メインメニューを開く

石田 龍次郎(いしだ りゅうじろう、1904年1月4日 - 1979年1月11日)は、日本地理学者一橋大学名誉教授。日本地理学会会長(1966-67)。

石川県能美郡小松町(現・小松市)で酒類販売商を営む麦谷家に生まれる。14歳で尋常高等小学校の高等科一年を終了し、石川県立小松中学校に入学する。18歳で同校の第四学年を終えると第四高等学校理科に入学し、1924年、21歳の時卒業し、1927年東京帝国大学理学部地理学科卒。山崎直方、辻村太郎、多田文男等の指導を受ける。1925年に日本地理学会が創立され、その機関誌『地理学評論』が創刊されると、その編集担当となった。そして、書評・学界雑誌・論説などを寄稿する。[1]

1934年東京商科大学予科教授。戦時中は東南アジアで調査。1949年一橋大学社会学部教授。1967年、定年退官、名誉教授。晩年は日本地理学史を研究した。

著書編集

  • 『資源経済地理 食糧部門』中興館 1941
  • 『資源経済地理 原料部門』中興館 1942
  • 『きもの その人文地理』矢島書店 1948
  • 『食料の東西 経済地理』矢島書房 1948
  • 『人文地理研究法入門』古今書院 1952
  • 『地理学円卓会談 研究法入門第二』実業之日本社 1954
  • 『地理学の社会化 続・地理学円卓会談』古今書院 1958
  • 『虚像のニッポン 外国教科書の日本理解』日本評論新社 1963
  • 『世界の国ぐに』偕成社 1964 目で見る児童百科
  • 『世界の地理 世界の自然と生活 小学生百科』偕成社 1968
  • 『日本における近代地理学の成立』竹内啓一編 大明堂 1984

共編著編集

  • 『文化地理学講義草稿』編著 中興館 1938
  • 『資源経済地理 地図と統計』藤井英夫共著 成美堂書店 1943
  • 『新しい日本と世界 地理・経済・社会』全6巻(編)毎日新聞社、1948-1950
  • 『社会科人文地図帳』編 毎日新聞社 1951
  • 『世界地理大系』全7巻 渡辺光共編 河出書房 1951-1952
  • 『自然と人生』編 毎日新聞社 1952 毎日ライブラリー
  • 『世界の地理』全4巻 (編)毎日新聞社、1952-1953
  • 『現代地理講座』全7巻 多田文男共編 河出書房 1956-1957
  • 『旅窓全書 産業・史跡・観光』全3巻 和歌森太郎共編 修道社 1960-1961
  • 『少年少女学習百科全集 6 世界の国々』中野尊正共著 講談社 1963
  • 『地理学研究のための文献と解題』編著 古今書院 1969

脚注編集

  1. ^ 岡田俊裕著 『日本地理学人物事典 [近代編 2] 』 原書房 2013年 273ページ

参考文献編集

  • 「自撰年譜抄」『一橋論叢』第58巻第1号、1967年7月1日、 148-157頁。 NAID 110007638044
  • その他の関連文献については、岡田俊裕近世以降日本の地理学者に関する参考文献―地理学人物事典の作成に向けて― (PDF) 」 『高知大学教育学部研究報告』第69号、2009年、 161-194頁、2012年8月22日閲覧。(pp.182-183)を参照。

関連項目編集