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2012年4月19日
  50. ^ 臨時直通快速列車時刻変更のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2012年7月12日
  51. ^ 臨時直通快速列車の運転について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2012年9月14日
  52. ^ 臨時直通快速列車(東北本線・石巻線経由)の運転継続について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2012年11月9日
  53. ^ 春の増発列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2013年1月31日
  54. ^ 夏の増発列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2013年5月17日
  55. ^ 秋の増発列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2013年8月30日
  56. ^ 冬の臨時列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2013年10月25日
  57. ^ 春の臨時列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2014年1月31日
  58. ^ 夏の臨時列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2014年5月30日
  59. ^ 秋の臨時列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2014年8月29日
  60. ^ 冬の臨時列車のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2014年10月31日
  61. ^ 「石巻線マンガッタンライナー」運転開始! (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社プレスリリース 2013年1月24日
  62. ^ 勇気をくれた石巻線マンガッタンライナー引退 - 2015年6月1日朝日新聞宮城版
  63. ^ 河川やトンネルなどの地形や方角は国土地理院地図による。
  64. ^ 『小牛田町史』下巻793-797頁。
  65. ^ 『小牛田町史』中巻585-586頁。
  66. ^ 『宮城縣史』復刻版16(観光)425頁。
  67. ^ 『宮城縣史』復刻版16(観光)430頁。
  68. ^ 『宮城縣史』復刻版16(観光)553-554頁。
  69. ^ 『宮城縣史』復刻版16(観光)117頁。
  70. ^ 『宮城縣史』復刻版16(観光)551頁。
  71. ^ 『宮城縣史』復刻版16(観光)567頁。
  72. ^ 『宮城縣史』復刻版16(観光)569-570頁。
  73. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB、1998年。ISBN 978-4-533-02980-6
  74. ^ 路線別ご利用状況(2011?2015年度) (PDF) - JR東日本
  75. ^ 路線別ご利用状況(2012?2016年度) (PDF) - JR東日本
  76. ^ 旧・女川駅からの距離。現・女川駅からは1.6km

参考文献編集

  • 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 - 全線・全駅・全廃線』2 東北、新潮社、2006年。ISBN 978-4-10-790020-3
  • 小牛田町史編纂委員会 『小牛田町史』中巻 小牛田町、1972年。
  • 小牛田町史編纂委員会 『小牛田町史』下巻 小牛田町、1973年。
  • 石巻市史編さん委員会 『石巻の歴史』第2巻 通史編(下の2) 石巻市、1998年。
  • 石巻市史編さん委員会 『石巻の歴史』第5巻 産業・交通編 石巻市、1996年。
  • 宮城縣史編纂委員会 『宮城縣史』復刻版16(観光) 宮城県、1987年。

関連項目編集

外部リンク編集