碧 ゆかこ (みどり ゆかこ、11月18日 - )は、日本漫画家血液型はA型。

1981年秋田書店の『ビバ・プリンセス』で「ここはうわさの西洋館」でデビューする。主に少女漫画雑誌『月刊プリンセス』で活動し、2006年頃からハーレクインコミックスを手がけるようになる。代表作は『はるか遠き国の物語』。

同時期に『月刊プリンセス』で連載していた冬木るりかと交流があり、お互いの単行本および文庫本によくイラストを載せ合っている[1]

目次

作品リスト編集

プリンセスコミックス編集

  • 狼なんかこわくない
  • 一樹がやってきた
  • 最後の晩餐
  • 14歳の季節
  • ジュエリー・コレクション
  • 静香姫伝
  • 千分の一夜物語
  • バースデー・パーティー
  • はるか遠き国の物語
  • 不幸を呼ぶ男
  • ビューティフルSEPTEMBE
  • ミステリーなトラブル・ツアー
  • 桃太郎が行く!

ハーレクインコミックス編集

  • 奪われた花嫁(原作:キャシー・ウィリアムズ)
  • 裏切りの刃(原作:リンダ・ハワード)
  • 運命の夜に(原作:ミランダ・リー)
  • 黒い羊(原作:スーザン・フォックス)
  • 恋を忘れた公爵(原作:ニコラ・コーニック)
  • シークに焦がれる夜に(原作:リンダ・ウィンステッド・ジョーンズ )
  • ダイヤモンド・ダスト(原作:レニー・ローゼル)
  • 花嫁には秘密(原作:ルーシー・ゴードン)
  • 闇のエンジェル(原作:リン・グレアム)
  • 罠に落ちた伯爵令嬢(原作:ジェイン・ドネリー)

文庫編集

脚注編集

  1. ^ 碧ゆかこ『はるか遠き国の物語』文庫2巻、292頁。

外部リンク編集