メインメニューを開く

様々な磨製石器

磨製石器(ませいせっき、: polished stone tool)とは、砂と石をすり合わせたり、石と石をすり合わせるなどの方法で表面を滑らかに加工した石器[1]

概要

 
磨製石斧

通常、石器は原料となる石材を他の石材や獣骨などで敲打(こうだ)したり剥離(はくり)したりして製作する。磨製石器はこのように製作した石器を、さらに砂や他の石で擦ることにより磨いて凹凸を極力なくした石器をさす。磨かないものが打製石器である。

母材の石が緻密なほど表面はなめらかで鋭利となり、樹木伐採などに使用する場合でも何度も繰り返して使用できる[1]

種類

主な磨製石器には、石皿磨石石斧(磨製石斧)・石錐石包丁石棒石剣などがある[1]

石皿・磨石
石皿・磨石は調理の道具として利用された[1]
石斧
石斧は樹木の伐採や土掘りの道具として利用された[1]
石錐
石錐は木材や獣皮に穴をあけるドリルとして利用された[1]
石包丁
石包丁は調理用ではなく農耕用で刈り取りに利用された[1]
石棒・石剣
石棒・石剣の用途はよくわかっていないが呪術の道具あるいは宝器として利用されたと考えられている[1]

使用時期

オーストラリアと日本では、旧石器時代に刃部磨製石斧(局部磨製石斧)が作られた。最古の例はオーストラリアで、4万7千年前にさかのぼるという。日本では3万8千年前から3万5千年前に出現し、打製石斧と併用したが、3万年前には見られなくなった。[2]

磨製石器は新石器時代を代表する道具で、世界で広く使われた。

鉄器が普及しなかった一部地域では、20世紀に入っても石斧が普通に使われていた。

技術

研磨の技法には、擦切技法などがある。

磨製石器の製作技術は非常に高いもので現代のシリコンウェハーや光学部品の研磨技術の基礎となっている[1]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 海野邦昭『トコトンやさしい切削加工の本』日刊工業新聞社、2010年、14頁。
  2. ^ 国立博物館・毎日新聞社・TBSテレビ編集『世界遺産ラスコー展』、143頁。当該箇所は海部陽介の執筆。

参考文献

関連項目