石打ダム駅

日本の熊本県宇城市にある九州旅客鉄道の駅

石打ダム駅(いしうちダムえき)は、熊本県宇城市三角町中村にある、九州旅客鉄道(JR九州)三角線(あまくさみすみ線)のである[1]

石打ダム駅
Ishiuchi Dam Station.JPG
外観(2005年3月)
いしうちダム
Ishiuchi-Damu
赤瀬 (1.2 km)
(3.9 km) 波多浦
所在地 熊本県宇城市三角町中村
北緯32度38分33.71秒 東経130度30分25.40秒 / 北緯32.6426972度 東経130.5070556度 / 32.6426972; 130.5070556
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 三角線(あまくさみすみ線)
キロ程 19.6 km(宇土起点)
電報略号 ウタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
21人/日
-2009年-
開業年月日 1989年平成元年)3月11日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム(2005年3月)

歴史編集

三角港築港百周年記念事業の一環として、三角町の住民や三角に縁のある人々から資金を1700万円集め、この資金により開業された。駅前にはこれを記念する石碑がある。開業当初は石打ダム来訪者について鉄道利用率の増加が期待された。

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。線路はほぼ北東から南西に走りホームは線路の南東側に設けられている。ホームの赤瀬方に簡単な待合所が設置されておりこの待合所から駅に出入りする。無人駅である[1]接近放送とメロディが存在し、かつては埴生の宿を使用していたが、2018年7月にJR九州の各路線で使われている汎用タイプのベルに変更された。

利用状況編集

  • 1日平均乗降人員の推移は下記の通り。
乗降人員推移
年度 1日平均人数
2005 50
2006 40
2007 34
2008 27
2009 21

駅周辺編集

三角町石打地区にあるが、山の中に存在し近隣に民家はほとんど見当たらない。この駅と隣の赤瀬駅は2kmにも満たない近さ(実際列車で行く場合、赤瀬方面のトンネルを越えてすぐ)だが、そのほとんどがトンネルである。

隣の駅編集

九州旅客鉄道(JR九州)
三角線
赤瀬駅 - 石打ダム駅 - 波多浦駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『週刊 JR全駅・全車両基地』33号 熊本駅・嘉例川駅・大畑駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月31日、25頁。
  2. ^ “JR九州 11日に14駅開業”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1989年3月3日) 

関連項目編集

外部リンク編集