メインメニューを開く

石河 英夫(いしかわ ひでお、1910年5月 - 1998年5月)は、日本会計学者小樽商科大学名誉教授。元札幌学院大学学長北海道小樽市出身。高瀬荘太郎門下。

目次

来歴編集

日本会計学会理事や北海道経済学会代表理事なども務めた他、北海道大学北見工業大学北海学園大学札幌大学専修大学北海道短期大学札幌短期大学など多くの非常勤講師も務めた。

研究領域編集

専門は会計学。特に中小機械工業や航空機工業に関する業界の会計学的考察を研究

受賞歴編集

著書編集

  • 『商業簿記論』(新星社, 1952年)
  • 『商業簿記要論』(お茶の水書房, 1953年)
  • 『会計の本質と機能』(共著, 森山書店, 1955年)

参考文献編集

『札幌学院 商経論集 第2巻第3号』(札幌学院大学商経学会、1986年)

先代:
林茂司
札幌商科大学学長
第3代: 1976年 - 1982年
次代:
足羽進三郎