メインメニューを開く

磯前 順一(いそまえ じゅんいち 1961年 - )は、日本宗教学者国際日本文化研究センター研究部教授。専攻は宗教学、批判的理論。博士(文学)。

目次

来歴・人物編集

茨城県出身。静岡大学人文学部日本史・考古学専攻卒業。1991年東京大学大学院人文科学研究科宗教専攻博士課程中退、東京大学文学部助手、97年日本女子大学助教授、2007年国際日本文化研究センター研究部准教授、2015年同教授。2010年「近代日本の宗教言説とその系譜-宗教・国家・神道」で東大文学博士

著作編集

単著編集

  • 『土偶と仮面―縄文社会の宗教構造』校倉書房 1994)
  • 『記紀神話のメタヒストリー』(吉川弘文館 1998)
  • 『近代日本の宗教言説とその系譜 宗教・国家・神道』(岩波書店、2003)
  • 『喪失とノスタルジア―近代日本の余白へ』(みすず書房、2007)
  • 『記紀神話と考古学 歴史的始原へのノスタルジア』(角川叢書・角川学芸出版、2009)
  • 『宗教概念あるいは宗教学の死』(東京大学出版会、2012)
  • 『どこにもいないあなたへ: 恋愛と学問についてのエッセイ』(秋山書店、2013)
  • 『閾の思考: 他者・外部性・故郷』(法政大学出版局、2013) 
  • 『ザ・タイガース 世界はボクらを待っていた』(集英社新書、2013) 
  • 『死者たちのざわめき: 被災地信仰論』(河出書房新社、2015)

共編著編集

  • 『近代日本における知識人と宗教 姉崎正治の軌跡』(深澤英隆共編、東京堂出版 2002)
  • 『近世朝廷と垂加神道―正親町蔵書の思想史的研究』小倉慈司共編、ぺりかん社 2005)
  • 『宗教を語りなおす―近代的カテゴリーの再考』(タラル・アサド共編、みすず書房)
  • 『マルクス主義という経験―1930-40年代日本の歴史学』(ハリー・ハルトゥーニアン共編、青木書店 2008)
  • 『安丸思想史への対論―文明化・民衆・両義性』(安丸良夫共編、ぺりかん社 2010)
  • 『「近代の超克」と京都学派 近代性・帝国・普遍性』(酒井直樹共編、以文社 2010) 
  • 『宗教概念の彼方へ』(山本達也共編、法蔵館 2011)
  • 『宗教と公共空間: 見直される宗教の役割』(島薗進共編、東京大学出版会 2014)
  • 『ザ・タイガース研究論』(黒崎裕介共編、近代映画社 2015)
  • 『他者論的転回 宗教と公共空間』(川村覚文共編、ナカニシヤ出版 2016)
  • 『〈死者/生者〉論 ―傾聴・鎮魂・翻訳―』(佐藤弘夫鈴木岩弓共編、ぺりかん社 2018)
  • 『なぜ国際日本研究なのか―「国際日本研究」コンソーシアムシンポジウム記録集』(松田利彦榎本渉・前田志織・吉江弘和共編、晃洋書房 2018)

翻訳編集

  • ナラティヴの権利 戸惑いの生へ向けて ホミ・K・バーバ (ダニエル・ガリモア共訳、みすず書房、2009)

外部リンク編集