メインメニューを開く
本来の表記は「石谷清夤」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

石谷 清夤(いしがや きよのぶ、元禄15年(1702年) - 宝暦元年6月11日1751年8月2日))は、江戸時代旗本

 
石谷清夤
時代 江戸時代中期
生誕 元禄15年(1702年
死没 宝暦元年閏6月11日(1751年8月2日
別名 十助
幕府 江戸幕府
氏族 石谷氏
父母 父:石谷清長、母:久松定久の娘
養父:石谷清定
兄弟 石谷清定の妻(義姉)、清夤
新井白石の娘
清盈、銕次郎、清馨、兵三郎、清茂清憐
女子

概要編集

宝永2年(1705年)2月19日4歳の時に、宝永元年(1704年)10月8日に死没した姉婿である石谷清定の養子としてその遺跡を継いだ。

享保4年(1719年)10月18日、書院番の番士となる。享保12年(1727年)10月、徳川吉宗日光社参の際に大宿割を務めた。

享保19年(1734年)7月1日、西ノ丸の御徒頭となる。

同年12月18日、布衣を許される。享保20年(1735年)閏3月29日、徳川家重が浅草辺に放鷹に行った際、勢子への指揮が悪いと咎められて、同僚青木与兵衛信裕と供に拝謁禁止処分となり、同年5月1日に処分を解かれた。

参考文献編集