石渡敏一

石渡 敏一(いしわたり びんいち[注釈 1]1859年12月19日安政6年11月26日[1]) - 1937年昭和12年)11月18日)は、官僚政治家法学博士大審院検事司法次官貴族院勅選議員枢密顧問官法典調査会刑法起草委員。位階・勲等は正三位勲一等[2]江戸(後の東京)出身。石渡荘太郎の父。

石渡 敏一
いしわたり びんいち
Ishiwatari Bin-ichi.jpg
石渡敏一
生年月日 1859年12月19日
安政6年11月26日
出生地 武蔵国江戸
没年月日 1937年昭和12年)11月18日
出身校 東京大学法学部
称号 栄典参照

内閣 第1次西園寺内閣
在任期間 1906年1月7日 - 1908年1月4日
テンプレートを表示

目次

経歴編集

江戸で幕臣・軍艦役並、石渡栄次郎の長男として生まれる[1]1874年(明治7年)慶應義塾に入り1876年(明治9年)卒業。1879年(明治12年)9月東京大学法学部に入り、1884年(明治17年)7月に同大学英法科を卒業した。同年8月司法省に入省し、記録局翻訳課詰となる[注釈 2]

1886年(明治19年)欧州留学、帰国後東京控訴院検事、大審院検事、1899年(明治32年)ベルギーの万国監獄会議派遣、同年4月に慶應義塾大学法学部政治科教授(刑法担当)。民事局長、司法次官を経て1906年(明治39年)第1次西園寺内閣内閣書記官長。辞任後、1907年12月10日、貴族院勅選議員に任じられた[3]1912年4月9日、錦鶏間祗候となる[4]。後に東京瓦斯会社社長。1934年(昭和9年)枢密顧問官となる。

学校法人日本大学第一学園の創立の功労者。

栄典編集

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『慶應義塾入社帳 第1巻』676頁には「イシワタ トシカツ」とふりがなが付されている。慶應義塾に入った時点で本人が申告した姓名の読みである。
  2. ^ 『樞密院高等官履歴【第六巻】昭和ノ二、東京大学出版会、1997年、115頁によると、東京大学から「法学士ノ学位ヲ授与」されたのは1884年(明治17年)10月10日となっている。三田商業研究会『慶應義塾出身名流列伝』(実業之世界社、1909年)「石渡敏一」の項には「明治七年慶應義塾に入り九年卒業し、築地のマニラー氏に従ひて英学を修め、次いで大学予備門に入る」とある。『慶應義塾入社帳 第1巻』676頁は「社中ニ入タル月日」を明治7年9月3日と記している。付官立東京英語学校と東京開成学校普通科を合併し東京大学予備門が成立したのは1877年(明治10年)4月であり、新体制で学生を受け入れたのは同年9月の新学期からであった。東京大学予備門の4学年のうち、卒業まで2年を残す上級学年へ編入した可能性が高い。

出典編集

  1. ^ a b 『日本近現代人物履歴事典』48頁。
  2. ^ 『官報』 第3267号 昭和12年11月20日 「叙任及辞令」
  3. ^ 『官報』第7337号、明治40年12月11日。
  4. ^ 『官報』第8639号、明治45年4月10日。
  5. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  7. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献編集


公職
先代:
柴田家門
  内閣書記官長
第13代:1906 - 1908
次代:
南弘