石森 達幸(いしもり たっこう、1932年1月11日[7][8] - 2013年6月5日[9][2][10])は、日本声優俳優ナレーターアーツビジョン所属[5]長崎県西彼杵郡高島町(現長崎市端島出身[4]

いしもり たっこう
石森 達幸
プロフィール
本名 石森 達幸(いしもり たつゆき)[1][2]
愛称 言論のじじい[3]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本長崎県西彼杵郡高島町(現長崎市端島[4]
死没地 日本の旗 日本
生年月日 (1932-01-11) 1932年1月11日
没年月日 (2013-06-05) 2013年6月5日(81歳没)
血液型 B型[3]
職業 声優俳優ナレーター
事務所 アーツビジョン(最終)[5]
公称サイズ([7]時点)
身長 / 体重 163[6] cm / 64 kg
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1940年代 - 2013年
ジャンル 舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

来歴編集

長崎県西彼杵郡高島町(現長崎市端島で生まれ育ち[4]、幼少期は2号棟に住んでいた[11]。戦時中は長崎市の高校に寮生活をしながら通っていたが、長崎市での原爆時は端島に帰郷していた[11]。長崎の高校を卒業後、役者を目指して終戦後の端島から上京[4]。14歳の時に役者の世界に入り、キャリアは60年以上と長い[12]日本大学卒業[7]テアトル・エコーの創設メンバーの1人で[5]大塚芳忠ら後輩からは恐れられつつも慕われていた。その後、文学座アトリエ劇団草の会、俳優座アトリエ劇団同人会、演協プロ[13]、太陽プロモーションを経て、最後はアーツビジョンに所属していた[5]

2013年6月5日、心不全のため死去[9][10]。81歳没。

人物編集

声質はバリトン[13]方言長崎弁[5]

元気な老人役・長老役などを数多く担当し、「言論のじじい」の愛称で親しまれていた。

巨人の星』と『侍ジャイアンツ』の両方の作品では、王貞治役を演じ、二見忠男宮内幸平の没後は一部の持ち役を引き継いだ。

『廃墟賛歌 軍艦島オデッセイ -廿世紀未来島を歩く-』では自らが軍艦島出身であることを前面に押し出し、声の出演に留まるものの、当時は遊廓があったことや、石森が働いていた炭鉱で事故が起こり鉱夫が亡くなったこと、閉鎖から本土に渡った経緯など自身で多くを語った[4]

趣味・特技は読書[14]映画鑑賞[5]

後任・代役編集

石森の病気療養の代役、死去後の持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演編集

テレビアニメ編集

1965年
1968年
1969年
1970年
1972年
1973年
1974年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年

劇場アニメ編集

1981年
1982年
1988年
1992年
1995年
1997年
1998年
2000年
  • 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 特別版(ゴップ提督)
2001年
2002年
2007年
2009年
2012年

OVA編集

1986年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2007年
2008年
2010年

ゲーム編集

1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2008年
2010年
2011年
2012年

ドラマCD編集

吹き替え編集

映画編集

ドラマ編集

アニメ編集

テレビドラマ編集

映画編集

人形劇編集

特撮編集

ナレーション編集

ボイスオーバー編集

プラネタリウム編集

  • あすたむらんど徳島「羊の宇宙」(アルベルト)
  • ピーターパンvsフック船長 〜星空の対決〜(酋長)

その他編集

出典編集

  1. ^ 『日本タレント名鑑(1985年版)』VIPタイムズ社、1984年、26頁。
  2. ^ a b “ONE PIECEのセンゴク役・石森さん死去”. YOMIURI ONLINE読売新聞社. (2013年6月11日). オリジナルの2013年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130618064850/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130611-OYT1T01052.htm 2013年6月11日閲覧。 
  3. ^ a b 石森達幸(いしもりたっこう)の解説”. goo人名事典. 2020年1月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e 廃墟賛歌 軍艦島オデッセイ -廿世紀未来島を歩く- (DVD). オープロジェクト日活.. (2008年12月12日) 
  5. ^ a b c d e f 石森達幸”. アーツビジョン. 2013年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月17日閲覧。
  6. ^ 『日本タレント名鑑(2013年版)』VIPタイムズ社、2013年1月29日、32頁。ISBN 978-4-904674-04-8
  7. ^ a b c 『日本タレント名鑑(2004年版)』VIPタイムズ社、2004年4月8日、31頁。ISBN 978-4-9901242-2-9
  8. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年7月、351頁。ISBN 978-4-41-500878-3
  9. ^ a b おしらせ”. 株式会社アーツビジョン (2013年6月11日). 2015年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月11日閲覧。
  10. ^ a b “声優・石森達幸さんが死去…81歳 『ワンピース』センゴク役など多数”. ORICON STYLE. (2013年6月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2025518/full/ 2020年2月8日閲覧。 
  11. ^ a b 2012apocalypsisの2015年5月27日のツイート2020年6月26日閲覧。
  12. ^ キャリアは60年!”. Nブログ. サイバーエージェント (2010年9月3日). 2013年4月28日閲覧。
  13. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、70頁。
  14. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、19頁。
  15. ^ 科学救助隊テクノボイジャー”. メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。
  16. ^ 緊急発進セイバーキッズ”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  17. ^ 中華一番!”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  18. ^ センゴク”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  19. ^ Bartender”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  20. ^ 喰霊―零―”. メディア芸術データベース. 2016年9月19日閲覧。
  21. ^ 千年女優”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。

外部リンク編集