メインメニューを開く

石神井太鼓保存会 せんば太鼓(しゃくじいたいこほぞんかい せんばたいこ)は、日本東京練馬区、を拠点とするアマチュア創作和太鼓グループである。


概要 (由来)編集

昭和40年、地域の盆踊り(盆太鼓)から始まり雅白合太鼓(まさゆりだいこ)として発足。

昭和45年日本民族舞踊家の千葉流家元 初代千葉雅章(せんばがしょう)先生から千葉の名称を頂き、石神井太鼓保存会 せんば太鼓と改名.

和太鼓を文化でありスポーツでもあると考え、日本古来の太鼓のリズムをアレンジし関東式斜め台を使用し民衆の喜怒哀楽などを表現している。。  現在に至るまでに、練馬区東京都を中心に東京太鼓「桴の響演」・つくば万博日本太鼓フェスティバルアメリカフランス、などで演奏している。 テレビ出演もしている。 太鼓指導も活動として、ゆめだいこ(難聴児)たかさと小町太鼓(福島県喜多方市プレイガールオフィス、石神井東中学校等のチームを指導している。 傘下団体、せんば太鼓ジュニア(泉新太鼓クラブ)の指導も行っている。

外部リンク編集