メインメニューを開く

石田 友雄(いしだ ともお、1931年12月14日[1]- )は、日本の聖書学者筑波大学名誉教授

東京府(現世田谷区)生まれ。1954年早稲田大学政経学部卒。1975年ヘブライ大学博士号取得。20年近くドイツとイスラエルで暮らし、1976年筑波大学助教授、84年教授、副学長、95年定年退官、名誉教授。妻はオルガニストの石田一子(2008年12月30日没)。1980年「つくばバッハ合唱団・合奏団」を創設、1985年つくばに私塾「バッハの森」を創設。

日本赤軍テルアビブ空港乱射事件の際たまたま空港にいて、岡本公三の通訳を務めた[2]

目次

著書編集

  • 『ユダヤ民族の悲劇と栄光 歴史学者から現実への提言』六興出版 1974
  • ユダヤ人と中東問題』六興出版 ロッコウブックス 1978
  • 『ユダヤ教史』山川出版社 世界宗教史叢書 1980
  • 『聖書を読みとく 天地創造からバベルの塔まで』草思社 2004
  • 『ユダヤ教史 聖書の民の歴史』山川出版社 2013
共著

翻訳編集

  • P.E.ラピード『シャロームシャローム』六興出版 1973
  • H.H.ベンサソン編『ユダヤ民族史』全6巻 日本語版総編集:六興出版 1976-1978
  • D.アーノルド『バッハ』石田一子共訳 教文館 コンパクト評伝シリーズ 1994
  • 『タルムード モエードの巻 ローシュ・ハ・シャナー篇』山田恵子訳 石田編 三貴 1997
  • ポール・ジョンソン『ユダヤ人の歴史』監修 阿川尚之池田潤、山田恵子訳 徳間書店 1999 のち文庫

参考編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 日本赤軍テルアビブ空港事件