石濱 恒夫(いしはま つねお、1923年2月24日 - 2004年1月9日、80歳没)は、日本文学者石浜 恒夫とも表記。

経歴編集

大阪市出身。父は歴史学者東洋史学)の石濱純太郎従兄藤沢桓夫がいる。

大阪高等学校 (旧制)を経て、東京帝国大学文学部美術史学科在学中から父の友人であった織田作之助などの影響を受けて文学を志し、大学卒業後に川端康成に弟子入りし、鎌倉の川端の私邸に住み込み師事した。1968年に川端がノーベル文学賞を受賞した際には、ストックホルムでの授賞式に同行している。

また、大学在学中に学徒出陣召集され、陸軍戦車学校に入り、戦車部隊配属となる。その部隊で一緒だったのが司馬遼太郎であり、石濱と司馬はこの時以来、司馬が亡くなるまで親交が深かった。

1946年に文学同人誌『文学雑誌』に参加し、小説家としての活動を始める。1953年に発表した「らぷそでい・いん・ぶるう」が芥川賞候補となった。

歌謡曲作詞も手がけ、地元大阪を舞台とした数々のヒット曲を世に送り出した。テレビドラマ脚本も数多く手がけた。

若い頃からヨットマンとしても知られ[要出典]1977年には13歳の娘・紅子他1人と共に、ヨット大西洋を無寄港で横断した[1]

2004年1月9日肺癌のために死去。80歳没。

作品編集

  • 「王さまとおうむ」学校劇 上学年 新興出版社 1948.9
  • 「たのしい広場」(1949年)
  • 「みづからを売らず」(1949年)
  • 「らぷそでい・いん・ぶるう」(1953年)
  • 「背番号ゼロ―現代怪談集」 六月社(1956年)
  • 「日本アンデルセン」 六月社 1958
  • 「流転」 創元社(1960年)
  • 「大阪ろまん」 全国書房 1967
  • 「遠い星―早川徳次伝」 春陽文庫(1972年)
  • 「追憶の川端康成 ノーベル紀行」 文研出版 1973
  • 「メルヘン動物園」 日本教文社 1977
  • 「ふぁざあぐうすの海 父とひとり娘の大西洋横断記」 学習研究社(1978年)
  • 「ペリカンのぶとうかい」 三芽出版 1981.7
  • 「大阪詩情 住吉日記・ミナミーわが街」 朋興社 1983.8

詩集編集

  • 「詩集 道頓堀左岸」(1967年)
  • 「詩集 地球上自由人」(1976年)

共著編集

歌謡曲編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ 朝日新聞東京版(朝刊1977年9月6日 23面。

関連項目編集