メインメニューを開く

磯 永吉(いそ えいきち、1886年11月23日 - 1972年1月21日)は、日本農学者、作物育種学者台北帝国大学(現台湾大学教授広島県福山市新馬場町出身。台湾米(蓬莱米)の父と呼ばれた。1928年北海道大学 農学博士 論文の題は「台湾稲ノ育種学的研究」[1]

磯 永吉

生涯編集

旧制日彰館中学(現・広島県立日彰館高校)を経て、1911年東北帝国大学農科大学札幌市)を卒業。1912年台湾へ渡り、台湾総督府農事試験場、中央研究所を経て、1930年、台北帝国大学教授に就任。日本統治下の台湾において、この後約半世紀にも及ぶ台湾米の品質改良に取り組んだ。当時の台湾は食糧不足の日本に台湾米を輸出していたが、長粒のインディカ種は粘りがなく日本人の口に合わなかった。そこで、至難の業といわれたジャポニカ米とインディカ米の交配を1000種以上の膨大な数を繰り返し、この困難を克服。育成した品種は214種にも及ぶ。1935年、10年の歳月をかけて台湾の気候に良く合い、美味かつ優れた品質を持つ「台中65号」の開発に成功。まもなく台湾総督府は「台中65号」の普及に踏み切り、島内で増産を重ねた。この「台中65号」は1940年に「蓬莱米」と命名され、台湾の農業発展に大きく貢献した。

李登輝は「台湾は二期作で6月に収穫できる強みがあった。6月は日本では端境期で米価が一番高い。「蓬莱米」の内地(日本)への販売は急増し、日本の米作農家が圧迫され、移出規制まで行われた。台湾の南部はサトウキビの植え付けが多かったが「蓬莱米」の作付けが急増した。嘉南平野は豊かになり、大変なお金を得た地主は農村組合に預金を預けたが、1940年頃から日本は台湾での製鉄など工業化に力を入れ始めた。その時にこの資金で産業銀行が設立され、台湾の産業高度化を下支えした。この構造は戦後も続き、1965年頃までは台湾の主な輸出品は「蓬莱米」と砂糖で、稼いだ外貨が工業化に転嫁され、奇跡といわれた経済成長を実現した」(要約)と「台湾は米とサトウキビの増産で稼いだ外貨によって工業化できた」という内容の講義を行っている[2]。ただし、「米糖相克」の問題を参照。

1945年の日本の敗戦後も磯は請われて台湾に残り、中華民国農林庁顧問として蓬莱米の普及にあたった。「蓬莱米の父」と呼ばれ、47年にも及んだ台湾農業との付き合いを終え、1957年に帰国。帰国に際し台湾政府は、毎年20俵の蓬莱米を終生磯に贈ることを約束し、深謝の意を表した。台湾では現在でも磯の育種した蓬莱米を生産し、常食している。

台湾の書籍『影響台湾50人』(圓神出版社、2002年)では「台湾に影響を与えた50人」として明治天皇後藤新平八田與一らと共に日本人12人の一人として選ばれている。2012年には、磯と、農業技師の末永仁(すえなが めぐむ、1885-1939)の胸像が台湾大学に設置された[3]

米以外にもサトウキビ、サツマイモ、小麦などの農作物、ブタや鶏など家畜の品種研究も手掛け、磯の研究は台湾のみならず広く東南アジアの農業にも貢献した。英文著書『亜熱帯における稲と輸作物』は亜熱帯農作物のバイブルともいわれる。こうした業績に対し、日本農学会からも「農学賞」、大日本農会から「紅白有功賞」、1961年には「日本学士院賞」が贈られている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 『凛として 日本人の生き方』、産経新聞「凛として」取材班」、扶桑社、2005年、162-167頁
  3. ^ 台湾大に日本人農学者らの胸像設置へ産経新聞、2012年3月8日付)

外部リンク編集