砂押邦信

砂押 邦信(すなおし くにのぶ、1922年9月25日 - 2010年7月18日)は、茨城県出身の元野球選手投手)、コーチプロ野球監督)。

砂押 邦信
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1922-09-25) 1922年9月25日
没年月日 (2010-07-18) 2010年7月18日(87歳没)
選手情報
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

立教大学監督時代にMLB流の指導法で長嶋茂雄を育てた人物として知られている。

目次

来歴編集

水戸商業高校卒業後、1942年立教大学へ入学。水戸商業の後輩に早稲田大学で選手・監督として活躍した石井藤吉郎、立大の2年先輩には西本幸雄がいた。戦時中は学徒兵として兵役に就き、戦後の1947年に卒業。

小口工作所の選手兼任監督(1948年 - 1949年)を経て、1950年に母校・立大監督に就任。「鬼の砂押」と恐れられたほどのスパルタ式猛練習で、1953年春季には20年ぶりに東京六大学リーグ優勝を果たしたほか、第2回日本選手権にも優勝。まだ下級生であった長嶋茂雄杉浦忠本屋敷錦吾を鍛え上げ、後の立大野球部黄金時代の基礎を築き上げた。特に長嶋には自宅に呼んでMLBのプレースタイルを取り入れた当時の最先端で合理的な特訓を行った[1]あまりに厳し過ぎたことから、1955年夏に松下正寿総長まで巻き込んだ、大沢啓二ら上級生部員による監督排斥運動が起き、退任を余儀なくされる。大沢の後年の回想によると、下級生から「砂押の下ではやっていけないので、監督に辞任を進言してほしい。それがダメなら下級生は全員退部する」という訴えを受け、部員から署名を募って邦信に談判したのが発端であるという[2]。その後は日鉱日立監督(1956年 - 1959年)を務め、1956年の都市対抗では第1回小野賞を受賞。

1960年からは国鉄スワローズ一軍コーチとなり、1961年宇野光雄の後を継いで監督に就任。飯田徳治土屋正孝巨人より移籍)・杉本公孝(新人)・徳武定祐(新人)と内野守備陣が充実したほか、金田正一(20勝)・北川芳男(15勝)・村田元一(14勝)・森滝義巳(10勝)ら投手陣が好成績を挙げ、球団史上初のAクラス入り(3位)を達成。1962年はチーム打率が.201と記録的な貧打が原因で一転して最下位となった事や、かつて育成した立大・日鉱日立出身の選手により派閥が醸成されたことを球団が問題視した事から監督を退任。1963年からはヘッドコーチとなり、再勉強の為に浜崎真二監督のサインを伝達する役目を担った。劣勢時の試合中にエンドランのサインを浜崎が出したにもかかわらず、砂押は見逃してしまう。浜崎が「なぜ見逃した」と叱ったところ、砂押は「あんなところでこんなサインが出るなんておもわなかったです」と答えた。戦術にも難があったほか、金田が延長戦で投げている際にベンチでゲラゲラ笑っていると、金田から「監督がベンチで笑うな」と一喝されたという[3]1965年にはシーズン途中で退任した林義一の後任として再度指揮を執るが、最下位に終わる。砂押の用兵についてもチーム内外からが批判が絶えず、10月21日に辞表を提出して即座に受理された[4]

2010年7月18日に腎臓癌のため死去[5]。87歳没。戒名は「秀球院邦徳寿導居士」。

人物編集

立大監督時代、当時としては珍しいメジャーリーガーの連続写真を持っており、1940年代から1950年代の特にジョー・ディマジオヨギ・ベラミッキー・マントルロジャー・マリスフランク・ロビンソンらのプレースタイルを研究していた。[6]

長嶋には「これからの若い世代は、メジャーを見習わなくてはならない。それは個性の重視だ。プロに言っても君はどういうプレーヤーになりたいのか、お客さんに評価される自分の野球スタイルを自分でつくることだ。それがメジャーのやり方なのだ」と教え、その後の長嶋の人生に大きな影響を与えた。[7]

詳細情報編集

背番号編集

  • 31(1960年)
  • 30(1961年 - 1965年)

監督としてのチーム成績編集

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1961年 国鉄 3位 130 67 60 3 .528 5.5 58 .227 2.29 38歳
1962年 6位 134 51 79 4 .392 24 60 .201 2.61 39歳
1965年 サンケイ 6位 127 42 81 4 .341 45.5 64 .221 3.42 42歳

脚注編集

  1. ^ 長嶋茂雄『野球は人生そのものだ』日本経済新聞 2009年 64頁
  2. ^ 大沢啓二『球道無頼』集英社、1996年、P33 - 34
  3. ^ 週刊ポスト』2014年2月28日号、P17
  4. ^ 徳永喜男著『ヤクルトスワローズ球団史』、ベースボールマガジン社、P156-157
  5. ^ 長嶋さんの恩師“鬼の砂押”砂押邦信さん死去 スポーツ報知 2010年7月20日閲覧[リンク切れ]
  6. ^ 長嶋茂雄『野球は人生そのものだ』日本経済新聞 2009年 68頁
  7. ^ 長嶋茂雄『野球は人生そのものだ』日本経済新聞 2009年 65頁

関連項目編集