メインメニューを開く

石見銀山世界遺産センター

石見銀山世界遺産センター(いわみぎんざんせかいいさんセンター)は島根県大田市石見銀山柵内に立地する世界遺産石見銀山遺跡とその文化的景観」の現地見学の拠点としてのガイダンス施設・資料館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 石見銀山世界遺産センター
Iwami Ginzan World Heritage Center
180504 Iwami Ginzan World Heritage Center Oda Shimane pref Japan02s5.jpg
施設情報
専門分野 世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」
開館 2008年10月20日(フルオープン)
所在地 694-0305 
日本の旗 日本 島根県大田市大森町イ1597-3
位置 北緯35度6分20.4秒 東経132度27分6.2秒 / 北緯35.105667度 東経132.451722度 / 35.105667; 132.451722座標: 北緯35度6分20.4秒 東経132度27分6.2秒 / 北緯35.105667度 東経132.451722度 / 35.105667; 132.451722
アクセス交通アクセス」を参照
外部リンク ginzan.city.ohda.lg.jp
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

世界遺産条約第5条にある条文「文化遺産及び自然遺産の保護、保存及び整備の分野における全国的、または地域的な研修センターの設置」に基づき、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の調査研究、資料蓄積、情報発信、保全管理活用、施設管理運営の各機能を担う拠点施設、および総合ガイダンス施設として、2007年(平成19年)10月4日にガイダンス棟、2008年(平成20年)10月20日に展示棟と収蔵体験棟が設置された[1]

施設編集

展示棟編集

石見銀山が世界遺産に登録された「3つの価値」と、1996年平成8年)に始まった「石見銀山遺跡総合調査の成果」を展示テーマとする。

  • 第1展示室 - 世界史に刻まれた石見銀山
  • 第2展示室 石見銀山の歴史と鉱山技術
  • 第3展示室 石見銀山の調査・研究
  • 第4展示室 石見銀山遺跡とその文化的景観

ガイダンス棟編集

  • 情報コーナー
  • ツアーデスク - 「大久保間歩一般公開限定ツアー」

収蔵体験棟編集

  • 収蔵庫
  • 遺物整理室
  • 体験学習室

利用情報編集

 
駐車場、バス停
  • 開館時間 - 8:30~17:30          
  • 展示室観覧時間 - 9:00~17:00( 最終受付 16:30 ) ※3月~11月は30分延長
  • 休館日 - 毎月最終火曜日・年末年始
  • 駐車場 - 400台

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 石見銀山世界遺産センターの概要(2018年5月22日閲覧)

外部リンク編集