メインメニューを開く

概要編集

磐田市の関与するバスには、コミュニティバスと自主運行バス(自治体バス)の2つが混在していた。

なかでもユーバス遠州地方で初めてのコミュニティバスである他、日本で初めてのICカード乗車券である「ユーバスカード[1]を導入するなど、先進的な取り組みを行った。なお、廃止される2015年3月31日にはユーバスに限り無料運行を行った。

磐田市バスはもともと向笠原線・岩田線・桶ケ谷沼線・天竜長野線・鮫島大原線のみを指す通称であり、「もくせい号」の愛称がある磐田温水プール磐田市立病院線は磐南バスの通称があった。

市町村合併前は「ゆや号」・「ニッセ号」の愛称が付けられているユーバスは磐田郡豊田町の、「しおさい号」の愛称が付けられているエコバスは福田町の、「ごんバス」は豊岡村のコミュニティバスであった。これら旧町村のコミュニティバスも市町村合併時にすべてを含めて磐田市バスと称されるようになり、磐田温水プール磐田市立病院線の「磐南バス」の通称も廃止された。そして自主運行バスである豊岡線や磐田線も磐田市バスに含まれるようになった。

現在は磐田市バスの路線は袋井市や森町と共同運行する磐田線のみとなり磐田市バスとの愛称は使用されなくなっているが、同市の自主運行路線であることにかわりはない。

歴史編集

  • 1997年10月1日 - ユーバスが運行開始
  • 1998年4月1日 - エコバス、向笠原線、岩田線、桶ケ谷沼線、天竜長野線、鮫島大原線が運行開始
  • 1999年10月1日 - 豊岡線が自主運行化
  • 2002年5月1日 - エコバス、桶ケ谷沼線、岩田線で運行改正
  • 2003年7月1日 - 磐田温水プール磐田市立病院線が運行開始
  • 2005年4月1日 - 磐田市・豊田町・竜洋町・福田町・豊岡村が合併し、改めて磐田市が発足。
豊田町のユーバス(「ゆや号」・「ニッセ号」)、福田町のエコバス(「しおさい号」)、豊岡村の「ごんバス」を磐田市バスに統合。

路線編集

現在は秋葉バスサービスに委託している磐田線のみである。

  • 磐田線(自主運行バス)
    • 磐田駅前 - 見付宿町 - 磐田原 - 笠梅 - 山梨 - 円田 - 森山入口 - 遠州森駅前 - 遠州森町
    • 磐田駅前 - 見付宿町 - 磐田原 - 笠梅 - 山梨 - 円田 - 森町病院 - 遠州森駅前 - 遠州森町
運休日

土・日・祝日および年末年始 (12/30 - 1/3)・8/13 - 8/15

使用車両

中型車・大型車混在。

料金

秋葉バスサービスの料金に準拠(小学生までは半額)

乗車カード

パサールカード - 磐田市バスでは以前より当路線に限り使用可能であった。また、他の磐田市バスで利用可能だった乗車券類はすべて使用できなかった。

廃止路線編集

すべて遠州鉄道に委託されていた。

大型車で運行する路線
  • 豊岡線
中型車で運行する路線
  • 豊岡西循環線(ごんバス)
  • 豊岡東循環線(ごんバス)
  • 福田豊浜南部線(エコバス「しおさい号」)
  • 福田北部西部線(エコバス「しおさい号」)
小型車で運行する路線
  • 磐田温水プール磐田市立病院線(「もくせい号」、旧通称「磐南バス」)
  • 豊田西回り線(ユーバス「ゆや号」)
  • 豊田東回り線(ユーバス「ニッセ号」)
  • 向笠原線
  • 岩田線
  • 桶ケ谷沼線
  • 天竜長野線
  • 鮫島大原線
料金
  • 向笠原線、岩田線、桶ケ谷沼線、天竜長野線、鮫島大原線、磐田温水プール磐田市立病院線は遠鉄バスの料金に準拠(小学生までは半額)
  • 豊田西回り線、豊田東回り線は一律100円
乗車カード

ICカード

  • ナイスパス
  • ユーバスカード - かつてユーバス(豊田西回り線・豊田東回り線)で使えたが、路線廃止よりも前に利用は終了していた。

磁気カード

  • ETカード - 発売終了後も廃止まで利用できた。

回数券

  • ユーバス回数券 - ユーバスカードの代替で、豊田西回り線、豊田東回り線のみ利用可能だった。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集