メインメニューを開く
『石狩川』文学碑

石狩川』(いしかりがわ)は、本庄陸男1938年から翌年にかけて執筆した長編小説である。

大井広介らの同人誌『槐(えんじゅ)』に1938年9月[1巻3号]から1939年3月[2巻3号]まで連載された。この間、第8回芥川賞(1938年下半期)予選候補に選ばれる[1]。加筆し、後半部を追加した後、1939年5月に大観堂書店から単行本『石狩川』第1部として刊行された[2]。未完のまま作者が病死したとされる。1939年村山知義の脚色・演出のもとで、新協劇団により舞台化された。戦後も再刊、増刷され、1947年には60版を数えている[3]

あらすじ編集

1871年(明治4年)5月、明治政府から開拓の許諾を得た、仙台藩岩出山支藩の家老阿賀妻謙は、藩の家臣たち43世帯161名の人々とともに、北海道開拓に挑む。鬱蒼と生い茂った樹々や藪に阻まれながらの開墾が始まるが、特に家臣が苦しんだのは、氾濫を重ねる石狩川をはじめとする河川との闘いであった。開拓地を巡る役人との折衝、厳しい請負工事の模様なども精巧な叙述によって描かれている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集