メインメニューを開く

石田 瑞穂(いしだ みずほ、女性、1988年1月22日 - )は、日本バレーボール選手。V.LEAGUE Division1のデンソー・エアリービーズに所属している[1]

石田 瑞穂
Mizuho Ishida
デンソー・エアリービーズ  No.22
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-01-22) 1988年1月22日(31歳)
出身地 群馬県富岡市
ラテン文字 Mizuho Ishida
身長 174cm
体重 67kg
血液型 A型
選手情報
所属 デンソー・エアリービーズ
愛称 ミホ
ポジション WS
指高 220cm
利き手
スパイク 301cm
ブロック 280cm
 
獲得メダル
世界選手権
2010 女子バレーボール
テンプレートを表示

目次

来歴

群馬県富岡市出身。祖父と父が陸上競技選手というスポーツ一家に生まれ、母親がママさんバレーをしていた影響で、小学校3年生からバレーボールを始める。中学3年次にはJOC杯で県代表メンバーに選抜される。

高崎商科大学附属高等学校では2004年2005年春高バレーなどに出場し、主将として2006年アジアジュニア選手権(準優勝)、2007年世界ジュニア選手権(3位)に貢献した。

高校卒業時に、プレミアリーグの2チームからオファーがあり、練習環境が故郷に似た武富士バンブーに入部する。

2009年5月、武富士バンブーの廃部に伴い、同年7月、久光製薬スプリングスに移籍。武富士時代のニックネームは「ミホ」だったが、スプリングスに同じニックネームを持つ筒井視穂子が在籍していた為、「ミズホ」に変更(ただし、迫田さおりなど親交のある他チームの選手の中には現在も「ミホ」の愛称を用いている者もいる[2])。

2009年4月全日本女子代表メンバーに登録され、2010年11月、世界選手権に出場し、銅メダル獲得に貢献した[3]

2012年6月、ロンドンオリンピックの代表メンバーには漏れたが眞鍋政義監督の要請でリザーブメンバーに選出され、チームと帯同することになり[4][2]、チームのサポートにあたっていたが、開会式の日に母が危篤状態であるとの知らせを受けて帰国[2]。この大会の女子バレーボールで日本は銅メダルを獲得したが、迫田は準々決勝からの3試合、石田のユニホームを自分のユニホームの下に重ね着して試合に臨んでいた[2]

2014年6月、久光製薬からの退団が発表され[5]デンソー・エアリービーズに移籍した[6]。しかし、2014/15V・プレミアリーグにはメンバー登録されず、2014-15シーズンはリーグ戦出場不可であることを余儀なくされた[7]2015-16シーズンよりVリーグ登録され、チーム主将も務める[8]

2016/17シーズンには、V・チャレンジリーグI優勝に貢献。アワードではVリーグ栄誉賞(長期活躍選手)の栄誉に浴した[9]。また主将としてV・チャレンジマッチに勝利して再びプレミアリーグ昇格へと導いた。

球歴

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[10]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2006/07 武富士 27 96 376 136 36.2% % 19 0.20 226 3 1.33% 6.5% 425 60.7% 158
2007/08 27 105 777 273 35.1% % 30 0.29 353 17 4.82% 13.6% 428 49.5% 320
2008/09 27 94 1076 337 31.3% % 25 0.27 268 13 4.85% 9.4% 285 59.3% 375
2009/10 久光製薬 27 95 873 324 37.1% % 41 0.43 379 21 5.54% 16.1% 616 60.9% 386
2010/11 26 104 932 312 33.5% % 31 0.30 396 15 3.79% 11.7% 714 66.7% 358
2011/12 21 86 878 311 35.4% % 29 0.34 306 18 5.88% 14.1% 314 56.7% 358
2012/13 28 55 551 200 36.3% % 14 0.25 167 11 6.59% 15.1% 150 64.7% 225
2013/14 28 65 484 163 33.7% % 12 0.18 147 8 5.44% 13.8% 218 64.2% 183
2014/15 デンソー % % % % % Vリーグ未登録
2015/16 18 62 563 174 30.9% % 16 0.26 237 9 3.80% 12.5% 108 58.3% 199
2016/17 チャレンジリーグIのため、記録を記載せず
2017/18 21 77 581 198 34.1% % 34 0.44 245 20 % 13.9% 63.0 46.0% 252
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ デンソー・エアリービーズ. “石田瑞穂”. 2018年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c d サンケイスポーツ. “選手起用ズバリ!迫田爆発23得点”. 2012年8月13日閲覧。
  3. ^ 世界選手権エントリーメンバー14名のうち、ベンチに入れるのは、各試合ごとに12名。石田は大会3日前に左足首を捻挫したこともあり[1][2][3]、10試合目となる準決勝ブラジル戦で初めて(迫田さおりの代わりに)ベンチ入りを果たした。そして随所でピンチサーバーとして出場。翌日の3位決定戦アメリカ戦では、第2セット途中からは江畑幸子と交代し、そのまま最終第5セットまで出場した[4][5]
  4. ^ 日本バレーボール協会. “女子日本代表選手12名決定! 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)”. 2012年6月25日閲覧。
  5. ^ 久光製薬スプリングス. “退団選手・スタッフのお知らせ”. 2014年6月30日閲覧。
  6. ^ デンソー・エアリービーズ. “石田瑞穂選手のデンソーエアリービーズ入団について(2014.7.1)”. 2014年7月1日閲覧。
  7. ^ デンソー チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2014年12月2日閲覧。(デンソーの2014/15V・プレミアリーグ登録メンバー)
  8. ^ デンソーエアリービーズ. “デンソーエアリービーズの新体制について(2015.6.10)”. 2016年2月1日閲覧。
  9. ^ 2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧”. Vリーグ機構. 2017年5月21日閲覧。
  10. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年8月19日閲覧。

参考文献

  • 月刊バレーボール 2011年11月号 100-103ページ

外部リンク