メインメニューを開く

碇潟 夘三郎(いかりがた うさぶろう、1879年8月 - 1928年3月18日[1])は、草風部屋(京都相撲)、出羽海部屋に所属した元力士。7代山響、9代佐ノ山。本名は山口 卯太郎(旧姓的場)。大阪府大阪市中央区出身。身長166cm、体重88kg。最高位は東前頭筆頭。

目次

経歴編集

常陸山谷右エ門の弟子となり、1901年5月三段目格で初土俵。1905年5月新十両、1907年1月新入幕。雷獣の異名を持つ。常陸山の太刀持ち露払いも務めた。1914年5月に引退し山響を襲名、のちに佐ノ山に変更した。

成績編集

  • 幕内16場所49勝46敗58休7分預

改名編集

糸柳→碇潟 [2]

出典編集

  1. ^ 相撲人名鑑(碇潟卯三郎)(アーカイブ)
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

関連項目編集