石若駿

日本のジャズ・ドラマー (1992-)

石若 駿(いしわか しゅん、1992年8月16日 - )は、日本ジャズミュージシャンドラマー。Answer to Remember、CRCK/LCKS、SMTKのメンバーで、King Gnuの前身である Srv.Vinciの元メンバー。

石若いしわか 駿しゅん
Shun Ishiwaka
出生名 日本の旗 日本北海道
生誕 (1992-08-16) 1992年8月16日(31歳)
学歴 東京芸術大学音楽学部 卒業
ジャンル ジャズ
職業 ドラマー
担当楽器
活動期間 2004年 -
レーベル
共同作業者
公式サイト Shun Ishiwaka Official Site
SONGBOOK PROJECT
Answer to Remember

略歴

編集

北海道清里町生まれ[1]。 父親が高校教師でブラスバンド部の顧問、母親がピアノ教師だったことから幼少よりジャズやクラシックに触れて育つ。4歳の時に父親に森山威男と松風鉱一のライブを見に連れていかれ、森山の叩くドラムの迫力に圧倒されたことがきっかけでおもちゃのドラムセットで遊ぶようになる。5歳になるとX JAPANのライブ映像に衝撃を受けロックに傾倒し、電子ドラムで練習するようになる。小学4年生の時、札幌ジュニアジャズスクールの小学生ビッグバンドのオーディションに合格し、本格的にジャズドラムを始める[2][3]2002年2006年までジャズスクールに在籍し、クリニックでハービー・ハンコック日野皓正タイガー大越に出会い多大な影響を受ける[1]。 13歳よりクラシックパーカッションを始め、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業[4]

人物

編集

交友関係

編集

来歴

編集

2004年日野皓正クインテットライブにゲスト出演[6]

2006年、日豪交流派遣事業の一環でシドニー・オペラハウスにて演奏。寬仁親王主催「愛のコンサート」に日野皓正、渡辺香津美山下洋輔らと出演[6]

2007年、金澤英明(ベース)、石井彰(ピアノ)とトリオを結成[6]

2008年東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に入学[1]バークリー音楽院よりバークリーアワードを受賞[6]

2009年、奨学生としてバークリー音楽院に留学[6]

2011年東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻に入学。「ブルーノート東京Special Session Supported by 大黒摩季」に出演[6]

2012年、アニメ『坂道のアポロン』(フジテレビ)の川渕千太郎役としてドラム演奏、モーションを担当。吉松隆作曲「サイバーバード協奏曲」を準ソリストとして東京ニューシティ管弦楽団と共演[6]

2013年、石若駿Trioとしてミニアルバム『The Boomers~Live At The Body&Soul~』をタワーレコード限定リリース[7]小澤征爾総監督「サイトウキネンフェスティバル」に大西順子と共に参加[6]

2014年アメリカインディーレーベルブレインフィーダーのアーティスト、テイラー・マクファーリン単独来日公演のドラマーに抜擢[8]

2015年、「東京ジャズ」に沖野修也率いるKyoto Jazz Sextetとして出演[9]。リチャード・スペイヴン(ドラム)と共演[9]。東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻を首席卒業[10]。初のフル・リーダー作『Clean up』を発表[11]CRCK/LCKSを結成[12]

2016年ブルーノート東京にてカート・ローゼンウィンケルを迎えた自身のトリオで出演[13]

同年、PROJECT 67名義で「東京ジャズ」にリーダー出演[14]。「うた」をテーマに自身が作曲したセルフ・プロデュース作品「SONGBOOK」シリーズの1作目を発表[15]

2017年、ジャズ・ピアニストジェイソン・モラン(en:Jason Moran)のジャパン・ツアー広島公演にて初共演[16]

2019年エクスペリメンタル・ミュージック・プロジェクト、「Answer to Remember」を始動[5]山口情報芸術センター(YCAM)にて細井美裕と新作コンサートピース「Sound Mine」を発表[17]

2020年、ドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』の音楽を担当[18]

2022年、山口情報芸術センター(YCAM)にてパフォーマンス作品「Echoes for unknown egos―発現しあう響きたち」、インスタレーション「Echoes for unknown egos with cymbals」を発表[19][20]

2023年に公開された劇場アニメ『BLUE GIANT』では、登場人物の玉田俊二が作中で担当するドラムパートの実演奏を手がけた[21]

ディスコグラフィー

編集
発売日 タイトル アーティスト
2015 12月16日 CLEANUP[22] 石若駿
2016 4月20日 CRCK/LCKS CRCK/LCKS
12月14日 SONGBOOK[23] 石若駿
2017 5月24日 Ballads of a sullen horn man[24] 五十嵐一生
6月7日 SHAKE[25] TOKU
7月5日 Lighter CRCK/LCKS
7月12日 世界はここにしかないって上手に言って[26] ものんくる
7月19日 めたもるシティ[27] けもの
7月21日 硝子瓶のアイロニー[28] Okada Takuro
8月2日 須永辰緒の夜ジャズ・外伝3 ~All the young dudes~ すべての若き野郎ども[29] V.A.
8月9日 Factory[30] 東京塩麹
9月13日 VADA TAUDIA[31] Aaron Choulai Quintet
9月20日 映画『禅と骨』オリジナルサウンドトラック[32] V.A.
10月4日 ノスタルジア[33] Okada Takuro
10月4日 INTERSTELLAR[34] tea
11月8日 Dear Family[35] 桑原あい×石若駿
11月15日 SONGBOOK II[36] 石若駿
11月22日 MONK’s Playhouse[37] V.A.
12月6日 Pilgrim[38] MELRAW
2018 2月3日 Coincidence / Arcades ft.NENE[39] KID FRESINO
3月14日 SUZAKU[40] Niran Dasika Quartet
3月26日 Turning Point[41] KIYOSHI KITAGAWA 北川潔
3月30日 めたもるシティ (アナログレコード)[42] けもの
7月24日 Boys10 Boys
3月21日 NOBODY KNOWS[43] 中田裕二
3月28日 INNOCENCE[44] 瀧北榮山 、 向井航 、 地代所悠 、 石若駿
3月28日 旅 そして ふるさと[45] 小野リサ
5月23日 PLANKTON[46] 甲田まひる a.k.a. Mappy
5月30日 Awareness[47] 渡辺翔太
5月25日 Michel Reis Japan Quartet[48] Michel Reis Japan Quartet
6月5日 Live at UMEDA CLUB QUATTRO, LIQUIDROOM[49] Negicco
6月27日 だいじなこと/忘れないように[50] くるり
7月10日 MY COLOR[51] Negicco
7月11日 Double Rift[52] CRCK/LCKS
8月8日 Ya Chaika[53] 角銅真実
8月22日 822[54] 森山直太朗
9月5日 Warriors[38] MELRAW
9月19日 ソングライン[55] くるり
10月10日 The First Proxy[56] Hishakaku Quartet
10月17日 はしごを抱きしめる[57] 魚返明未トリオ
10月24日 Raw Scaramanga[58] 世武裕子
11月7日 SONGBOOK III[59] 石若駿
11月21日 ài qíng[60] KID FRESINO
12月19日 THE LIGHT[61] 酒井尚子
12月26日 Broccoli is Here[62] Orangeade
2019 2月20日 ORIGINAL SONGBOOK[63] TOKU
3月13日 Searchlight[64] CRCK/LCKS
3月13日 午後の反射光[65] 君島大空
3月20日 Synesthesia[66] Kie Katagi
4月24日 Leap of Faith[38] MELRAW
4月24日 みんなおもちゃになりたいのさ[67] 弓木トイ
5月10日 Will[68] Yuya Wakai featuring Satsuki Kusui & Shun Ishiwaka
5月22日 コーヒータウン/トラベラーズソング[69] けもの
5月22日 ただの夏 feat. 東郷清丸 / リップクリームダブ[69] けもの
6月5日 CLNUP4[70] Shun Ishiwaka CLNUP4
6月5日 A Vocalist[71] SHIHO (Fried Pride)
6月12日 美しい傷[69] けもの
6月18日 Orb[72] Miyu Hosoi
7月5日 散瞳 / 花曇[73] 君島大空
7月24日 TOKYO featuring ermhoi[74] Answer to Remember
7月24日 BEYOND THE STANDARD vol.3[75] ベートーヴェン:交響曲第5番「運命/吉松隆:サイバーバード協奏曲
9月4日 THINKKAISM[76] KEI MATSUMARU / 松丸契
9月18日 列島ライブ2019[77] くるり
9月20日 潜水 (with 君島大空)[78] 崎山蒼志
9月25日 ソンケイ Ronin Arkestra
9月27日 Stay!!![79] millennium parade
9月27日 It's 7" 酒井尚子
10月10日 『青葉家のテーブル』オリジナル・サウンドトラック[80] V.A.
10月16日 Temporary[81] CRCK/LCKS
10月23日 BLUE NOTE VOYAGE[82] V.A.
10月23日 sings ジブリ リニューアル ピアノ バージョン 島本須美
10月30日 並む踊り[83] 崎山蒼志
11月13日 SONGBOOK IV[84] 石若駿
11月13日 エアにに[85] 長谷川白紙
12月4日 Answer to Remember Answer to Remember[86]
12月4日 MAN STEALS THE STARS[87] SOIL&"PIMP"SESSIONS
12月4日 Kessel Run (feat. Jesús Molina)[88] MELRAW
12月11日 Folky Talkie[89] 渡辺翔太
12月18日 Temporary vol.2[90] CRCK/LCKS
12月18日 Beyond the Mirage[91] 日野皓正
2020 1月15日 Time Remembered[92] 須川崇志 Banksia Trio
1月22日 2091[93] DinoJr.
1月22日 oar[94] 角銅真実
3月4日 道しるべ[95] 絢香
3月11日 Trio I Marty Holoubek
3月29日 Live from somewhere[96] Songbook Trio[97]
4月3日 (not) l o n e l y from Ouchi[98] Songbook Trio
4月12日 Steve?/Selfish Spring[99] Songbook Trio
4月15日 SMTK[100] SMTK
4月19日 The Last Waltz[101] Songbook Trio
4月22日 Fly with me[102] millennium parade
5月13日 遊音倶楽部~2nd grade~[103] 綺香
5月20日 SUPER MAGIC TOKYO KARMA[104] SMTK
7月6日 感電 米津玄師
10月21日 Songbook5 石若駿
2021 1月1日 FIC Volume 1 FKD, 石若駿 & Aaron Choulai
6月16日 ゆめうつつ 米津玄師
2022 10月12日 KICK BACK 米津玄師
11月22日 うらぎりもの RYUTist
2023 3月8日 Songbook6
全7曲
  1. あちらの空は晴れ feat.角銅真実, 西田修大, Marty Holoubek
  2. You feat.角銅真実, 西田修大, Marty Holoubek, 松丸契, 市川航平
  3. Natsu Wa mijikai feat.角銅真実, 市野元彦, Marty Holoubek
  4. 台形のダンス feat.角銅真実, Gideon Juckes, 佐藤采香, 治田七海
  5. Pentatonic 物語 feat.細井徳太郎, ermhoi, 高木大丈夫, Marty Holoubek
  6. 空に逢う、朝を待つ feat.櫻/Ying, 苗代尚寛, Marty Holoubek
  7. May 2nd
石若駿
6月26日 月を見ていた 米津玄師
7月17日 地球儀 米津玄師

受賞

編集
  • 東京芸術大学音楽学部 アカンサス音楽賞[1]
  • 東京芸術大学音楽学部 同声会賞[1]
  • JaZZ JAPAN AWARD 2015 アルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュースター賞)[13]
  • Jazz Life DISC GRAND PRIX ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー2015 (New Stars賞)[13]
  • 第28回ミュージック・ペンクラブ音楽賞(ブライテスト・ホープ賞)[13]

その他

編集

ライブサポート

編集

レコーディング

編集

脚注

編集

出典

編集
  1. ^ a b c d e f 石若駿という世界基準の才能。常田大希らの手紙から魅力に迫る”. 株式会社CINRA. 2019年8月1日閲覧。
  2. ^ 花木洸 (2015年12月15日). “石若駿インタビュー - JJazz.Net blog”. JJazz.net. https://www.jjazz.net/jjazznet_blog/2015/12/post-73.php 2020年4月25日閲覧。 
  3. ^ 小島良太. “JAZZ PEOPLE Focus on Challengers vol.2 石若駿 インタビュー”. KOBEjazz.jp: ジャズ探訪記. http://kobejazz.jp/jazz_people/vol156.html 2020年4月25日閲覧。 
  4. ^ 『坂道のアポロン』、くるりサポート、桑原あいとのデュオでも活躍 ドラマー石若駿の才能”. 株式会社blueprint. 2019年8月1日閲覧。
  5. ^ a b c ドラマー・石若駿によるプロジェクト、Answer to Rememberがermhoiを招いたデビュー曲リリース & MV公開”. 株式会社Spincoaster. 2019年8月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 題名のない音楽会”. テレビ朝日. 2019年8月1日閲覧。
  7. ^ 石若駿の心の内を覗いてみれば…これまでのイメージ覆すマルチ・プレイヤーぶり発揮した初の歌モノ作『Songbook』を語る”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  8. ^ 新世代ジャズの旗手テイラー・マクファーリンと日本が誇る若き超絶ジャズドラマー石若駿の共演!”. ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社. 2019年8月1日閲覧。
  9. ^ a b 2018年ハロウィン-「オトナの仮面舞踏会2018」開催 ドレスコードは“マスク(仮面)” 2018年10月19日(金) 21:00開宴!”. 株式会社 PR TIMES. 2019年8月1日閲覧。
  10. ^ 日本のジャズ史が動いた気がした―石若駿×カート・ローゼンウィンケル、国境や世代を越えたスペシャル・セッションをレポ”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  11. ^ 上野耕平×バッティストーニ若き音楽家たちが作り上げた“疾走するコンチェルト”吉松隆渾身の作曲「サイバーバード協奏曲」の決定盤レコーディング映像公開”. 時事通信社. 2019年8月1日閲覧。
  12. ^ ポップス界のニューウェーブ!クラックラックスって何者!?”. Qetic株式会社. 2019年8月1日閲覧。
  13. ^ a b c d 石若駿×カート・ローゼンウィンケル、世代を越えた現代ジャズのスペシャル・セッションが実現! 石若のメッセージ動画も到着”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  14. ^ 〈東京JAZZ〉でジャズの未来担うクァルテットが再集結! 人気ドラマー率いる石若駿 PROJECT 67とは?”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。
  15. ^ 石若駿、セルフ・プロデュース作品『SONGBOOK』 - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2019年12月24日閲覧。
  16. ^ 常田大希、石若駿、小田朋美……芸大出身アーティストたちが生む音楽シーンの新たな潮流”. 株式会社blueprint. 2019年8月1日閲覧。
  17. ^ Sound Mine”. 山口情報芸術センター[YCAM]. 2022年6月7日閲覧。
  18. ^ 建築と時間と妹島和世公式サイト
  19. ^ Echoes for unknown egos―発現しあう響きたち
  20. ^ Echoes for unknown egos with cymbals
  21. ^ 上原ひろみが映画「BLUE GIANT」の音楽担当、馬場智章と石若駿も演奏で参加”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年10月19日). 2023年2月19日閲覧。
  22. ^ 石若駿、待望のフル・リーダー作『CLEANUP』をリリース - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2019年12月24日閲覧。
  23. ^ 石若駿 SONGBOOK PROJECT”. SONGBOOK. 2019年12月24日閲覧。
  24. ^ Ballads of a sullen horn man / バラッズ・オブ・ア・サレン・ホーン・マン/ISSEI IGARASHI/五十嵐一生|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. 2020年1月5日閲覧。
  25. ^ 時空とジャンルを越えてシェイク。 TOKU SHAKE 2017年6月7日(水)発売!”. 2020年1月5日閲覧。
  26. ^ ものんくる”. 2020年1月5日閲覧。
  27. ^ MUSIC - けもの”. 2020年1月5日閲覧。
  28. ^ 「硝子瓶のアイロニー」 Okada Takuro | only in dreams”. 2020-01-05閲覧。
  29. ^ 須永辰緒/須永辰緒の夜ジャズ・外伝3 ~All the young dudes~ すべての若き野郎ども - TOWER RECORDS ONLINE”. 2020年1月5日閲覧。
  30. ^ Disco | 東京塩麹”. 2020年1月5日閲覧。
  31. ^ 【CD】Aaron Choulai Quintet - Vada Taudia | Jazzy Sport Shimokitazawa”. 2020年1月5日閲覧。
  32. ^ [http://p-vine.jp/news/20170724-180000 “NEWS 横山剣( CRAZY KEN BAND)、野宮真貴、コモエスタ八重樫、大西順子、タブレット純、岸野雄一、エディ藩らが集結!9/2劇場にて先行発売”]. (2017年7月24日). http://p-vine.jp/news/20170724-180000 
  33. ^ “先日新曲を発表したOkada Takuro(ex. 森は生きている)のデビュー・アルバム『ノスタルジア』がリリース決定!新曲「アモルフェ(Feat. 三船雅也)」を公開!”. (2017年8月28日). http://hostess.co.jp/news/2017/08/014934.html 
  34. ^ tea/INTERSTELLAR - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月9日閲覧。
  35. ^ Dear Family [SHM-CD[CD] - 桑原あい×石若駿 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月8日閲覧。
  36. ^ “石若駿、第二弾EP『Songbook2』をリリース / オンライン特典は先着サイン入りアナザージャケットをプレゼント”. (2017年10月18日 09:56). https://tower.jp/article/feature_item/2017/10/18/0103 
  37. ^ MONK’s Playhouse[CD - ヴァリアス・アーティスト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月9日閲覧。
  38. ^ a b c MELRAW — EPISTROPH”. 2019年11月8日閲覧。
  39. ^ “KID FRESINO、ワンマン会場で7inchアナログ盤を先行販売”. (2018年1月17日15:01). https://www.cdjournal.com/main/news/kid-fresino/78307 
  40. ^ “新進気鋭のトランペッター、ニラン・ダシカ(Niran Dasika)が石若駿、栗林すみれ、須川崇志らを迎えたアルバム『SUZAKU』をリリース”. (2月21日). https://tower.jp/article/feature_item/2018/02/21/0113 
  41. ^ Turning Point/KIYOSHI KITAGAWA/北川潔/日本人ピアニスト&ドラマーを従えての2017年録音作|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. 2019年11月8日閲覧。
  42. ^ “【インストア ライブ吉祥寺】4/8 アナログ盤「めたもるシティ」発売記念 - けもの”. (2018年3月30日). http://kemonoz.com/info/1910447 
  43. ^ Yuji NAKADA OFFICIAL WEBSITE”. 2019年11月8日閲覧。
  44. ^ 瀧北榮山/INNOCENCE - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月8日閲覧。
  45. ^ 旅 そして ふるさと – 小野リサ オフィシャルサイト”. 2019年11月8日閲覧。
  46. ^ インスタでも話題の17歳のジャズピアニスト・甲田まひる、プロも認める才能の原点とは”. 2019年11月8日閲覧。
  47. ^ RELEASES – ReBorn Wood Label”. 2019年11月8日閲覧。
  48. ^ Michel Reis Japan Quartet/Michel Reis Japan Quartet - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月8日閲覧。
  49. ^ DISCOGRAPHY|Negicco Official Home Page”. 2019年11月8日閲覧。
  50. ^ 『だいじなこと/忘れないように』 : くるり / QURULI”. 2019年11月8日閲覧。
  51. ^ DISCOGRAPHY|Negicco Official Home Page”. 2019年11月8日閲覧。
  52. ^ “CRCK/LCKS、待望の3rd EP『Double Rift』7月11日発売”. (2018年05月10日 18:09). https://tower.jp/article/feature_item/2018/05/10/0705 
  53. ^ ceroも支える才媛、角銅真実が新ソロ作を語る 「過去と繋がっていくことはない。今、今、今なんです」 | Mikiki”. 2019年11月8日閲覧。
  54. ^ 822 [初回限定盤[CD] - 森山直太朗 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月8日閲覧。
  55. ^ “くるり、4年ぶりの新作『ソングライン』全貌公開! : くるり / QURULI”. (2018年8月1日). http://www.quruli.net/news/songline/ 
  56. ^ The First Proxy | James Macaulay”. 2019年11月8日閲覧。
  57. ^ はしごを抱きしめる/魚返明未トリオ/邦JAZZ界若手プレイヤーによるトリオ編成で贈る、さらなる成熟度の高さが輝く1枚!!|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. 2019年11月8日閲覧。
  58. ^ “世武裕子、謎に包まれた新作『Raw Scaramanga』を10月24日リリース!全収録内容、ミュージック・ビデオを一斉解禁!”. (2018年10月24日10:41) 
  59. ^ “石若駿(Shun Ishiwaka)『SONGBOOK』シリーズの最新作となる第3弾をリリース”. (2018年10月26日 12:45). https://tower.jp/article/feature_item/2018/10/26/0102 
  60. ^ “KID FRESINOが伸ばした手の先で追い求める、素晴らしき音楽”. (11月21日). https://www.cinra.net/article/interview-201811-kidfresino 
  61. ^ 酒井尚子 | THE LIGHT”. 2019年11月8日閲覧。
  62. ^ “大沢建太郎、佐藤望、黒澤鷹輔のOrangeadeが初の全国流通盤”. (2018年12月21日). https://natalie.mu/music/news/313294 
  63. ^ TOKU『ORIGINAL SONGBOOK』 メロディー・メイカーとしての一面を凝縮 ジャンルを超えるオリジナル・ソング・アルバム | Mikiki”. 2019年11月8日閲覧。
  64. ^ “CRCK/LCKSが配信限定新曲リリース、さらに2019春のパパパパ!ツアー・ファイナルはJYOCHOとのツーマン決定 - ニュース - OTOTOY”. (2019年03月13日18時00分). https://ototoy.jp/news/91489 
  65. ^ “君島大空が求める「ギリギリ、音楽」。繊細な芸術家の脳内を覗く”. (2019年3月8日). https://www.cinra.net/article/interview-201903-kimishimaohzora 
  66. ^ Kie Katagi 『Synesthesia』 | SPACE SHOWER MUSIC”. 2019年11月8日閲覧。
  67. ^ “弓木英梨乃のソロ「弓木トイ」始動 吉澤嘉代子、のん参加アルバム3月発売”. (2019年1月31日16:00). https://www.cinra.net/news/20190131-yumikitoy 
  68. ^ 新アルバム “Will” リリース! | ジャズピアニスト若井優也のブログ”. 2019年11月8日閲覧。
  69. ^ a b c リリース情報 - けもの”. 2019年11月8日閲覧。
  70. ^ “石若駿、CLNUP4で4年ぶりのリーダー作を発表”. (2019年5月20日). https://www.arban-mag.com/article/36752 
  71. ^ SHIHO (Fried Pride)/A Vocalist - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月8日閲覧。
  72. ^ Miyu Hosoi、「Orb」を配信開始|THE MAGAZINE”. THE MAGAZINE. 2020年1月5日閲覧。
  73. ^ “君島大空、ニューシングル「散瞳 / 花曇」配信リリース”. (2019年07月05日 20:30). https://okmusic.jp/news/344261 
  74. ^ Answer to Remember | ソニーミュージック オフィシャルサイト”. 2019年11月7日閲覧。
  75. ^ 上野耕平(sax) 吉松隆渾身の作曲「サイバーバード協奏曲」の決定盤。レコーディング映像公開!”. 2019年11月7日閲覧。
  76. ^ THINKKAISM/KEI MATSUMARU/松丸契|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net”. 2019年11月7日閲覧。
  77. ^ 列島ライブ2019  : くるり | HMV&BOOKS online - VIXL-276”. 2019年11月7日閲覧。
  78. ^ 崎山蒼志公式サイト”. 2019年11月7日閲覧。
  79. ^ “常田大希率いるmillennium parade、Chara迎えた「Stay!!!」配信&MV公開  東阪ツアー開催へ”. (2019年9月27日). https://realsound.jp/2019/09/post-421882.html 
  80. ^ “【いよいよお知らせ】『青葉家のテーブル』オリジナル・サウンドトラック(17曲)を配信スタートしています!”. (2019年10月25日). https://hokuohkurashi.com/note/192125 
  81. ^ CRCK/LCKS/Temporary - TOWER RECORDS ONLINE”. 2019年11月7日閲覧。
  82. ^ BLUE NOTE VOYAGE [SHM-CD[CD] - ヴァリアス・アーティスト - UNIVERSAL MUSIC JAPAN]”. 2019年11月7日閲覧。
  83. ^ “崎山蒼志“感丘(with 長谷川白紙)”本日配信、新AL『並む踊り』詳細も”. (2019年10月25日12:15). https://www.cinra.net/news/20191025-sakiyamasoushi 
  84. ^ 石若駿 SONGBOOK PROJECT | SONGBOOK TRIO[石若駿、角銅真実、西田修大]”. 2019年11月7日閲覧。
  85. ^ “長谷川白紙の1stフルアルバム『エアにに』収録内容&ジャケット公開”. (2019年10月24日21:00). https://www.cinra.net/news/20191024-hasegawahakushi 
  86. ^ Answer to Remember | ソニーミュージック オフィシャルサイト”. www.sonymusic.co.jp. 2019年12月24日閲覧。
  87. ^ Discography | SOIL&"PIMP"SESSIONS | Official Web Site”. 2019年11月7日閲覧。
  88. ^ MELRAW”. EPISTROPH. 2020年1月5日閲覧。
  89. ^ 渡辺翔太Official Website | 名古屋 | Jazz pianist”. 2019年11月7日閲覧。
  90. ^ Inc, Natasha. “CRCK/LCKS、12月に早くも「Temporary vol.2」発表”. 音楽ナタリー. 2019年12月24日閲覧。
  91. ^ 世界的トランペッター日野皓正、待望の新作「Beyond the Mirage」。若手メンバーを存分にフィーチャーした世代を超えた音楽ファン必聴の一枚!アルバムよりタイトル曲「Beyond the Mirage」が本日より先行配信。 (2019.12.04) | SPACE SHOWER MUSIC”. SPACE SHOWER MUSIC (スペースシャワーミュージック). 2019年12月24日閲覧。
  92. ^ 須川崇志 Banksia Trio 第1弾「Time Remembered」を1.15 に発売!”. Days of Delight. 2020年2月28日閲覧。
  93. ^ DinoJr.、4年ぶり2ndアルバム『2091』1月リリース 石若駿、吉田沙良、リベラルら参加 | Spincoaster (スピンコースター)”. Spincoaster (2019年12月26日). 2020年2月28日閲覧。
  94. ^ 角銅真実、「うた」にフォーカスしたメジャーデビューアルバム『oar』2020年1月22日発売 - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2020年2月28日閲覧。
  95. ^ 道しるべ | 絢香 – Ayaka official web site”. 絢香 - Ayaka official web site. 2020年3月9日閲覧。
  96. ^ Live from somewhere, by Songbook Trio”. Songbook Trio. 2020年5月11日閲覧。
  97. ^ Shun Ishiwaka SONGBOOK PROJECT”. SONGBOOK. 2020年5月11日閲覧。
  98. ^ (not) l o n e l y from Ouchi, by Songbook Trio”. Songbook Trio. 2020年5月11日閲覧。
  99. ^ Steve?/Selfish Spring, by Songbook Trio”. Songbook Trio. 2020年5月11日閲覧。
  100. ^ 石若駿ら擁するSMTKの初EP『SMTK』&初AL『SUPER MAGIC TOKYO KARMA』発売”. CINRA.NET. 2020年5月11日閲覧。
  101. ^ The Last Waltz, by Songbook Trio”. Songbook Trio. 2020年5月11日閲覧。
  102. ^ millennium parade” (英語). millennium parade. 2020年5月11日閲覧。
  103. ^ 絢香が今こそ語る、「歌」への想い。音楽が人に与えてくれるもの”. CINRA.NET. 2020年5月20日閲覧。
  104. ^ 石若駿らによるSMTKの初AL本日発売 “Otoshi Ana feat”PVフル版公開”. CINRA.NET. 2020年5月20日閲覧。
  105. ^ ohzora kimishima”. 2019年8月1日閲覧。
  106. ^ a b 石若駿が新作『Songbook3』を語る。くるりやKID FRESINOからアート作品とのコラボまで多岐に渡った2018年を総括”. タワーレコード. 2019年8月1日閲覧。

外部リンク

編集