石錐(せきすい/いしきり)は剥片石器の一種で、獣皮や樹皮などに穴を開けるための工具(穿孔具)[1]。一種の携帯ドリル縄文時代に現れる。

概要編集

材料は黒曜石チャート粘板岩頁岩が多い[2]打製石器の範疇に含めることが多いが、先端のドリル部分には磨きをかけることが多い。

同音の石錘(せきすい)は網漁に用いられる漁具である「おもり」であり、使用法・製作法ともに異なる。石錘と区別するため「いしきり」と呼称する場合もある。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集