メインメニューを開く

石 平(せき へい、シー・ピン(中国語発音表記:Shi Ping)(1962年〈昭和37年〉1月30日[1] - )は、日本評論家[1]。主に日中問題・中国問題を評論している[2]中華人民共和国四川省成都市出身[2]2007年日本国籍を取得。2008年4月より拓殖大学客員教授[2]

石 平
せき へい(シー ピン)
誕生 (1962-01-30) 1962年1月30日(57歳)
中華人民共和国の旗 中国 四川省成都市
職業 作家評論家
言語 中国語日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 北京大学哲学
最終学歴 神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了
活動期間 2002年 -
ジャンル 評論
主題 日中の政治経済外交問題
代表作 『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』
主な受賞歴 第23回山本七平賞
デビュー作なぜ中国人は日本人を憎むのか』(2002年)
テンプレートを表示

目次

人物編集

※以下、原則と表記。

生い立ち〜日本との関わり編集

1962年、中華人民共和国・四川省成都市で生まれる。1966年、文化大革命の最中に教師であった両親が大学から追放されて農場へ「下放」されたため、四川省の農村部で漢方医である祖父によって養育された。祖父は石に漢方医を継がせるべく、医者になるための教養として密かに「論語」を教えていたが、石が11歳の時に肺がんで死去[3]

中学校時代、ゴミ拾いの貧しい老婆が近所に住んでいて、いつも学校帰りの石少年ら子供たちに、笑顔で「勉強頑張ってね」と声をかけていたが、ある日突然その老婆がいなくなり、「反革命分子」として政府に逮捕されたことを知った[4]。数日後、老婆はトラックに乗せられ町中の市民に見せつけるため一巡させられた後、処刑場で銃殺された[4]。この老婆が「反毛主席」の大罪で処刑された理由が、ゴミ捨て場から拾った新聞紙(毛沢東の顔写真が印刷されていた)で大根を包んでいたからということをその後知った石少年は衝撃を受けた[4]

1980年9月に北京大学哲学部に入学し、1984年7月に卒業。北京大学在学中の1982年頃より、毛沢東暴政の再来を防ぐ目的で中国民主化運動に情熱を傾け始める。1988年4月に日本に留学し、日本語学校入学。文化大革命および1989年に勃発した天安門事件における中国共産党の党利党略ぶりへの憤怒と絶望感を抱き、「この国にはもはや用がない、何の愛着も義理も無い」と祖国である中華人民共和国との精神的決別に至った[4]。その一方、留学中の日本で、中国の古き時代の文化を守り発展させた日本文化に魅力を感じるようになり、孔子や論語の思想が日本の精神に生き続けていると感激し、次第に「愛日主義者」となっていった[3][5]。1995年に神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了(学位は未取得)。民間研究機関に勤務[要出典]

2002年(平成14年)初頭に中華人民共和国国内に広がる反日感情をレポートした書物を出し、論壇デビュー。以来、『正論』、『Voice』、『WiLL』などの保守論壇誌に論考を寄稿し、日中関係・中国問題などを論じている。また、フジテレビ・読売テレビ・テレビ朝日・TBSなどの中国関連ニュース番組・討論番組でコメンテーターを務めている[要出典]

日本へ帰化編集

2007年(平成19年)11月30日、日本に帰化[6]。2008年(平成20年)4月に拓殖大学客員教授に就任。夏には公式サイトを(#外部リンク)開設し、同時にまぐまぐ無料メールマガジンも発行開始した[7]

日本名は石 平〈せき へい〉だが、石平だと日本では苗字だと思われることもあり、Twitterでは差別化を兼ねて冗談半分で「太郎」をつけて『石平太郎』と名乗っている[2][8]

2009年(平成21年)3月より産経新聞で隔週連載コラム「石平のChina Watch」の連載を開始[9]。2009年8月14日、『私は「毛主席の小戦士」だった』の改題改訂版である

活動・主張編集

中国問題に関する論評では、定番の政治問題・社会問題・外交戦略以外に、経済問題を取り上げることもある。

中国崩壊論の代表的な論者とみなされることが多いが、石平本人は「崩壊するなどとは言っていない」「いつ崩壊するなどと予言したことはない。持続不可能と指摘しているだけだ」とニューズウィークのインタビューで主張している。

中国に先駆け、日本はバブル経済が弾けた時に崩壊したと主張している。

歴史認識編集

日本の教育については、「子供達に一方的に、日本は侵略国家だったと教えるのは止めるべきである。……道徳心愛国心を教えるのも当然だが、歴史教科書の記述は中立でなければならない」と主張している[10]

『日本に来るまで南京大虐殺など一度も聞いたことがなかった。中国の小学校、中学校の教科書にも南京大虐殺なんて載ってませんでした。……蒋介石自身も抗議していない。日本留学から中国に帰ったとき、南京出身の大学のクラスメイトに、「親父さんかお祖父さんから、大虐殺の噂を聞いたことがあるか」と聞いたら、やはり「ない」と言っていました。中国では、歴史的な大虐殺が何度もありました。……そういう所を掘り返すと、たしかに人骨がいっぱい出てくるんです。面白いことに、二千年前の記述でも嘘じゃなくて、必ず出てくる。しかし、南京から何十万体の骨が出てきたなんて話、一つも聞いたことがない』などと主張している[11]

その他編集

  • 2008年(平成20年)9月26日から10月2日までに台湾を訪問。台湾の民主主義を絶賛し、李登輝元総統にも会っている。李は石に対し、「あなたの本を読んで、感心していますよ」と言ったという[12]

出演編集

インターネット番組編集

著作編集

単著編集

  • 『なぜ中国人は日本人を憎むのか』PHP研究所、2002年1月16日。ISBN 4-569-62004-3
  • 『中国「愛国攘夷」の病理――吹き荒れる電脳ナショナリズム』小学館〈小学館文庫〉、2002年6月。ISBN 4-09-402746-7
  • 『数字が証す中国の知られざる正体――「21世紀は中国の世紀」のウソを暴く』日本文芸社、2002年9月。ISBN 4-537-25115-8
  • 『「日中友好」は日本を滅ぼす!――歴史が教える「脱・中国」の法則』講談社〈講談社+α新書〉、2005年7月20日。ISBN 4-06-272327-1
  • 『中国人だから見える日中の宿命』扶桑社、2006年5月。ISBN 4-594-05159-6
  • 『私は「毛主席の小戦士」だった――ある中国人哲学者の告白』飛鳥新社、2006年10月19日。ISBN 4-87031-761-3
  • 『中国大虐殺史――なぜ中国人は人殺しが好きなのか』ビジネス社、2007年11月。ISBN 978-4-8284-1401-0
  • 『論語道場 『論語』の教えが人生を教えてくれた』致知出版社、2007年12月。ISBN 978-4-88474-797-8
  • 『これが本当の中国33のツボ――知っているようで知らない』海竜社、2008年3月。ISBN 978-4-7593-1014-6
  • 石平「中国史とは虐殺の歴史だ」『拉致と侵略の真実 教科書が教えない日本被害史 完全保存版』西村幸祐 責任編集、オークラ出版〈OAK MOOK 199号 撃論ムック Vol.9〉、2008年3月。ISBN 978-4-7755-1143-5
    • 石平「中国史とは虐殺の歴史だ」『日本被害史 世界でこんなに殺された日本人』オークラ出版、2012年12月24日。ISBN 978-4-7755-1980-6
  • 『中国「悪魔の辞典」』小学館〈Clickシリーズ〉、2008年7月30日。ISBN 978-4-09-387802-9
  • 『2010年 中国が牙をむく』PHPパブリッシング、2008年11月。ISBN 978-4-569-70362-6
  • 『中国経済崩壊の現場――中国のメディアが語る』海竜社、2009年1月。ISBN 978-4-7593-1051-1
  • 『中国大逆流――絶望の「天安門20年」と戦慄の未来像』ベストセラーズ、2009年5月25日。ISBN 978-4-584-13162-6
  • 『なぜ、日本人は日本をおとしめ中国に媚びるのか』ワック〈Wac bunko B-114〉、2009年11月24日。ISBN 978-4-89831-614-6
  • 『謀略家たちの中国――中国四千年の悲哀』PHP研究所、2009年11月25日。ISBN 978-4-569-77523-4
  • 『中国の経済専門家たちが語る ほんとうに危ない!中国経済』海竜社、2010年9月。ISBN 978-4-7593-1151-8
  • 『日中をダメにした9人の政治家』ベストセラーズ、2011年3月25日。ISBN 978-4-584-13298-2
  • 『中国ネット革命』海竜社、2011年5月。ISBN 978-4-7593-1183-9
  • 『中国人の正体』宝島社、2011年6月17日。ISBN 978-4-7966-8174-2
  • 『【中国版】サブプライム・ローンの恐怖』幻冬舎〈幻冬舎新書 せ-1-1〉、2011年9月28日。ISBN 978-4-344-98234-5
  • 『わが子に教えたい日本の心 武士道精神の源流』PHP研究所、2012年3月13日。ISBN 978-4-569-79518-8
  • 『中国――崩壊と暴走、3つのシナリオ』幸福の科学出版、2012年5月30日。ISBN 978-4-86395-201-0
  • 『中国人に負けない7つの方法』宝島社、2012年7月11日。ISBN 978-4-7966-9847-4
    • 『中国人の嘘にだまされない7つの方法』宝島社〈宝島SUGOI文庫〉、2013年1月10日。ISBN 978-4-8002-0509-4
  • 石平「寄稿 中国から見た日本の天皇の不思議、そこに流れる知恵」『まんがと図解でわかる 天皇のすべて 日本人なら知っておきたい天皇のお仕事と歴史が理解できる!』所功 監修、宝島社〈別冊宝島1910〉、2012年10月12日。ISBN 978-4-8002-0163-8
  • 石平「“すべてが中国である”という「中華思想」は、中国人以外誰も理解できない」『領土問題、私はこう考える! 孫崎享、山田吉彦、鈴木宗男ほか識者たちの提言』畠山理仁 構成、集英社〈経営者の本棚〉、2012年11月26日。ISBN 978-4-08-781516-0
  • 『尖閣問題。真実のすべて』海竜社、2012年12月。ISBN 978-4-7593-1284-3 - 山田吉彦岡崎久彦との対談を収録。
  • 『日中新冷戦構造』イースト・プレス〈イースト新書 003〉、2013年6月3日。ISBN 978-4-7816-5003-6
  • 『「歪んだ経済」で読み解く中国の謎 習近平と中国は何を狙っている?』ワニ・プラス〈ワニブックス|PLUS|新書 097〉、2013年6月8日。ISBN 978-4-8470-6062-5
  • 『「全身病巣」国家・中国の死に方 蝕まれた虚像の大国が悲鳴を上げる』宝島社、2013年10月21日。ISBN 978-4-8002-1681-6
    • 『「全身病巣」国家・中国の死に方 蝕まれた虚像の大国が悲鳴を上げる』宝島社〈宝島SUGOI文庫 Dせ-2-3〉、2014年9月4日。ISBN 978-4-8002-2714-0 - 石 (2013d)に加筆・修正を行い改定。
  • 『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』PHP研究所〈PHP新書〉、2013年11月16日。ISBN 978-4-569-81621-0
  • 『なぜ中国人にはもう1%も未来がないのか』徳間書店、2014年5月23日。ISBN 978-4-19-863800-9
  • 『世界征服を夢見る嫌われ者国家中国の狂気 習近平体制崩壊前夜』ビジネス社、2014年6月20日。ISBN 978-4-8284-1757-8
  • 『中国崩壊カウントダウン 中国は崩壊の歴史を必ず繰り返す!』宝島社、2014年7月14日。ISBN 978-4-8002-2334-0 - 文献あり。
  • 『帰化人が見た靖国神社のすべて 日本人になった中国人 日本人は「靖国神社」にお参りしよう!』海竜社、2014年8月。ISBN 978-4-7593-1383-3 - 年表あり。
  • 『なぜ中国は覇権の妄想をやめられないのか 中華秩序の本質を知れば「歴史の法則」がわかる』PHP研究所〈PHP新書 979〉、2015年3月13日。ISBN 978-4-569-82485-7
  • 『「死に体」中国の宿命』宝島社〈宝島SUGOI文庫〉、2015年8月6日。
  • 『中国「歴史認識」の正体 ~繰り返される歴史改ざんの大罪』宝島社、2015年7月23日。ISBN 978-4800234100
  • 『暴走を始めた中国2億6000万人の現代流民』講談社、2015年10月1日。
  • 『習近平にはなぜもう100%未来がないのか』徳間書店、2015年11月28日。
  • 『なぜ中国はいつまでも近代国家になれないのか』PHP研究所、2015年12月16日。
  • 『韓民族こそ歴史の加害者である』飛鳥新社、2016年5月7日。ISBN 978-4864104616
  • 『偽装国家・中国の「歴史認識」』宝島社〈宝島SUGOI文庫〉、2016年5月10日。
  • 『中国から帰化して驚いた 日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理』徳間書店、2016年9月29日。ISBN 978-4198642563
  • 『狂気の沙汰の習近平体制 黒い報告書』ビジネス社、2016年10月15日。ISBN 978-4828419176
  • 『なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか わが国だけが近代文明を手に入れた歴史の必然』KADOKAWA、2017年1月27日。ISBN 978-4046018700
  • 『トランプvs.中国は歴史の必然である 近現代史で読み解く米中衝突』産経新聞出版、2017年2月3日。ISBN 978-4819112987
  • 『朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか 中国人ですら韓民族に関わりたくない本当の理由』徳間書店、2017年6月30日。ISBN 978-4198644253
  • 『中国が反論できない 真実の尖閣史』扶桑社、2017年8月2日。ISBN 978-4594077730 石井望監修。
  • 『教えて石平さん。日本はもうすでに中国にのっとられているって本当ですか?』SBクリエイティブ、2017年8月5日。ISBN 978-4797392920
  • 『冗談か悪夢のような中国という災厄』ビジネス社、2017年9月21日。ISBN 978-4828419770
  • 『習近平の終身独裁で始まる中国の大暗黒時代』徳間書店、2017年11月30日。ISBN 978-4198645137
  • 『なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史』PHP研究所、2018年1月17日。ISBN 978-4569837451
  • 『なぜ中国は民主化したくてもできないのか 「皇帝政治」の本質を知れば現代中国の核心がわかる』KADOKAWA、2018年3月24日。ISBN 978-4046022974
  • 『結論! 朝鮮半島に関わってはいけない 東アジアと世界のトラブルメーカー』飛鳥新社、2018年5月9日。ISBN 978-4864106078
  • 『中国五千年の虚言史 なぜ中国人は嘘をつかずにいられないのか』徳間書店、2018年7月26日。ISBN 978-4198646578
  • 『アメリカの本気を見誤り、中国を「地獄」へ導く習近平の狂気』ビジネス社、2018年10月2日。ISBN 978-4828420578
  • 『中国人の善と悪はなぜ逆さまか 宗族と一族イズム』産経新聞出版、2018年12月5日。ISBN 978-4819113502
  • 『なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか 日本と中韓「道徳格差」の核心』PHP研究所、2019年3月16日。ISBN 978-4569842776
  • 『なぜ中国は日本に憧れ続けているのか』SBクリエイティブ、2019年6月8日。ISBN 9784815600280

共著・編著・共編著編集

  • 黄文雄呉善花共著『売国奴』ビジネス社、2007年10月。ISBN 978-4-8284-1387-7
    • 呉善花、黄文雄 共著『売国奴 なぜ中韓は反日を国是とするのか』ビジネス社、2013年1月17日、新装版。ISBN 978-4-8284-1692-2
  • 日下公人 共著『日本と中国は理解しあえない』PHPパブリッシング(出版) PHP研究所(発売)、2008年4月1日。ISBN 978-4-569-69938-7
  • 日下公人 共著『中国の崩壊が始まった!』ワック〈Wac bunko〉、2008年6月28日。ISBN 978-4-89831-584-2
  • ペマ・ギャルポ 共著『ならずもの国家 中国の本性――蹂躙されたチベット』ワック〈Wac bunko〉、2008年8月29日。ISBN 978-4-89831-588-0
  • 黄文雄、呉善花 共著『帰化日本人――だから解る日本人の美点・弱点』李白社、2008年11月。ISBN 978-4-89451-903-9
  • 三橋貴明 共著『中国経済がダメになる理由――サブプライム後の日中関係を読む』PHP研究所、2009年4月15日。ISBN 978-4-569-70758-7
  • 宮崎正弘 共著『絶望の大国、中国の真実――日本人は、中国人のことを何も分かっていない!』ワック〈Wac bunko B-102〉、2009年5月8日。ISBN 978-4-89831-602-3
  • 中嶋嶺雄 共著『「日中対決」がなぜ必要か――中国・建国以来の真実と影』PHPパブリッシング(出版) PHP研究所(発売)、2009年9月18日。ISBN 978-4-569-77336-0
    • 中嶋嶺雄『中国とは何か 建国以来の真実と影』石平 聞き手、PHPパブリッシング、2013年9月。ISBN 978-4-907440-01-5
  • 岡崎久彦渡部昇一 共著『日本の歴史を解く9つの鍵 古代~幕末編』海竜社、2009年11月。ISBN 978-4-7593-1098-6
  • 宮崎正弘 共著『増長し、無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』ワック〈Wac bunko B-115〉、2010年1月15日。ISBN 978-4-89831-615-3
  • 西村幸祐 共著『日本よ!米中を捨てる覚悟はあるか』徳間書店、2010年5月。ISBN 978-4-19-862962-5
  • 加瀬英明 共著『徹底解明!ここまで違う日本と中国――中華思想の誤解が日本を亡ぼす』自由社、2010年7月10日。ISBN 978-4-915237-56-0
  • 有本香 共著『バブル崩壊で死ぬか、インフレで死ぬか――不動産国家・中国の行方』ワック〈Wac bunko B-134〉、2010年9月29日。ISBN 978-4-89831-634-4
  • 藤岡信勝茂木弘道加瀬英明・石平・田久保忠衛平松茂雄川村純彦佐藤守西尾幹二高市早苗『中国はなぜ尖閣を取りに来るのか』藤岡信勝加瀬英明 編、自由社、2010年12月。ISBN 978-4-915237-59-1
  • 西尾幹二井尻千男早瀬善彦岩田温平松茂雄田中英道南出喜久治遠藤浩一・石平・稲田朋美水島総渡部昇一 共著『中国が攻めてくる! 日本は憲法で滅ぶ』総和社、2011年2月。ISBN 978-4-86286-048-4
  • 小林よしのり、石平・呉善花・鄭大均・ペマ・ギャルポ・ビル・トッテン金美齢『新日本人に訊け! 帰化 ゴーマニズム対論集』飛鳥新社、2011年5月10日。ISBN 978-4-86410-084-7
  • 長谷川慶太郎 共著『解放軍の原爆を日本に落とさせるな』フォレスト出版、2011年7月。ISBN 978-4-89451-936-7
  • 高市早苗遠藤浩一富岡幸一郎中村粲斎藤吉久ロマノ・ヴルピッタ・石平・山村明義高森明勅『日本人なら学んでおきたい靖國問題』青林堂、2011年8月。ISBN 978-4-7926-0438-7
  • 福島香織 共著『中国人がタブーにする中国経済の真実』PHP研究所、2011年12月22日。ISBN 978-4-569-80213-8
  • 副島隆彦 共著『中国 崩壊か 繁栄か!? 殴り合い激論』李白社(出版) ビジネス社(発売)、2012年6月29日。ISBN 978-4-8284-1670-0
  • 宮崎正弘 共著『中国社会の崩壊が始まった! 2013年の「中国」を予測する』ワック、2012年9月21日。ISBN 978-4-89831-670-2
  • 黄文雄 共著『「中国の終わり」のはじまり 習近平政権、経済崩壊、反日の行方』徳間書店、2012年11月29日。ISBN 978-4-19-863521-3
  • 劉燕子 共著『反旗 中国共産党と闘う志士たち』育鵬社(発行) 扶桑社(発売)、2012年12月14日。ISBN 978-4-594-06747-2
  • 加瀬英明 共著『相手が悪いと思う中国人 相手に悪いと思う日本人』ワック〈WAC BUNKO〉、2012年12月20日。ISBN 978-4-89831-674-0
  • 潮匡人 ほか「第6章 日本文明の7つの特質と、あるべき戦略」『日本の国益 野蛮・中国に勝つための10の論点』幸福の科学出版、2012年12月27日。ISBN 978-4-86395-289-8
  • 宮崎正弘 共著『2013年後期の「中国」を予測する 習近平(ラストエンペラー)の断末魔の叫びが聞こえる』ワック〈WAC BUNKO B-176〉、2013年4月19日。ISBN 978-4-89831-676-4
  • 黄文雄、呉善花 共著『黄文雄(台湾)が呉善花(韓国)、石平(中国)に直撃 日本人は中国人・韓国人と根本的に違う』李白社(出版) 徳間書店(販売)、2013年4月15日。ISBN 978-4-19-863602-9
  • 石平 インタビュー「中国共産党【弾圧と侵略の92年史】」『マスコミが絶対教えてくれない 中国・韓国・北朝鮮』晋遊舎〈晋遊舎歴史探訪シリーズ別冊〉、2013年6月21日。ISBN 978-4-86391-786-6
  • 副島隆彦 共著『歴史・思想・宗教で読み解く中国人の本性(ホンセイ)』李白社(出版) 徳間書店(販売)、2013年7月25日。ISBN 978-4-19-863636-4
  • 黄文雄 共著『中国はもう終わっている』徳間書店、2013年9月18日。ISBN 978-4-19-863667-8
  • 呉善花、黄文雄 共著『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」 呉善花〈韓国〉が黄文雄〈台湾〉、石平〈中国〉に直撃』李白社(出版) 徳間書店(販売)、2013年12月11日。ISBN 978-4-19-863724-8
  • 宮崎正弘 共著『2014年の「中国」を予測する 中国大陸から次々と逃げ出すヒトとカネ』ワック〈WAC BUNKO B-189〉、2013年12月25日。ISBN 978-4-89831-689-4
  • 黄文雄、呉善花 共著『日本人は中韓との「絶交の覚悟」を持ちなさい 石平〈中国〉が黄文雄〈台湾〉、呉善花〈韓国〉に直撃』李白社(出版) 徳間書店(販売)、2014年1月27日。ISBN 978-4-19-863736-1
  • 呉善花 共著『もう、この国は捨て置け! 韓国の狂気と異質さ』ワック〈WAC BUNKO B-193〉、2014年2月。ISBN 978-4-89831-693-1
  • 古森義久 共著『自壊する中国反撃する日本 日米中激突時代始まる!』ビジネス社、2014年8月1日。ISBN 978-4-8284-1763-9
  • 宮崎正弘 共著『2015年中国の真実 中国は習近平に潰される?』ワック〈WAC BUNKO B-204〉、2014年9月19日。ISBN 978-4-89831-704-4
  • 西村幸祐 共著『「反日」の敗北』イースト・プレス、2014年6月。ISBN 978-4-7816-1174-7
  • 黄文雄 共著『日本に敗れ世界から排除される中国』徳間書店、2014年12月20日。ISBN 978-4-19-863890-0
  • 呉善花 共著『反日をやめたら成り立たない国・韓国』ワック、2015年5月18日。ISBN 978-4898317204
  • 黄文雄 共著『これから始まる中国の本当の悪夢: 習近平に迫る経済壊滅、政権分裂、国内大乱』徳間書店、2015年9月18日。ISBN 978-4198640118
  • 宮崎正弘 共著『私たちの予測した通り、いよいよ自壊する中国!』ワック、2015年10月23日。ISBN 978-4898317280
  • 有本香り 共著『リベラルの中国認識が日本を滅ぼす 日中関係とプロパガンダ』産経新聞出版、2015年10月30日。ISBN 978-4819112727
  • ケント・ギルバート室谷克実 共著『中国・韓国との新・歴史戦に勝つ!』悟空出版、2015年11月20日。ISBN 978-4908117176
  • 村上政俊 共著『最後は孤立して自壊する中国 2017年 習近平の中国』ワック、2016年5月10日。ISBN 978-4898317358
  • ペマ・ギャルポ 共著『日本・インドの戦略包囲網で憤死する中国』徳間書店、2016年6月30日。ISBN 978-4198641726
  • 陳破空 共著『習近平が中国共産党を殺す時 日本と米国から見えた「2017年のクーデター」』ビジネス社、2016年7月30日。ISBN 978-4828419039
  • 百田尚樹 共著『「カエルの楽園」が地獄と化す日』飛鳥新社、2016年11月11日。ISBN 978-4864105224
  • 黄文雄 共著『「トランプ大統領」から始まる中国大乱』徳間書店、2016年12月22日。ISBN 978-4198643218
  • ケント・ギルバート 共著『日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか』徳間書店、2017年8月31日。ISBN 978-4198644611
  • 黄文雄 共著『習近平の帝政復活で中国が日本に仕掛ける最終戦争』徳間書店、2018年3月28日。ISBN 978-4198645946
  • 豊田有恒 共著『なぜ中国・韓国は近代化できないのか: 自信のありすぎる中国、あるふりをする韓国』勉誠出版、2018年4月13日。ISBN 978-4585234043
  • 矢板明夫 共著『私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた』ビジネス社、2018年6月4日。ISBN 978-4828420318
  • 宮崎正弘 共著『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ!』ワック、2018年8月22日。ISBN 978-4898317815
  • 藤井厳喜 共著『米中「冷戦」から「熱戦」へ』ワック、2018年12月19日。ISBN 978-4898317891
  • ケント・ギルバート 共著『「米中冷戦」で日本は漁夫の利を得る』宝島社、2019年3月15日。ISBN 978-4800291974
  • 渡邉哲也 共著『習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時―日本は14億市場をいますぐ「損切り」せよ!』ビジネス社、2019年5月。ISBN 978-4828420974
  • 安田峰俊 共著『「天安門」三十年 ―中国はどうなる?』育鵬社、2019年6月。ISBN 978-4594082291

翻訳編集

  • 胡鞍鋼『かくて中国はアメリカを追い抜く――胡錦濤-温家宝体制の戦略』PHP研究所、2003年6月23日。ISBN 4-569-62865-6

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 評論家 石平”. 覚悟の瞬間. 株式会社enjin. 2015年9月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 石 平”. 人名事典. 株式会社 PHP研究所. 2015年9月19日閲覧。
  3. ^ a b 石平「第4章 日本で出会った論語と儒教の心」(石2009c, pp. 144-189)
  4. ^ a b c d 石平「私は『毛沢東の戦士』だった」(石2009c, pp. 16-60)
  5. ^ 石平「第5章 わが安息の地、日本」(石2009c, pp. 194-237)
  6. ^ 石平「新版まえがき」(石2009c, pp. 3-6)
  7. ^ チャイナウォッチML
  8. ^ YouTube ♯180 報道特注【公開Live①】生田×石平×ケント×足立 10:45頃
  9. ^ 石平. “石平のChina Watch”. MSN産経ニュース. 2014年1月25日閲覧。
  10. ^ (石 2011a) [要ページ番号]
  11. ^ 渡部昇一、石平「一体どこが「侵略」だというのか」『歴史通』11号(2011年3月号)、ワック、2011年3月、 146-163頁。
  12. ^ 石平「台湾はやはり中国ではなかった」『WiLL』48号(2008年12月号)、ワック・マガジンズ、 214-219頁。

外部リンク編集