石田 冷雲(いしだ れいうん、文政5年(1822年)6月 - 明治18年(1885年6月6日)は幕末・明治の浄土真宗の僧。紀伊国有田郡栖原村極楽寺13世[4]。漢詩を嗜んで諸家と交流し、幕末には京都で活動した。地元に開いた就正塾(後に敬業家塾)で経史、西本願寺学林で宗学を教えた。

石田 冷雲
文政5年(1822年)6月 - 明治18年(1885年6月6日
[1]
碩宗(字)[1]、審易窩・楽邦隠士(号)[2]
通玄[3]・通元[2]
諡号 至誠院
尊称 上人
生地 紀伊国有田郡栖原村
没地 京都府京都
宗旨 浄土真宗
宗派 本願寺派
寺院 極楽寺
芳英師
弟子 関本諦承浅井宗恵是山恵覚藤島了穏鈴木法琛天野若円菅洪範伊井智量
著作 『冷雲詩鈔』
施無畏寺

生涯編集

江戸時代編集

文政5年(1822年)6月紀伊国有田郡栖原村に生まれた[2]。幼少期は病弱だった[5]。15歳で湯浅村野呂松盧に入門し、5年間師事した[6]天保9年(1838年)父を喪い[7]西本願寺宗主から度牒を受けた[6]。松盧が京都に移った際には家業のため同行できず、松盧は間もなく京都で死去した[6]

西本願寺学林に在籍し、毎年90日間夏安居に参加し[6]、芳英師に宗学を学んだ[5]。16年で得業して藹満となった[6]。また、若い頃から漢詩を試み、垣内渓琴の紹介で大槻磐渓菊池三渓に通信指導を受けた[6]。安居の余暇には京都・大坂を行き来し、渓琴の紹介で梁川星巌梅辻春樵仁科白谷等に接し、漢詩を研鑽した[6]

20歳頃から生徒が集まり[5]、極楽寺本堂内に就正塾を開校した[8]。小柄な体格ながら武術にも励み[9]、20歳で野田昌助から本心鏡智流槍術[7]安政3年(1856年)海上胤平から北辰一刀流剣術の免許を皆伝された[7]。塾にも稽古場を設け、剣術・槍術を鍛錬させた[7]。家老久野家屋敷で相撲(剣術とも[5])を披露したことや[9]北畠道竜嵐山で花見をした際、酒が入って口論となり、真剣勝負をしようとして周囲に止められたこともあった[9]

幕末には菊池海荘紀淡海峡防衛について画策し、梅田雲浜横井小楠佐久間象山等と交わり[7]、公卿大原重徳庭田重胤に献策し[5]裏辻公愛の御殿にも招かれた[10]月性上人が紀州に来訪した際には紀州藩家老に取り次いだ[9]

堺筋御門内[5]大原家屋敷に出入りしていた頃、備前国吉備津彦神社の兵学者山田(結城とも[5])一郎が開港論を唱えて度々浪士に襲撃され、邸内に避難して来た[11]。外を浪士に見張られる中、冷雲は一郎の体を赤く塗って手に履物を、由良守応には刀2本を挿して提灯を持たせ、自分の従者に変装させた上[5]、自身は法服を着て、出家の法要に出かけるふりをして門外に護送し、紀州に連れ帰った[11]。しかし、慶応元年(1865年)一郎・海荘と帰京する途中、竹田街道で浪士1名に襲撃され、結局先頭にいた一郎が殺されたという[9]

明治元年(1868年)冬津田正臣と上京し、藩の任務を行った[12]

明治時代編集

 
1884年(明治17年)5月富岡鉄崖画「審易窩図」 寺の書斎を陶淵明「帰去来の辞」[13]に因み審易窩と号した[14]

明治維新後、寺から4,5町離れた所に[15]塾舎を新築し[8]、敬業家塾と称し、塾則を制定して経史を教えた[16]。近隣の通学生のほか、日高郡牟婁郡等遠方からも生徒が集まり、境内に寄宿させた[17]。塾からは楠本武俊木下友三郎菊池晩香[15]関本諦承[8]等が輩出した。

明治2年(1869年)春[2]、西本願寺学林で宗典を講義した[10]。明治4年(1871年)寺を法嗣に譲り、隠居して詩吟に勤しんだ[6]。1873年(明治6年)頃政府に徴士に招聘されたが、断った[9]

1875年(明治8年)宗内で協和党と分離党が対立すると[6]東京築地本願寺に移った[10]。5月15日亀沢町の大槻磐渓宅を訪れ、初めて対面した[6]。5ヶ月後対立が収束すると帰還した[6]

1879年(明治12年)真宗西山教校教授、明治14年(1881年)大教校講師となり[2]浅井宗恵是山恵覚藤島了穏鈴木法琛天野若円菅洪範伊井智量等を教えた[18]。この頃、薗田宗恵藤島了穏浜口吉右衛門楠本武俊木下友三郎等と施無畏寺明恵上人遺跡地碑を建立した[18]。また、京都に移住してきた菊池三渓や、宮原節斎・山中信天翁[19]、宗内では水原宏遠鬼木沃洲赤松連城・香川保蒐・小山定栄・島地黙雷前田慧雲等と交流した[18]

1885年(明治18年)6月6日岸田屋楼上で[19]眼鏡を着けて生徒の作文を添削中、卒中により急死した[12]。勧学中臣俊嶺により鳥辺野に葬送され[19]、宗主により司教の学階、至誠院の諡号を贈られた[2]。栖原村北山墓地に葬られ[10]施無畏寺境内に菊池晩香撰・妻木薫園書「至誠院冷雲碑」が建てられた[2]

『冷雲詩鈔』編集

1884年(明治17年)刊。黎庶昌題字、三島中洲蒲生綗亭菊池三渓序。垣内渓琴垣内霞峰津田香岩倉田袖岡新宮榴渓浜口梧陵奥蘭田大槻磐渓菊池三渓石津灌園北村季渓草場船山小山亀陰小野湖山山中信天翁等との交流が見える[12]。孫妻木直良編『真宗全書』第48巻収録。

巻中「海溢」では嘉永7年(1854年)11月体験した安政南海地震による津波災害について描写する。

歳在甲寅、嘉永七。冬十一月初五日。日仄過申、天黯澹。坤軸大震、海水溢。宝永曽聞、海嘯災。父老相伝、為口実。距今百四十八年。耳側心寒、懐悼慄。水、復何疑。是日目睹事、可筆。初聞、海底訇匉響。山壑答譍、百雷疾。何物嘯号、鳴不平。嘘噏元気、恣怒叱。須臾𣺰𣶞、立如山。突兀雲崩、勢蕩汨。鯨跋鼉擲、簸鱗族。潮頭呑陸、万弩発。里閭伝呼、鶏犬乱。扶老提幼、疾奔逸。門巷雑沓、避牛馬。室家急難、誡狼跋。往往啼哭、声裂耳。姉妹昆季、或相失。幸不為魚、即猿狖。山遁林竄、求儔匹。茲時夜黒、星斗高。毛豎股戦、魂怳惚。衣裳沾湿、班草荊。坐待、東方寒日出。日出杲杲、何所見。盛怒一霽、気瑟瑟。碧帰大壑、波浪細。白蝕田原、塩土凸。角槍題柱、腹背貫。敗舟狼藉、膠不抜。崩沙壊岸、無寸青。冤魂鬼哭、陸沈骨。薪木漂蕩、杼柚空。釜竈不爨、井不繘。村落数里、似寒食。菜色人哭、県罄室。隣並相弔、涕涙傾。児不洗沐、婦不櫛。吁嗟、天威警盈満。胡為荼毒傷民物。満目惨悽、難覼縷。聊付後人、命不律。

— 『冷雲詩鈔』巻中「海溢」

親族編集

  • 父:石田藻洲(通津) - 古碧吟社同人。天保9年(1838年)8月24日70歳で没[7]
    • 兄弟7人 – 皆早世した[6]
    • 姉1人 – 他家に嫁いだ[6]
  • 妻:妻木氏 - 4男3女を生んだ[2]
    • 長男:石田真詮 - 家を継いだ[2]。敬業家塾で代講し、冷雲の「老先生」に対して「若先生」と呼ばれた[8]
    • 次男:妻木薫園(竺暢[20]) - 湯浅村本勝寺を継いだ[10]
    • 子:三原法城[22] - 薗村浄国寺を継いだ[23]
    • 子:浜口興敬[22]

脚注編集

  1. ^ a b 前田 1894, p. 182.
  2. ^ a b c d e f g h i 湯浅町 1967, p. 967.
  3. ^ 有田郡 1915, p. 457.
  4. ^ 湯浅町 1967, p. 570.
  5. ^ a b c d e f g h 有田郡 1915, p. 458.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 妻木 1909, p. 39.
  7. ^ a b c d e f 湯浅町 1967, p. 823.
  8. ^ a b c d 湯浅町 1967, p. 571.
  9. ^ a b c d e f 妻木 1909, p. 37.
  10. ^ a b c d e 湯浅町 1967, p. 824.
  11. ^ a b 妻木 1909, pp. 36-37.
  12. ^ a b c 有田郡 1915, p. 459.
  13. ^ 南窗に倚りて以て傲を寄せ、膝を容るるの安んじ易きを審らかにす。
  14. ^ 『冷雲詩鈔』巻上「審易窩図記」
  15. ^ a b 妻木 1909, p. 36.
  16. ^ 樋口 1914, pp. 54-55.
  17. ^ 湯浅町 1967, pp. 570-571.
  18. ^ a b c 妻木 1909, p. 38.
  19. ^ a b c 妻木 1909, p. 40.
  20. ^ 湯浅町 1967, p. 968.
  21. ^ 妻木 1909.
  22. ^ a b 『冷雲詩鈔』巻下38オ
  23. ^ 樋口 1914, p. 53.

参考文献編集

外部リンク編集