石橋阪大前駅東口 左の空き地はタクシーの待避所

石橋(いしばし)は、大阪府池田市及び豊中市地名。広義では周辺一帯も指す。石橋には含まれないが箕面市南端部も迫っており、付近では3市が境を接している。

阪急宝塚本線箕面線が分岐し国道171号国道176号も交差する交通の結節点。また東側の待兼山大阪大学豊中キャンパスがあることから、学生街として賑わっている。

歴史編集

  • 西国街道能勢街道の結節点「瀬川宿」として古くから栄えていた。両街道の交わるところに石の橋がかかっていたため石橋と呼ばれたとされ、その石材は池田市立石橋南小学校の前庭に展示されている。
  • 1910年3月10日に箕面有馬電気軌道(後の阪急)が開通した際、当地が宝塚方面と箕面方面の分岐点となり石橋(現:石橋阪大前)駅が設置されたため、鉄道の結節点としても重要な役割を担うようになった。石橋駅は、阪急の歴史で最も古い駅の一つに属する。
  • 待兼山には1926年旧制浪速高等学校、更に旧制大阪帝国大学学舎が設けられ、学生街・石橋の歴史が始まる。戦後に入るとこれらは統合されて新制大阪大学となり、学部も増加した。
  • 現在西口に広がる商店街は戦前からの店舗もあるが、戦後ヤミ市が定着したものもある。
  • 高度成長期に入ると周囲は大阪市衛星都市と化し、人口が急増。ただ石橋近辺にも企業や学校、商業施設が多く立地しているため、一方的な昼間人口減少とはならず、石橋へ流入する逆の流れも生じた。

現状編集

  • 石橋阪大前駅は宝塚本線と箕面線の分岐間にある東口が表口と言えるものの、概して市街地の道が非常に狭い。更にはその狭い駅前へタクシーや配送の商用車が乗り入れて来るため、交通上危険である。東口一帯は商業街で、商店や飲食店、居酒屋、パチンコ屋、本屋などがひしめき合っている。大阪大学の学生街でもある。
  • 駅西口には、宝塚本線西側に沿って商店街がある。街の西外れを区切るように、箕面川が南西流している。
  • 国道171号と国道176号が交わる石橋阪大下交差点から東へ入る細い道が阪大坂と呼ばれる坂道で、これを登ると大阪大学豊中キャンパスの石橋門(門の名は殆ど認知されていない)に至る。
  • 国道171号、国道176号とも石橋近辺で阪急各線をオーバーパスしている上、阪急の箕面線と宝塚本線が当地で平面複分岐している。

地名編集

 
阪大坂
  • 池田市 石橋1 - 4丁目
  • 豊中市 石橋麻田町(飛地

交通編集

鉄道編集

バス編集

いずれも、西口からやや離れた位置に立地する。

道路編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 公園、道路の現況”. 池田市. 2019年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c 廃止箇所図”. 池田市. 2019年12月6日閲覧。