メインメニューを開く

石越駅

日本の宮城県登米市にある東日本旅客鉄道の駅

石越駅(いしこしえき)は、宮城県登米市石越町南郷字西門沖(みなみごうあざにしもんおき)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

石越駅
Ishikoshi-Sta.JPG
新駅舎(2012年9月15日)
いしこし
Ishikoshi
新田 (7.3km)
(3.5km) 油島*
宮城県登米市石越町南郷字西門沖5-7
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線
キロ程 423.5km(東京起点)
電報略号 コシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
306人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1890年明治23年)4月16日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* この間に仙台支社盛岡支社境界あり(当駅から新田寄りは仙台支社管内)
テンプレートを表示
石越駅
くりはら田園鉄道石越駅.JPG
くりはら田園鉄道石越駅(2004年8月)
いしこし
Ishikoshi
(1.6km) 荒町
宮城県登米市石越町南郷字西門沖5-7
所属事業者 くりはら田園鉄道
所属路線 くりはら田園鉄道線
キロ程 0.0km(石越起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1921年大正10年)12月20日
廃止年月日 2007年平成19年)4月1日
テンプレートを表示

JR東日本仙台支社管内はここまでとなる。当駅と油島駅の間で県境を跨ぐが、その盛岡方の最初の踏切の付近(下原田踏切、東京起点425km地点)にJR東日本盛岡支社との境界が置かれている。2007年平成19年)3月31日までくりはら田園鉄道線の起点であった。

歴史編集

駅構造編集

JR東日本編集

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

駅舎は南北に走る線路の西側におかれ、出入口はこの1箇所。小牛田駅管理の業務委託駅で、自動券売機みどりの窓口(朝晩は無人)設置。また、改札内に水洗便所が置かれている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 東北本線 下り 一ノ関方面[2]
2・3 上り 小牛田塩釜方面[2]
  • 当駅始発は2番線を使用する。
  • 夜間留置は設定されておらず、終電は当駅到着後に小牛田駅まで回送される。翌朝再度回送され、当駅始発仙台方面・岩沼行きとなる。2004年(平成16年)10月15日までは、当駅での夜間留置の設定があった。
  • 仙台-石越折り返し以外の上りは3番線に入るが、正午だけポイント動作を兼ねて2番線に入る。

くりはら田園鉄道編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。駅舎は木造一階建てで、JR東日本の駅とは小さな駅前広場をはさんで北西に位置していた。末期には無人駅となっていて、定期券等の発売が近くの理髪店カナザワに委託されていた。汲み取り式便所が改札内に設置されていた。

くりはら田園鉄道の廃止時には、線路は東北本線とは繋がっていなかったが、かつて両路線は連絡し、栗原電鉄と国鉄との間で貨車の授受が行われていた。また、栗原電鉄の最盛期には、仙台から栗原電鉄線へ直通列車が運行されたこともあった。

利用状況編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は306人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 607 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 549 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 556 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 536 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 556 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 454 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 483 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 428 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 399 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 393 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 388 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 342 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 345 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 338 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 301 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 312 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 316 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 311 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 306 [利用客数 1]

駅周辺編集

駅前から西にまっすぐ道が通る(宮城県道4号中田栗駒線の支線)。最初の信号で県道4号の本線に合流する。県道4号は西には支線の延長としてまっすぐ伸びるが、反対方向にはまず南に曲がる迂回路をとり、駅の南にある石越跨線橋で東北本線を越え、東に向かう。石越駅のホームは南に向けて長く、跨線橋の下をくぐる。

周辺市街は駅舎がある西に、県道4号沿いに伸びており、若柳駅のあたりまで商店、工場、住宅が続く。駅の東側も住宅地だが、すぐに農村地帯となる。

  • 石越郵便局
  • 石越市街地(登米市役所石越総合支所<旧・石越町役場>)は登米市民バスに乗りかえ
  • 佐沼警察署石越駅前駐在所

バス編集

登米市民バスの停留所は駅前から30mほど進んだ右側のミヤコーバス所有地にあり、同社のバスが発着・折返し待機を行っている。栗原市民バスの停留所は駅前ロータリー右手に設置している。いずれの停留所も名称は「石越駅前」である。以前は石越車庫として業務を行っていたが、現在は車庫は取り壊され、待合室・簡易トイレと乗務員休憩所のみとなっている。

栗原市民バス
【くりはら田園線】グリーン観光バス運行委託)
【若柳線】(グリーン観光バス運行委託)
登米市民バスミヤコーバス佐沼営業所運行委託)
【東西循環線】
【石越線】
  • 石森 - 佐沼 - ミヤコーバス佐沼営業所
  • 石森 - 佐沼 - 登米総合産業高校前行き
  • 迫桜高校前行き
  • 迫桜高校 - 三方島 - 北方 - 佐沼営業所行き
路線バス 栗駒山紅葉号(ミヤコーバス築館営業所運行)

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
東北本線
新田駅 - 石越駅 - 油島駅

かつて存在した路線編集

くりはら田園鉄道
くりはら田園鉄道線
石越駅 - 荒町駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ 東北本線「石越駅」新駅舎使用開始および新駅舎完成セレモニー開催について (PDF) - 2011年7月29日 JR東日本仙台支社プレスリリース
  2. ^ a b 時刻表 石越駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月7日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月10日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集