メインメニューを開く

石畦駅(いしぐろえき)は、かつて広島県尾道市木ノ庄町木門田(きもんでん)石畦(いしぐろ)に位置していた、尾道鉄道廃駅)である。

石畦駅
いしぐろ
ISHIGURO
木頃本郷 (1.1km)
(1.6km) 西校上
所在地 広島県尾道市木ノ庄町木門田(きもんでん)石畦(いしぐろ)
所属事業者 尾道鉄道
所属路線 尾道鉄道線
キロ程 9.1km(尾道起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年大正14年)11月1日
廃止年月日 1964年昭和39年)8月1日
備考 路線廃止に伴う駅廃止
テンプレートを表示

概要編集

相対式ホーム2面2線の地上駅で、交換可能駅であった[1]。また、木造駅舎も設けていた[2]。鉄道廃止後は国道184号バイパス敷地となり、駅跡は現存しない。

歴史編集

駅周辺編集

  • 石畦ふれあいクラブ
  • 中国バス「石畦」バス停(国道184号)

隣の駅編集

尾道鉄道
尾道鉄道線
木頃本郷駅 - 石畦駅 - 西校上駅

脚注編集

参考文献編集

  • 前田六二(編)『消えた鉄路尾道鉄道』前田六二、1992年2月29日。
  • 尾道学研究会『タイムスリップ・レール…オノテツ』尾道学研究会、2011年3月31日、初版。

関連項目編集