石 重貴(せき じゅうき)は、五代後晋の第2代(最後の)皇帝。『新五代史』では出帝と記載される。

出帝 石重貴
後晋
第2代皇帝
王朝 後晋
在位期間 天福7年6月13日 - 開運3年12月17日
942年7月28日 - 947年1月11日
都城 開封
姓・諱 石重貴
諡号 少帝(『旧五代史』)
生年 乾化4年6月27日
914年7月22日
没年 保寧6年6月18日
974年7月10日
石敬儒
安氏
后妃 馮皇后
年号 天福 : 942年 - 944年
開運 : 944年 - 946年

生涯編集

皇族時代編集

高祖石敬瑭の兄の石敬儒の子として晋陽に生まれた。その後、石敬瑭の養子となる。

天福元年(936年)に石敬瑭に従って洛陽に入り、北京留守・太原尹・河東節度使に任じられた。天福3年(938年)11月には鄭王・開封尹に任じられた。天福6年(941年)には斉王・広晋尹・功徳使に転任となった。

即位後編集

天福7年(942年)6月に高祖が崩御したことにより即位、開運と改元した。在位中は害が各地で発生し、逃戸飢民が大量に発生した。また景延広の建議により契丹への臣下の礼を廃し、契丹に対し対決姿勢を明確にした。これに対して後晋に侵攻した契丹軍を2度にわたり防いだが、開運3年(946年)の3度目の侵攻で開封は陥落、出帝は契丹軍に降伏した。降伏した石重貴は太宗から負義侯に封じられ、北方に連れ去られて後に建州で没している。

宗室編集

后妃編集

  • 馮皇后

男子編集

参考文献編集