メインメニューを開く

硫黄細菌(いおうさいきん)とは、硫黄および無機硫黄化合物酸化、または還元して得られたエネルギーで生活する細菌類の総称[1]

硫黄細菌
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria

真正細菌類のチオバクテリウム科に属するもので、チオバクテリアとも称するチオバクテリウムチオバチルスチオスピラなどが主なである[1]

チオバクテリウムは海水にいるもの、一般の土壌にいるものなどがあり、桿菌で非運動性である。 チオバチルスは水中または土中におり、小さな桿菌で非運動性または一端に鞭毛を有して泳ぐ。 チオスピラはやや曲がった桿菌で、両端がややとがり、鞭毛をもって泳ぐ。 ベッギアトアは大きく、下水溝などに肉眼でも認められるような状体をつくる。 チオスリックスもまた糸状で、硫化水素の存在する水中に住み、細菌内に、硫黄粒を形成する。

硫化水素を酸化する反応式はH₂S+1/2O₂=H₂O+S+176kJ。ベギアトアなど無色の硫黄細菌はこのとき発生するエネルギー炭酸同化すなわち化学合成を行う。

上記のような化学合成生物である硫黄細菌のほかに、光合成細菌である緑色硫黄細菌紅色硫黄細菌などを含めて硫黄細菌とよぶ場合もある[2]有色バクテリア中のクロロビウム沼水に生育し、嫌気的に硫黄化合物水素受容体として光合成する。紅色硫黄細菌はバクテリオクロロフィルを持ち、光合成を行う。

脚注編集