メインメニューを開く

石橋 尚義(いしばし ひさよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将石橋氏(塩松石橋家)最後の当主。陸奥国安達郡塩松城主。

 
石橋尚義
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正5年(1577年)?
別名 久義
氏族 石橋氏(塩松石橋家)
父母 父:石橋定義
景義泉胤秋
テンプレートを表示

略歴編集

石橋定義の子として誕生。

天文11年(1542年)、奥州諸大名を巻き込んだ伊達氏天文の乱において、尚義は当初伊達稙宗方に立って参戦したが、後に晴宗方に転じた。この間に石橋氏の重臣大内義綱が家中での力を強め、尚義を圧倒するようになり、天文19年(1550年)には義綱によって塩松城二の丸に幽閉され、重臣の石橋四天王(大内・大河内・石川・寺坂)に実権を奪われた。

永禄11年(1568年)、隣国の田村氏に通じた大内義綱・石川有信らによって、尚義は塩松城から追放され塩松石橋氏は滅亡した。

牢人となった尚義は天正5年(1577年)に死去したという。相馬領に逃れた娘は後に相馬家重臣・泉大膳(胤秋)の室となった。