硬結(こうけつ、: induration)とは炎症充血悪性新生物の浸潤の結果あるいはそれらを経た身体領域における硬化[1]。この用語は皮膚所見の記述に最も多く用いられる。

使用例編集

硬結はツベルクリン感受性の適切な所見である。紅斑も出現するが、それ自体が陽性の所見を意味するわけではない[2]

紅斑は20mmの大きさとなり、その中央には硬結が9mmの大きさで存在する[3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Random House Webster's Unabridged Dictionary. Random House, Inc. 2001. Page 975. ISBN 037572026X.
  2. ^ Kimura, et al. "Comparison of erythema and induration as results of tuberculin tests." Int J Tuberc Lung Dis. 2005;9(8):853-7. PMID 16104630.
  3. ^ Race, et al. "Painful nodule with induration and spreading erythema." Baylor University Medical Center Proceedings. 2005;18(4):401–404.