碓氷峠鉄道文化むら

群馬県安中市にあるテーマパーク

碓氷峠鉄道文化むら(うすいとうげてつどうぶんかむら)は、群馬県安中市松井田町横川にある体験型鉄道テーマパークである。

碓氷峠鉄道文化むら
碓氷峠鉄道文化むら
地図
施設情報
正式名称 碓氷峠鉄道文化むら
愛称 PoppoTown
前身 横川運転区
専門分野 鉄道
事業主体 安中市
管理運営 一般財団法人碓氷峠交流記念財団
年運営費 1億853万2858円
(2022年度)[注釈 1]
延床面積 約45,000 m2[1]
開館 1999年平成11年)4月18日[2]
所在地 379-0301
群馬県安中市松井田町横川407-16
位置 北緯36度20分11.07秒 東経138度44分1.13秒 / 北緯36.3364083度 東経138.7336472度 / 36.3364083; 138.7336472座標: 北緯36度20分11.07秒 東経138度44分1.13秒 / 北緯36.3364083度 東経138.7336472度 / 36.3364083; 138.7336472
外部リンク https://www.usuitouge.com/bunkamura
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要 編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)の信越本線横川 - 軽井沢間が1997年10月1日に廃止されることが決定されると、松井田町(当時)の住民からは町の過疎化を危惧する声が上がった[1]。そこで松井田町は地域活性化として1996年(平成8年)に「横川・軽井沢間周辺整備等推進計画」の策定に着手し、住民や他の自治体との協議・検討を得て「横川・軽井沢間周辺整備基本構想」が策定された[1]。その基本構想の4大拠点のうち、「横川駅周辺」の整備の一環として横川運転区跡地に建設された[1]

1999年4月18日に開園。施設は安中市が保有し[3]指定管理者として一般財団法人碓氷峠交流記念財団が運営する。愛称はPoppoTown(ポッポタウン)で、安中市の登録商標(第4396482号[4]、第4396483号[5])となっている。

碓氷峠の歴史や資料、碓氷峠で活躍した鉄道車両、国鉄時代の貴重な車両などを展示・公開している。また、信越本線の廃線跡を利用してEF63形電気機関車の体験運転が行われたり、トロッコ列車が運行されている。また、展示品を搬入する際や、同館保有のEF63形電気機関車が車輪削正などのため、甲種輸送される際に使われる引き込み線が、横川駅構内に接続している。

沿革 編集

  • 1998年
    • 8月2日 - 着工。仮称は「横川鉄道文化むら」だった。
  • 1999年
  • 2005年
    • 3月22日 - 旧信越本線の下り線を活用したトロッコ列車「シェルパくん」の発車式が行われる(通常運行開始は26日から)。
    • 12月26日 - EF63 11・12とクハ189-5・モハ189-5が園内に移動。
  • 2011年(平成23年)
    • 5月5日 - シェルパくんの牽引機が故障。以降全区間で運休となる。
    • 7月25日 - リース機により、ぶんかむら駅からまるやま駅までの運行を再開。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月27日 - 新造機関車導入により当駅からとうげのゆ駅まで(全区間)の運行を再開。
  • 2019年 - 開業20周年を迎える。荻野屋とのコラボ企画として、春夏秋冬のそれぞれのオリジナルデザイン掛け紙を使用した峠の釜めしを各期間限定で販売することを発表。売上の一部が当園の設備保全に活用された[6]
  • 2020年
    • 2月22日 - 国道18号の向かい側にあった越後屋食堂が2019年に焼失したことを受け、園内の売店のリニューアルを行い営業を再開[7]
    • 3月21日 - 群馬デスティネーションキャンペーンに合わせ行われていた、EF63 11・12とクハ189-5・モハ189-5の塗装修繕が完了し、初となるクハ189-5・モハ189-5の車内公開のほか、イラストレーターのバーニア600描きおろしによる文化むら限定峠の釜めしの販売が予定されていた[8]。しかし新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い延期された[9]
    • 10月11日 - 12月28日
      • 鬼滅の刃』とのコラボ企画としてイベントが実施され[10][注釈 2]、当所では謎解きやグッズ販売・キッチンカーの営業が、JR信越本線では無限列車としてSL・EL列車の運転、おぎのやでは特別な内容の釜めし(キャラクターの掛紙)の販売が行われ、週末を中心に来園者数がかなり増加し、一定数は鬼滅の刃に登場するキャラクターのコスプレをした来園者もみられた。なお新型コロナウイルス感染症予防対策の強化を実施した上でイベントが行われた。
  • 2021年
    • 5月15日 - 開園時間を20時まで延長する「横川ナイトパーク」を初開催[11]
  • 2022年
    • 10月1日 - 入場料をはじめとした各種料金の改定が開園以来初めて行われた[12]

経営状況 編集

当園は総事業費約20億円を投じて1999年に開園。初年度の来園者数は29万5000人で、これによる収入は2億3319万円であった。その後、来園者数は下降し、2016年度は13万2800人(開園以来最少)、これによる収入は1億3500万円であった。一方で、動態保存中の機関車の経年劣化に伴う点検・修理費用は増加しており、財団はこれを賄うため「サポーターズ制度」を導入し、寄付金ボランティアを募集している[13]

保存車両 編集

 
屋外展示場全景(EF63留置線整備前)

電気機関車が圧倒的に多く、中には碓氷峠どころかJR東日本とも関係のない東海道北陸瀬野八関門トンネルを走っていた車両もある。これは国鉄末期に「SLの京都(梅小路蒸気機関車館)に対し、電気機関車の博物館を作ろう」と多くの特徴的な電気機関車が配属されていた高崎機関区周辺に計画されていた「高崎電気機関車館」(仮称)の収蔵用として高崎運転所(現・ぐんま車両センター)に集められたものの計画が消滅してしまい、その車両を当施設に保存することになったためである。

蒸気機関車 編集

電気機関車 編集

  • ED42形 (ED42 1)
  • EF15形 (EF15 165)
  • EF30形 (EF30 20)
  • EF53形 (EF53 2)
    • EF59 11から復元。
  • EF58形 (EF58 172)
  • EF59形 (EF59 1)
  • EF60形 (EF60 501)
  • EF62形 (EF62 1・54)
    • 54号機は2022年10月1日に廃車以来23年ぶりに汽笛吹鳴が行われた[15]
  • EF63形 (EF63 1・10・11・12・18・24・25)
  • EF65形 (EF65 520)
    • 解体される予定だったが、保存団体が日本貨物鉄道(JR貨物)から譲り受け、文化むらと保存団体が協同で修復し、当地で保存されることになった。
  • EF70形 (EF70 1001)
    • 以前は運転台に立ち入れたが、部品の盗難にあい、現在は封鎖されている。
  • EF80形 (EF80 63)

ディーゼル機関車 編集

電車 編集

  • 189系(クハ189-506・クハ189-5+モハ189-5)
    • クハ189-506は開園当初から保存されており、当初はあさま色だったが、2002年に国鉄色に塗り替えられている。
    • クハ189-5・モハ189-5は車両の向きが入れ替わっている。この2両は碓氷峠区間廃止後、編成を組んでEF63 11・12とともに1999年2月15日から旧丸山変電所跡付近に留置されていたが[16]、EF63 11の貫通扉の窃盗や、悪質ないたずらが目立ち、セキュリティ面の都合から、同年の9月14日に横川駅4番線跡に[17]、2005年12月26日には園内に移動した。

気動車 編集

客車 編集

  • 10系客車 (ナハフ11 1・オハネ12 29・オシ17 2055)
    • オシ17 2055はオヤ17 1から復元。
  • スニ30形 (スニ30 8)
    • スエ30 9から復元。
  • マイネ40 (マイネ40 11[18]
    • オヤ41 2から復元。
  • オハユニ61形 (オハユニ61 107)
  • 12系客車 (スロフ12 822“赤城”・オロ12 841“榛名”)
    • お座敷客車「くつろぎ」として使われた後、先述した4番線跡にあった189系の2本南側の線路に編成ごと留置されていた。
    • 保存から外れた4両は、2006年1月に189系7両ともども横川駅構内で解体された。

貨車 編集

  • ヨ3500形 (ヨ3961)
    • ED42 1を1500Vで走らせるための電源車として使われた。内装は元に戻されている。
  • ヨ8000形 (ヨ8841)
    • EF63体験運転で使われる。
  • ソ300形 (ソ300)
    • 架橋用操重車。

保守用車 編集

  • TMC200B (製造番号221)
  • 新幹線用軌道確認車GA-100 (元交通建設・005号機)
    • 開園10周年記念として展示されている[19]
  • 新幹線保線用トンネル巡回車WJ-3 2台


過去の保存車両 編集

以下の車両は撤去もしくは解体され現存しない。

  • 189系(モハ188-5+モハ189-2+モハ188-2+サロ189-104+モハ189-22+モハ188-22+クハ189-505)[20]
    • 保存から外れた7両。2006年1月上旬に12系4両ともども横川駅構内で解体された。
  • DB202(TMC200C)[21]
  • トヨタ・ダイナ軌陸車[22]

鉄道資料館 編集

 
鉄道資料館

旧横川運転区の詰所を活用した資料館。館内では、鉄道のジオラマや歴史資料が多数保存されている他、鉄道シミュレータ、HOゲージ鉄道模型約100両の展示、鉄道グッズや冊子などの販売も行われている。

1階
  • 碓氷峠の鉄道ジオラマ(HOゲージジオラマ・Nゲージ)
  • 売店
  • 休憩コーナー
2階
  • 鉄道資料展示
3階
  • 研修室(EF63形電気機関車運転体験講習に使用)
屋上
  • 双眼鏡が設置されており、周囲の景色を一望することができる。

遊戯施設 編集

あぷとくんとシェルパくんの車両の大規模検査は司機工で行われており[23]、車両銘板から確認することができる。

あぷとくん 編集

開園時から、園内に敷設された軌間610mm、延長約800mの周回軌道を運行する本格的な遊覧列車。園内の北側では信越本線の旧下り線部分を走行する。周回する方向は月1回の検修で入れ替わる[24]

使用車両 編集

シェルパくん 編集

シェルパくん
 
とうげのゆ駅に到着するシェルパくん
基本情報
通称 トロッコ列車
現況 運行中
  日本
所在地 群馬県安中市
種類 園内遊具
起点 ぶんかむら駅
終点 とうげのゆ駅
駅数 3駅
輸送実績 105日
1,000便運行
35,777名乗車
(2022年度)[注釈 1]
1日利用者数 340.7人(2022年度)[注釈 1]
開業 2005年3月22日
所有者 安中市[3]
運営者 碓氷峠交流記念財団
使用車両 MR1106(機関車)
UTBT-05001(普通形客車)
UTBT-05002(オープン形客車)
路線諸元
路線距離 2.6km[27]
軌間 1,067mm
線路数 全線単線
電化方式 非電化[注釈 3]
最大勾配 65.0‰[注釈 4]
高低差 100m
最高速度 15km/h[24]
運行日 12月〜2月を除く土休日
春休み夏休み期間中
ゴールデンウィーク[注釈 1]
テンプレートを表示

2005年(平成17年)3月26日に、旧信越本線の下り線[注釈 5]を活用して運行を開始したトロッコ列車。碓氷峠鉄道文化むら内のぶんかむら駅から、旧丸山変電所付近にあるまるやま駅を経て(往路は3分停車・復路は通過)、碓氷峠の森公園交流館「峠の湯」付近のとうげのゆ駅までの2.6kmを運行する。所要時間はおよそ20分。

基本的には週末と多客期に1日5往復のみが運行されているが、碓氷峠ホタルの里祭りや横川ナイトパークの開催日は夜間に運行することもある。また、団体での予約であれば平日の運行も可能である[28]

なお、当路線は鉄道事業法に基づく正規の鉄道ではなく、路線全体が当施設の園内遊具として扱われているため、とうげのゆ駅から[注釈 6]乗車する場合でも、乗車券の他に当施設の入場料が必要となる。

碓氷峠交流記念財団と安中市は当初、国土交通省と協議のうえ同財団を鉄道事業法における特定目的鉄道の正規鉄道事業者に昇格させ、廃線区間の一部を復活する構想を立てている。2006年(平成18年)10月に鉄道事業法の認可を目指し、早ければ2007年10月の開業とJR横川駅への乗り入れを目指していたが、当時の岡田義弘安中市長は、安全性ならびに所要資金の問題から事業に消極的であり、計画の中止を要請した[29]2013年にも同様の計画が出され、2017年の開業を目指していたが立ち消えしている[30]。なお、横川駅に隣接して建設される予定の道の駅について、2024年に行われたパブリックコメントでも、シェルパくんの横川駅乗り入れを希望する意見が複数寄せられている[31]

ディーゼル機関車は常にぶんかむら側に連結されるため、往路は客車に搭載されたカメラによる推進運転となる[32]。2011年5月にDB201が故障し修理不可能の状態となったため、ぶんかむら - まるやま間はリース機(MR1503)による折り返し運転に、急勾配区間である まるやま - とうげのゆ間はしばらく運休となったが、2013年3月27日より機関車をMR1106に交代し再開している[33]

2019年運行分からは横川駅に到着する列車との接続を図るため、毎時10分にぶんかむら駅を発車するように変更された[34]

現在の使用車両 編集

  • MR1106
    • 2012年に製造された、松山重車輌工業製の32tディーゼル機関車[35]。2013年3月27日からシェルパくんの牽引機として活躍している[33]。製造費は1億1000万円[36]
    • 軸配置はB-Bのボギー車で、運転台は入換機関車同様横向きとなっている[37]
    • ぶんかむら方の前面に短いボンネットとバッファーがあるが、これは初期デザインがEC40を模したものとなっていた為である[注釈 7]
    • 塗装は一般公募で決められ、車体は先代のDB201と似た茶色に、先述したバッファーと台枠は黄色に、前面には虹が、側面には梅が塗装されている。
  • 客車
    • 2004年[38]に2両が北陸重機工業で製造された二軸客車である。2両合わせた製造費は7082万2500円[注釈 8]
    • 定員はどちらも54名だが[39]、実際に乗車可能な人数は2両合わせて100名(雨天時では70名)までとなっている[注釈 9]
    • 外装は全体的に茶色で、ドアと車端部側の前面と旧型客車のダブルルーフを模した屋根(うだつ)は赤色に塗装されている。以前まで側面の妙義山の稜線とロゴは有ったり無かったりしていたが[注釈 10]、2019年9月以降は無く、予算不足により2024年現在は行う予定はない[24]
    • 座席は基本的にボックスシートとなっており、その上には網棚も設置されている。また、ドア付近にはつり革ドアコックが、車端部には車椅子スペースが設置されており、本格的な作りとなっている。
    • 2両の相違点のみ以下に記す。
      • オープン形客車 - 妻面には「UTBT-05002」と書かれている。ドアは折戸。とうげのゆ方に連結され、固定窓がつけられることもある。
      • 普通形客車 - 妻面には「UTBT-05001」と書かれていたが、2024年現在は無い。ドアは引戸で、戸袋部はロングシートになっている。ぶんかむら方に連結され、窓は下段上昇式のユニット窓。車端部に家庭用エアコンが1台づつ装備されている。

過去の使用車両 編集

  • DB201
    • 元は碓氷峠用に製造されたモーターカー、TMC500A(製造番号10)。その性能を活かしシェルパくんの牽引機として活躍したが2011年5月に故障。修理後はトロッコの牽引をMR1106に託し、以後は除草剤散布などの業務で使用されている。
    • 2023年10月6日[24]にはこの車両を用いたトロッコ列車試験運行がぶんかむら - 熊ノ平間で岩井均安中市長を乗せて行われた[40]
  • MR1503
    • 松山重車輌工業製の20t軌道モーターカー。DB201が故障しMR1106が導入されるまでの間の繋ぎとしてリースされた[41][リンク切れ]。急勾配区間の まるやま - とうげのゆ間は走行できない為、ぶんかむら - まるやま間の折り返し運転となった。

ミニ列車 編集

 
ファミリー列車用のEB形ミニ電気機関車

軌間5インチ、一周約300mのコースで、両者が線路を共用している。

  • ミニSL
    • 運転士が客車を牽引する。客車への乗車が可能(雨天時も運転。12:10 - 13:10の間は運転されない)。
  • ファミリー列車運転体験
    • EB型のミニ電気機関車を個人が運転することができる。運転士含め6名まで乗車可能(土休日の12:10 - 13:10の間に運転。雨天時は運転されない)。

EF63形電気機関車運転体験 編集

 
講習を受け修了試験に合格すると、EF63を自分の手で運転できる「運転体験」

当施設が実施する学科・実技講習を受講し、その修了試験に合格することで後日、EF63を運転することができるようになる。運転区間は旧信越本線の運転体験線約400m[注釈 11]の往復で、点検を含め所要時間は約30分となっている。運転体験線は750Vで電化されている[42]

また、実技講習を繰り返し受講することで運転資格を得ることができ、規定回数以上で腕章も贈呈される。

  • 9回以上で「機関士見習」
  • 29回以上で「補助機関士」
  • 49回以上で「本務機関士」
    • ここで単機推進運転が可能(1)になり、1エンド連結訓練(2)ができるようになる。
  • 500回以上で「優秀機関士」
  • 1000回以上で「名誉機関士」


編成例は左が軽井沢方、右が横川方である。(フローチャート)

  • (1)を5回以上で重連推進運転が可能(3)
    • EF63+EF63
  • (2)を3回以上(検定合格)で1エンドに緩急車連結が可能(4)
    • EF63+緩急車
  • (1)を5回以上+(4)を3回以上で2エンド連結訓練(5)
  • (5)を3回以上(検定合格)で2エンドに緩急車連結が可能(6)
    • 緩急車+EF63
  • (3)と(6)をそれぞれ3回以上で重連推進連結訓練(7)
  • (7)を3回以上(検定合格)で重連推進連結運転が可能
    • 緩急車+EF63+EF63

最短で68回運転すれば重連推進連結運転ができるようになり、かつて行われていた「EF63重連での車両への連結・推進運転と牽引運転・解放」を体験することができるようになる。


近年は機関車の損傷が著しく、いつ故障してもおかしくない状況が続いていることから、2017年11月1日から、安中市がふるさと納税を介したクラウドファンディングを行っている[43]

運転シミュレーター 編集

EF63 編集

2000年4月15日に、検修車庫に保存しているEF63 18の横川方運転台を使用した運転シミュレーターが設置された。CGによって車窓が再現され、実物の運転台機器を操作して運転を行い、一部の計器も連動して稼働した。運転区間は下りの横川 - 軽井沢で、途中のトンネル区間が一部省略されて体験時間は10分程度だった。体験料金は1回1000円、運転ガイダンスビデオを視聴する場合は別に200円が必要だった[44][45][46]

しかし2017年に故障し、機器が古いため修理の目途が立たず外部に依頼して再製作することになり、2020年6月1日に新しいシミュレーターが稼働した。再稼働後は料金の支払いがNFC方式のプリペイドカードに土産売店でチャージする方法に変更された。ガイダンスビデオの視聴は料金不要になった[47]が、カードの発行時に1000円が必要になった。

当初の運転区間は下り横川 - 熊ノ平だったが、2021年1月25日には軽井沢まで「延伸」[48]した。また2022年9月23日に上りの軽井沢 - 横川が運転可能になった[49]他、下り冬仕様[50]や上り春仕様[51]などその後もアップデートを重ねている。

189系 編集

実物の189系運転台を利用した運転シミュレーター。運転区間は高崎線下りの上尾 - 熊谷の各駅停車で、全体が8区間に分けられており1回1000円でそのうちの2区間を運転することができた[44]2015年に故障し[52]、その後は操作に関係なく映像が流れるのみの小児向け「特急電車運転操作体験機」として再稼働した。1回100円で約6分間映像が再生される[53]

交通アクセス 編集

登場作品 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ a b c d 組織概要にある事業報告書から。
  2. ^ イベント自体は31日まで続いたが、29日 - 31日は文化むらは休園。
  3. ^ 文化むら周辺のみEF63の運転のために直流750V・架空電車線方式で電化されているが、シェルパくんは使用しない。
  4. ^ 安中市のページに記載あり。66.7‰は上り線の最急勾配であり、間違いとなる。
  5. ^ 文化むら付近は上り線。
  6. ^ 現在は客扱いをしないまるやま駅からも同様だった。
  7. ^ デザイン募集時に資料館内に展示されていた模型では、運転室の前面窓も3枚になっていたが、実車では熱線入りの大型1枚窓となっている。
  8. ^ とある議員の後援会報記事による。
  9. ^ 文化むらのホームページでは1両当たり50名と書かれている。
  10. ^ 2018年の場合。具体的な法則については不明。
    1月8日に撮影された「ない」例。
    5月4日に撮影された「ある」例。
    11月18日に撮影された「ない」例。
  11. ^ 開業当初は300m

出典 編集

  1. ^ a b c d 碓氷峠鉄道文化むら整備事業-鉄道文化・街道文化のまちづくりによる地域活性化の試み-、国土交通省。2024年5月11日閲覧。
  2. ^ a b 「JR年表」『JR気動車客車編成表 '00年版』ジェー・アール・アール、2000年7月1日、185頁。ISBN 4-88283-121-X 
  3. ^ a b 安中市碓氷峠の森公園条例
  4. ^ 登録4396482、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)。
  5. ^ 登録4396483、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)。
  6. ^ 荻野屋様との碓氷峠鉄道文化むら開園20周年企画について、碓氷峠鉄道文化むら、2019年4月12日。同年同月16日時点でのアーカイブ。
  7. ^ “あの味”復活に感動 安中の越後屋食堂が鉄道文化むら内で再開上毛新聞、2020年2月23日。同年3月18日時点でのアーカイブ。
  8. ^ EF63&189系記念セレモニーについて”. 碓氷峠鉄道文化むら. 2024年4月30日閲覧。
  9. ^ 【重要なお知らせ】EF63・189系あさまの記念セレモニーイベントの延期について”. 碓氷峠鉄道文化むら. 2020年4月30日閲覧。
  10. ^ 禰豆子が車窓に「鬼滅の刃」コラボSL運行 JR東日本 キャラの車内アナウンスも”. 社会 > 速報 > 群馬. 毎日新聞社 (2020年10月13日). 2024年4月30日閲覧。
  11. ^ 初の夜間営業 “横川ナイトパーク”の開催!、碓氷峠鉄道文化むら、2021年5月12日。
  12. ^ 料金改定について、碓氷峠鉄道文化むら、2022年9月9日。
  13. ^ 鉄道文化むら維持へ寄付金 機関車展示やトロッコ運行、上毛新聞、2017年8月24日。同日のアーカイブ。
  14. ^ “<今日はどんな日・1月26日>振り返る埼玉新聞、00年は「さよなら長瀞SLホテル」”. 埼玉新聞. (2019年1月26日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/01/26/09.html 2024年4月30日閲覧。 
  15. ^ 信越本線 横川~軽井沢間 廃止25年 特別イベント「横川メモリアルフェスティバル」の開催について、碓氷峠鉄道文化むら、2022年8月31日。
  16. ^ ざんげ岩定点観測(1999.1.1~)
  17. ^ 緊急速報!丸山あさま編成移動!、碓氷峠鉄道文化むら応援団(現:CLUB667)、1999年9月14日撮影。2024年4月30日閲覧。
  18. ^ 【動画】碓氷峠鉄道文化むらで昭和期に活躍の2両が宿泊施設に整備 2023年の夏までに、上毛新聞、2022年8月22日。2023年3月1日時点でのアーカイブ。
  19. ^ 碓氷峠鉄道文化むら・開園10周年!!!、CLUB667、2009年4月18日撮影、同年同月28日掲載。
  20. ^ 丸山のEF63と「あさま」、CLUB667、1999年2月28日撮影。
  21. ^ 展示車両、CLUB667、2006年1月16日。
  22. ^ 碓氷峠の現在 2008年師走、CLUB667、2008年12月20日撮影、翌年1月9日掲載。
  23. ^ 遊戯施設関連事業、司機工。
  24. ^ a b c d 問い合わせにより職員から回答を得た資料より。Wikipedia:検証可能性#自主公表された情報源に該当。
  25. ^ a b 公式文書&図面、CLUB667、1999年4月18日。
  26. ^ 鉄道の町に汽笛よ響け!SLあぷとくん修復プロジェクトCAMPFIRE、2021年1月18日。
  27. ^ トロッコ列車ライン | 施設案内 | 碓氷峠鉄道文化むら、碓氷峠鉄道文化むら。
  28. ^ 入口に設置されているガイドマップより。
  29. ^ . 読売新聞群馬版. (2006年11月24日) 
  30. ^ 横軽」鉄路復活の夢 安中市がトロッコ延伸構想、朝日新聞、2013年11月6日。2015年1月24日時点でのアーカイブ。
  31. ^ 安中市道の駅基本構想(案)に関するパブリックコメントの結果について、安中市。
  32. ^ 2022年1月2日の「碓氷峠鉄道文化むら新商品開発プロジェクトチーム」のポスト(ツイート)より、2024年4月30日閲覧。
  33. ^ a b できごといろいろANNAKA、2022年3月8日時点でのアーカイブ。
  34. ^ トロッコ列車とEF63運転体験時刻の変更について、碓氷峠鉄道文化むら、2019年2月27日。
  35. ^ ディーゼル機関車 MR1106型、松山重車輌工業。
  36. ^ 安中「碓氷峠鉄道文化むら」待望の新造機関車搬入、東京新聞。2012年12月21日時点でのアーカイブ。
  37. ^ 2022年1月4日の「碓氷峠鉄道文化むら新商品開発プロジェクトチーム」のポスト(ツイート)より、2024年4月30日閲覧。
  38. ^ 車内にある銘板より。
  39. ^ トロッコ列車2、北陸重機工業。2022年8月28日時点でのアーカイブ。
  40. ^ 2023年10月18日の「岩井均(安中市長)」のポスト(ツイート)より、2024年4月30日閲覧。
  41. ^ 80日ぶり汽笛の音 碓氷峠 トロッコ列車再運行 - 東京新聞
  42. ^ EF63運転体験 発車式の様子、CLUB667、1999年9月1日撮影。2024年4月30日閲覧。
  43. ^ 碓氷峠鉄道文化むらの「EF63形電気機関車」を未来に残そう!(「ガバメントクラウドファンディング」導入のお知らせ) 安中市 2017年11月1日
  44. ^ a b 園内ご案内、碓氷峠鉄道文化むら。2003年8月15日時点のアーカイブ。
  45. ^ 調整中のEF63シミュレータ、CLUB667、2000年4月8日撮影。2002年4月17日時点のアーカイブ。
  46. ^ EF63運転シミュレータオープン、CLUB667、2000年4月15日撮影。2002年4月20日時点のアーカイブ。
  47. ^ EF63シミュレーターが再稼働! | お知らせ | 碓氷峠鉄道文化むら、碓氷峠鉄道文化むら(2020年6月1日)。2020年8月8日時点のアーカイブ。
  48. ^ 公式アカウント(tetsudobunkamu1)のツイート、碓氷峠鉄道文化むら(2021年1月25日)。2021年1月25日時点のアーカイブ。
  49. ^ 【EF63シミュレーター】上り線が運転可能に! | お知らせ | 碓氷峠鉄道文化むら、碓氷峠鉄道文化むら(2022年9月7日)。2022年9月7日時点のアーカイブ。
  50. ^ EF63形電気機関車のシミュレーターが冬景色に! | お知らせ | 碓氷峠鉄道文化むら、碓氷峠鉄道文化むら(2021年12月22日)。2021年12月22日時点のアーカイブ。
  51. ^ 【EF63シミュレータ】春バージョン稼働中! | イベント情報 | 碓氷峠鉄道文化むら、碓氷峠鉄道文化むら(2023年4月7日)。2023年4月7日時点のアーカイブ。
  52. ^ シミュレーター「あさま」について、碓氷峠鉄道文化むら、2015年5月23日。
  53. ^ 鉄道展示館 | 施設案内 | 碓氷峠鉄道文化むら、碓氷峠鉄道文化むら。2022年5月19日時点のアーカイブ。

関連項目 編集

外部リンク 編集