メインメニューを開く

石橋 正次(いしばし しょうじ、1948年11月12日[1][2][4] - )は、日本俳優歌手。本名、石橋 正次(いしばし まさつぐ)[4]

いしばし しょうじ
石橋 正次
本名 石橋 正次(いしばし まさつぐ) 
生年月日 (1948-11-12) 1948年11月12日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市東住吉区
身長 164 cm[1]
血液型 B型[2][3]
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
配偶者 既婚
著名な家族 石橋正高(次男)
事務所 町田英子事務所
主な作品
テレビドラマ
繭子ひとり
飛び出せ!青春
アイアンキング
事件狩り
夜明けの刑事
江戸の激斗
映画
『非行少年 若者の砦』
あしたのジョー
怪異談 生きてゐる小平次
音楽
『夜明けの停車場』

大阪府[1][2][4]大阪市東住吉区出身。大阪電気通信高校(現・大阪電気通信大学高等学校)電子工業科卒業[3][4]ホリプロ[2]、児山美栄事務所[1]などを経て、町田英子事務所所属[5]

目次

来歴・人物編集

高校卒業後、上京[4]1967年10月新国劇に入団し、舞台俳優の道へ[4]

1970年藤田敏八監督に見出され、日活映画『非行少年 若者の砦』の主人公の少年役に起用される[4]。同年、当時の人気最高潮のボクシング劇画あしたのジョー』の舞台化、映画化の双方に主演[4]。また、クラウンレコードから『明日の俺は』で歌手としてもデビュー。

1971年には最高視聴率は55.2%、平均視聴率は47.4%という驚異的な人気を誇ったNHK連続テレビ小説『繭子ひとり』に主人公繭子の生き別れの弟役で出演し、国民的人気となった。

歌手としても『夜明けの停車場』はオリコン3週連続1位、1972年度の年間ランキングでも第11位で49.3万枚を売り上げた大ヒットとなった。同曲で第23回紅白歌合戦に出場している。

学園ドラマ不良少年役から特撮時代劇テレビドラマ助演男優、刑事ドラマ刑事役、舞台俳優など多種多様の活躍を見せるバイプレーヤーであり、映画では名匠・中川信夫監督の『怪異談 生きてゐる小平次』やテレビドラマ『飛び出せ!青春』などが代表作。現在は舞台に主な活躍の場を移している。

脚本家の佐々木守と親交が深く、『アイアンキング』への出演を依頼された時は「佐々木守が脚本を書く」という条件で承諾したという。また、『仮面ライダー』の一文字隼人役で知られる佐々木剛とは親友であり、火事による重傷で俳優業から去っていた彼の舞台復帰にも関わっている(詳細は佐々木の項目を参照)。

既婚で、五男一女あり[4]。子供を家庭菜園や育児を通じて育てることでも知られ、『SWEET BABY』(主婦と生活社)、『子育て6人奮闘記』(日刊スポーツ)などの著書があり、家庭問題のシンポジウムなどで度々発言している[4]。次男は俳優の石橋正高

趣味は、スキー[3]。特技は、柔道[3]殺陣[1]

出演編集

テレビドラマ編集

時期不明作品

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

  • あしたのジョー(1970年、東横劇場) - 主演・矢吹丈
  • 宮本武蔵青春死闘編・龍虎血闘編(1971年、新橋演舞場) - 城太郎
  • 会津士魂外伝・山本覚馬(1991年、前進座
  • 五木ひろし公演 / 喧嘩富士(1992年、松竹新橋演舞場
  • 夢ある限り(1994年、新橋演舞場座長公演)
  • 藤あや子公演(1996年)
  • いじめ白書(1997年、サンシャイン劇場)
  • さよならの約束(1998年、スペース・ゼロ)
  • 伍代夏子公演(1998年 - 2000年)
  • 春日和(1999年、江戸資料館)
  • 水の華(1999年、かつらぎ総合文化会館大ホール)
  • 杉良太郎公演 / 遠山の金さん〜江戸のわらじ唄〜(2001年、明治座)
  • 大地の華(2003年、加茂商工会議所) - 若庄屋大岩金十郎
  • 浅間山(2004年、池袋サンシャイン劇場) - 万次郎
  • ゴッドブレスユー 夜回り先生 〜哀しみのHERO〜(2005年、全国青少年育成文化芸術協議会・劇団スケッチ座) - 主演水谷修(夜回り先生)
  • 侠客(2006年、浅草5656会館) - 会津の小鉄
  • 返り花(2007年、日本橋三越劇場) - 太一
  • 野鴨(2007年、シアター1010ミニシアター)
  • シラノ・ド・ベルジュラック(2011年、池袋サンシャイン劇場)
  • 王女メディア(2012年、世田谷パブリックシアター
  • スポットライト BACK STAGE STORY(2016年、築地本願寺ブディストホール)
  • したたかなオンナ達(2018年、築地本願寺ブディストホール)

音楽編集

シングル編集

  1. あしたの俺は…[注釈 1](1970年9月 コロムビア/SAS-1451)
    作詞:白鳥朝詠/作曲:和田香苗/編曲:荒川康男
    (c/w ある非行少年の手記)
  2. 君とふたり (1971年10月 クラウン/CW-1189)
    作詞:中山大三郎/作曲:石黒ひろかつ/編曲:馬飼野康二
    (c/w あなたはかわいい人だから)
  3. 夜明けの停車場[注釈 2](1972年1月25日 同/CW-1220)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:小山恭弘
    (c/w 今日という日を)
    • MEG-CD 夜明けの停車場 c/w 今日という日を (2012年8月24日 ミュージックグリッド/CRMEG-10158)
  4. 鉄橋をわたると涙がはじまる (1972年6月1日 クラウン/CW-1255)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:小山恭弘
    (c/w ふたりの海辺)
  5. 雪国へおいで (1972年9月2日 同/CW-1270)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:小山恭弘
    (c/w 帰れない旅)
  6. お嫁にもらおう (1973年3月1日 同/CW-1320)
    作詞:千家和也/作曲:叶弦大/編曲:水上卓也
    (c/w 妹とふたり)
  7. 雨あがりの出発 (1973年7月1日 同/CW-1350)
    作詞:ちあき哲也/作曲:叶弦大/編曲:水上卓也
    (c/w 母の待つ故郷)
  8. 朝霧の晴れるまえに (1973年11月25日 同/CW-1393)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:小山恭弘
    (c/w 悲しみのかわくまで)
  9. 夜霧[注釈 3] (1974年6月5日 同/CW-1421)
    作詞:丹古晴己/作曲:五堂新太郎/編曲:斉藤恒夫
    (c/w 顔に朝日がじゃまくさい)
    • ベスト・カップリング・シリーズ 夜明けの停車場 c/w 鉄橋をわたると涙が始まる (1974年5月 同/CW-5031)
    • スーパーカップリング・シリーズ 夜明けの停車場・鉄橋を渡ると涙がはじまる (1998年6月24日 同/CRDN-6013)
  10. 追跡 (1974年8月 同/CW-1439)
    作詞・作曲:米山正夫/編曲:小杉仁三
    (c/w 霧)
  11. 夜明けの街[注釈 4](1974年10月 同/CW-1463)
    作詞:星野哲郎/作曲:叶弦大/編曲:斉藤恒夫
    (c/w 季節のない街)
    • MEG-CD 夜明けの街 c/w 季節のない街 (2014年7月16日 ミュージックグリッド/CRMEG-10234)
  12. 明日 また逢おう (1975年5月 クラウンCW-1488)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:斉藤恒夫
    (c/w 霧ふる海)
  13. 千住大橋 (1975年10月 同/CW-1526)
    作詞:喜多條忠/作曲:叶弦大/編曲:萩田光雄
    (c/w おきざり)
  14. 歩道橋 (1976年4月 同/CW-1562)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:小山恭弘
    (c/w ふたりの道)
  15. あいつ (1976年10月 同/CW-1585)
    作詞:山川啓介/作曲:鏑木創/編曲:青木望
    (c/w 俺たちは明日)
  16. ユトリロ (1976年12月 同/CW-1611)
    作詞:吉岡治/作曲:小林亜星/編曲:小笠原寛
    (c/w 夕陽よ急ぐな)
  17. 昨日にはもどれない (1977年5月 同/CW-1644)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:馬飼野康二
    (c/w 三階D室)
  18. 夜明けの海岸線 (1978年2月 同/CW-1709)
    作詞:丹古晴己/作曲:叶弦大/編曲:小山恭弘
    (c/w 俺の妹よ)
  19. あいつという女 (1978年7月 同/CW-1756)
    作詞:千家和也/作曲:叶弦大/編曲:竜崎孝路
    (c/w おくり雨)

コンパクト盤編集

  1. 夜明けの停車場 他3曲 (1972年 クラウンLW-1320)
  2. 鉄橋をわたると涙が始まる 他3曲 (1972年 同LW-1339)
  3. 雪国へおいで 他3曲 (1972年 同LW-1363)
  4. クラウンエース・ベスト4シリーズ 夜明けの停車場 他3曲 (不詳)
  5. クラウンエース・ベスト4シリーズ 追跡 他3曲 (不詳 同LW-2023)

アルバム編集

  1. 石橋正次〜夜明けの停車場/鉄橋をわたると涙がはじまる〜 (1972年 クラウンGW-6085)
    石橋正次―夜明けの停車場・鉄橋をわたると涙がはじまる (2006年8月2日 ダイキサウンドDAKDICR-2013)
  2. 今日・ありがとう・明日…石橋正次オン・ステージ 国際劇場実況録音盤 (1972年 同GW-8105)
  3. 石橋正次セカンド・アルバム 雨あがりの出発[注釈 5] (1973年 クラウンGW-6138)
    石橋正次2―雨あがりの出発 (2006年8月2日 ダイキサウンドDAKDICR-2014)
  4. 石橋正次ベスト・アルバム (1973年11月 同GW-1012)
  5. 石橋正次ヒット・アルバム 夜霧・追跡 (1974年 クラウンGW-6162)
  6. 石橋正次魅力のすべて(1974年 同GW-2053/4)
  7. 石橋正次ベスト20 (1975年11月 同GWS-7)
  8. 想い出のかけら 石橋正次オリジナル・アルバム (1978年 同GW-6213)
  9. 石橋正次ゴールデン★ベスト (2004年9月17日 同CRCN-20319)
  10. 夜明けの停車場 石橋正次ベスト (2018年1月10日予定 同CRCN-20444)

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1972年 (昭和47年)/第23回 夜明けの停車場 06/23 由紀さおり
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

著書編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 日活新国劇映画『あしたのジョー』主題歌
  2. ^ 第23回NHK紅白歌合戦出場曲
  3. ^ TBS系テレビドラマ『事件狩り』主題歌
  4. ^ TBS系テレビドラマ『夜明けの刑事』主題歌
  5. ^ 台詞:石橋正次・降旗文子

出典編集

  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑2003』 VIPタイムズ社、2003年、23頁。ISBN 4-9901242-1-9
  2. ^ a b c d 『TVスター名鑑'96』 東京ニュース通信社、1995年、100頁。
  3. ^ a b c d 『テレビ・タレント人名事典』第5版、日外アソシエーツ、2001年、92頁。ISBN 978-4816916779
  4. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画人名事典』男優編<上巻>、キネマ旬報社、1996年、114頁。ISBN 978-4873761886
  5. ^ 町田英子事務所”. ナロー. 2018年9月23日閲覧。

外部リンク編集