メインメニューを開く

石浜城(いしはまじょう)は、中世の浅草付近にあった日本の城

logo
石浜城
東京都
城郭構造 不明
築城主 不明
築城年 不明
主な城主 千葉氏
廃城年 不明
遺構 なし
指定文化財 なし

目次

歴史編集

石浜は浅草の北側にある古利根川(現在の隅田川)右岸地域の呼称であり、この付近に武蔵国と下総国の境目をつなぐ「隅田の渡し」があったとされている。築城年次は不明であるが、中世には江戸氏一族の石浜氏が本拠を構え、文和元年(1352年)には、新田義興の追撃を受けた足利尊氏がこの地で武蔵平一揆に迎えられて追撃を退けている。

室町時代中期の享徳の乱に伴って発生した千葉氏の内紛では、宗家の生き残りである千葉実胤千葉兼胤の孫)が下総国を追われて扇谷上杉家の庇護下に入り、石浜城を拠点とした(武蔵千葉氏)。この際、弟の自胤赤塚城に逃れている。だが、下総回復は達成できず、扇谷上杉家の没落後は後北条氏に従って同氏一族の千葉胤村を当主に迎え、豊臣政権小田原征伐によって没落、石浜城も廃城となった。

曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』に登場する。

所在地編集

 
明治中期の待乳山

城の所在地については、関東大震災以前に台東区橋場にあった総泉寺が武蔵千葉氏の菩提寺で、石浜城もその側にあったとされているが、荒川区南千住石浜神社付近にあったとする説と、台東区浅草の本龍院(待乳山聖天)付近にあったとする説に分かれており、江戸時代以後の古利根川→隅田川の流路の変化や都市化の進展によって付近の地形も大きく変わっており、遺構なども見つかっていない。

「新修荒川区史」は、石浜神社の神官が千葉氏の一族である鏑木氏によって世襲されていることから、前者の説を主張している。「東京市史稿」は、「石浜城の跡今の金龍山にて、聖天宮なり」として本龍院説をとり、「大日本地名辞書」「望海毎伝」も後者の説を載せている。

中世を通じて同一の場所に石浜城があったのか、また城そのものの規模についても不明のままである。

参考文献編集

  • 「日本城郭大系 第5巻」

関連項目編集