メインメニューを開く

石橋竜史

石橋 竜史(いしばし りゅうじ、1971年11月9日 - )は、日本政治家広島市議会議員(2期)。元フリーアナウンサーローカルタレント長崎県生まれ、広島県安芸郡府中町出身。

石橋 竜史
いしばし りゅうじ
生年月日 (1971-11-09) 1971年11月9日(46歳)[1]
出生地 日本の旗 日本長崎県
出身校 広島国際学院高等学校
前職 フリーアナウンサー
ローカルタレント
スタジアムDJ
所属政党 無所属
配偶者 あり
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

目次

来歴編集

長崎県で生まれ、幼少時に広島県へ転居。広島国際学院高等学校を卒業した後、大手芸能事務所のホリプロに所属し、テレビ出演やイベントの司会業などを行なう。1995年にはアメリカ合衆国カナダに渡り、現地の国際ラジオ局でDJを務めた。

1998年より、広島県内を中心にフリーアナウンサーとしての活動を開始。2000年よりJリーグサンフレッチェ広島のホームゲームにおけるスタジアムDJを務め、背番号「1484」のレプリカユニフォームをトレードマークにした「DJ 1484」としてサポーターから親しまれた。

2006年より、波田健一いまおかゆう子松藤好典とともに、難病に立ち向かう子とその保護者をサンフレッチェのホームゲームに招待する「スマイルシート」を設立。また、市民団体「ALL FOR HIROSHIMA」を立ち上げ、献血の啓蒙活動や広島のスポーツ振興などに取り組んでいた。

2011年2月に、政治家への転身と、同年4月に行われる広島市議会議員選挙へ安佐南区から立候補することを表明。これに伴い、同年3月末日をもってサンフレッチェの公式スタジアムDJ職を貢藤十六が引き継ぐ[2]。無所属、特定政党の支援なしで選挙戦を戦い、4月10日の投開票では自由民主党の現職候補らを抑えてトップ当選を果たした[3]

当選後は自由民主党系会派の一つである自由民主党・保守クラブに所属し[4]、建設委員会、都市活性化対策特別委員会、広報委員会などで副委員長を担当。政治活動に専念してタレント活動は基本的に行なっていなかったが、2014年の8月には、サンフレッチェ広島の試合(第26節・対サガン鳥栖戦)が台風の影響で順延され、代替開催日が別の仕事と重なってしまった貢藤の代理で、現役議員のまま1試合限りで3年ぶりのスタジアムDJを務めた。

2015年5月に広島市議会議員選挙 2期目の当選を果たす。

人物編集

  • 憧れの人物はエディ・マーフィ[1]
  • サンフレッチェ広島側の得点が決まった直後にゴールコールを叫ぶ。その語尾に1点目は「アオッ!」、2得点目の「イ~ハ~!」、3得点目には「ヤッホー!」を付ける。それ以降は適当。
  • 既婚者、7月7日が結婚記念日。

テレビ編集

過去の出演番組編集

唯一第1回から最終回まで一度も休まず出演した

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ひろしま満点ママ!! プロフィール”. テレビ新広島. 2011年4月11日閲覧。
  2. ^ サンフレッチェ広島 スタジアムDJ交代のお知らせ”. J's GOAL (2011年3月25日). 2011年4月11日閲覧。
  3. ^ 新市議55人決まる 広島市議選”. 中国新聞 (2011年4月11日). 2011年4月11日閲覧。
  4. ^ 広島市議会 - 石橋竜史”. 広島市議会 (2016年5月13日). 2016年5月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集