メインメニューを開く

石橋 貴俊いしばし たかとし1968年9月26日 - )は、北海道石狩支庁浜益郡浜益村(現:石狩市)出身のプロバスケットボール選手、指導者。身長210cm、体重140kg、ポジションはセンター。選手としては1992年から2007年までプレイし、アトランタ五輪予選日本A代表に選ばれた。引退後は指導者に転身し、2017年1月より東京八王子トレインズの指揮を執る。

石橋 貴俊
Takatoshi Ishibashi
Takatoshi Ishibashi(cropped).jpg
東京八王子ビートレインズ HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) センター
身長(現役時) 210cm (6 ft 11 in)
体重(現役時) 140kg (309 lb)
基本情報
愛称 "バシ","ばっさん"
ラテン文字 Takatoshi Ishibashi
誕生日 (1968-09-26) 1968年9月26日(50歳)
日本の旗 日本
出身地 北海道浜益郡浜益村
ドラフト 2006年 18位 
選手経歴
1992-1998
1998-2000
2000-2007
日鉱共石/ジャパンエナジー
大日本印刷
富山グラウジーズ
指導者経歴
2008-2009
2010-2011
2012-2013
2013-2014
2014-2017
2017
富山グラウジーズ
滋賀レイクスターズ
信州ブレイブウォリアーズ
埼玉ブロンコス
和歌山トライアンズ
東京八王子トレインズ
代表歴
キャップ 日本A代表(アトランタ五輪予選)

目次

経歴編集

浜益村立浜益中学校(現:石狩市立浜益中学校)卒業後、札幌開成高校に進学し、北海学園大学に進学。

日本リーグ編集

北海学園大学を卒業後、日鉱共石(後のジャパンエナジー)に入社、同社のバスケットボール部に入部。1992年には日本リーグ男子1部の新人王を受賞。 1995年にはアトランタ五輪予選の日本A代表に選出。

後、大日本印刷イーグルスへ移籍するが、2000年に廃部したため、クラブチームの富山グラウジーズに加入。

bjリーグ編集

2006年度に富山グラウジーズがプロチーム化して、日本初のプロバスケットボールリーグbjリーグに新規参入。ドラフト会議では富山から4巡目、全体で18番目の指名を受けて、引き続き富山に所属。

bjリーグ参入当初はレギュラーだったが、シーズン前にジェロッド・ワードが加入し出場機会が減少。しかし、bjリーグ1の日本人ビッグマンで、富山グラウジーズ屈指の人気選手の一人であった。

朱鷺メッセには、深い思い入れがあるという。当時JBLスーパーリーグに所属していた新潟アルビレックスBBの試合を堀川竜一ら当時のチームメートと観戦し、「他のJBLのチームと違い、演出、客の盛り上がり、試合内容どれをとっても僕が夢見た空間」と自身のブログで語っている。

2000年、大日本印刷所属時に『笑っていいとも!』に出演。富山グラウジーズ入団後の2007年2月15日にも、『笑っていいとも!』の「人間プロファイリング ハメ込みナンバーズ」に出演し、ゲスト解答者の辻希美(身長151cm)との身長59cm差の共演を果たす。

指導者として編集

2006-07シーズンをもって現役を引退した後は、バスケットの技術指導を行ったり、キッザニア東京のイベントに参加するなど、バスケットボールの普及活動を中心に行っている。また、2007年11月10日に沖縄テレビで生中継された、琉球ゴールデンキングスVS埼玉ブロンコスの解説を担当し、解説者としての初仕事を行った。また、12月2日には、GAORAで生中継された大阪エヴェッサ新潟アルビレックスBBの試合の解説も担当した。富山グラウジーズ関係では、育成コーチとして、グラウジーズが主催するイベントに参加したり、公式戦の暫定アリーナDJ(通称MCバシ)としても活躍している。

2008年12月9日、富山グラウジーズヘッドコーチに就任。就任直後にチーム史上初のbjリーグ戦4連勝を達成した。シーズン終了後に退団。

2009年、滋賀レイクスターズアシスタントコーチに就任。2010年よりヘッドコーチに昇格。シーズン中一時期首位に立ったがその後陥落、後半戦に入り5連敗を喫したところで解任された。

2011年オフ、信州ブレイブウォリアーズのコーチに就任。2012年よりヘッドコーチに昇格。

2013年オフ、信州のヘッドコーチを退任し、埼玉ブロンコスのヘッドコーチに就任するも、1シーズンのみで退任[1]

2014年7月1日付でNBL和歌山トライアンズPR大使に就任[2]。9月にはアシスタントコーチとしても契約することとなった[3]。シーズン開幕後の11月30日にヘッドコーチに昇格した[4]

2014-15シーズンをもって和歌山がNBLを退会し、リーグ無所属となった後も、引き続き和歌山のアンバサダーを務める[5]。2016年2月・3日に広島ライトニングのHC代行を務め、3月5日・6日にはライジング福岡のHC代行を務めた。両チームとも前HC退団に伴う応急措置で、石橋は和歌山に籍を残したまま短期契約で両チームの指揮を執った[6]

2017年1月、石橋は和歌山との契約を終え[7]東京八王子トレインズのヘッドコーチに就任した[8]

脚注編集

  1. ^ 石橋ヘッドコーチ契約満了のお知らせ”. 埼玉ブロンコス TOPICS最新情報 (2014年5月27日). 2014年6月4日閲覧。
  2. ^ 元バスケットボール日本代表石橋貴俊氏和歌山トライアンズPR大使就任のお知らせ和歌山トライアンズ2014年6月27日
  3. ^ “石橋貴俊 2014-2015シーズン 和歌山トライアンズ アシスタントコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 和歌山トライアンズ, (2014年9月4日), http://www.trians.jp/news/detail/2014-09-01/2833 2014年9月5日閲覧。 
  4. ^ “石橋貴俊アシスタントコーチ 和歌山トライアンズヘッドコーチ昇格のお知らせ” (プレスリリース), 和歌山トライアンズ, (2014年11月30日), http://www.trians.jp/news/detail/2014-11-30/2985 2014年11月30日閲覧。 
  5. ^ “和歌る?紀になる!:バスケットボール トライアンズ、新リーグ参入29日に可否発表 実績重ね再建一歩ずつ” (プレスリリース), 毎日新聞, (2015年8月23日), http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20150823ddlk30050259000c.html 2015年8月24日閲覧。 
  6. ^ プロバスケットボール運営委員会2016年3月7日
  7. ^ “石橋貴俊HC契約終了のお知らせ” (プレスリリース), 和歌山トライアンズ, (2017年1月5日), http://w-trians.com/2017/01/05/news-21/ 2017年1月5日閲覧。 
  8. ^ “【ヘッドコーチ交代のお知らせ】” (プレスリリース), 東京八王子トレインズ, (2017年1月5日), http://trains.co.jp/team-info/2180/ 2017年1月5日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集