メインメニューを開く

石津神社(いしづじんじゃ)は、大阪府堺市堺区にある神社である。

石津神社
Ishizu-jinja haiden.jpg
所在地 大阪府堺市堺区石津町1丁15-21
位置 北緯34度33分15.8秒
東経135度27分44.1秒
座標: 北緯34度33分15.8秒 東経135度27分44.1秒
主祭神 八重事代主神
大己貴神
天穂日神
社格 式内社(小)
創建 (伝)孝昭天皇7年8月10日(紀元前469年
本殿の様式 春日造
例祭 10月4日5日
テンプレートを表示

目次

概要編集

式内社石津太神社(いわつのおおじんじゃ)に比定される。石津太神社については、同市西区浜寺石津町中の石津太神社(いわつたじんじゃ)も論社となっており、元々はどちらかが本社、どちらかが御旅所か分社であったと考えられている。両社とも八重事代主神(戎神)降臨の地として、「日本最古の戎宮」を称している。えびす神は一般的に耳が遠いとされており、石津神社では、本殿横に木槌で叩いて願い事を唱える板が設置されている。大祓(おおはらえ)の時期には茅の輪が備えられる。

祭神編集

八重事代主神大己貴神天穂日神を主祭神とする。境内社に、野見宿禰を祀る宿禰神社と菅原道真を祀る天満宮がある。

明治時代の神社合祀で、神石村大字市の六所神社を合祀したため、同社の祭神であった誉田別神伊邪那美神白山比賣神水分神、高野神、高龗神も祀っている。

歴史編集

社伝では、八重事代主神が五色の石を携えてこの地に降臨したとしており、そこから石津の地名ができたという。孝昭天皇7年8月10日に勅願により創建され、垂仁天皇の時代に天穂日命の子孫である野見宿禰を神主としたとしている。

八重事代主神が携えた石は神社の前に埋められており、天変地異のあるときには地面から出て浮き上がると伝えられる。

蛭子命が漂着されたと伝承される御旅所石津川北岸の元海岸の地にある。

ギャラリー編集

アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集