メインメニューを開く

磯辺 弥一郎(いそべ やいちろう、1861年3月17日万延2年2月7日) - 1931年昭和6年)4月23日)は、国民英学会の創立者。

経歴編集

熊本藩士磯辺謙叟の二男として豊後国大分郡鶴崎村(現・大分市鶴崎)に生まれる。漢学塾を経て1875年(明治8年)上京し鳴門塾へ入学したのち慶應義塾に学ぶ。一度ほかの私立学校に転じたのち、1877年(明治10年)慶應義塾に復学し、翌年懸賞作文「酒と博打いずれがその害大なるや」で賞を受ける[1]

福沢諭吉の民権主義に感化され、1880年(明治13年)に退学して北海道の開拓会社「函館開拓社」へ入社、岩内社に移ったのち、同社の閉鎖に伴い、岩内小学校の教員となる。1881年(明治14年)帰京し、外国人と交流して英語を研究する。1888年(明治21年)にフレデリック・イーストレイクと英語学校「国民英学会」をおこし、月刊で国民英学新誌を刊行、イーストレイクが同校を去ったため1890年(明治23年)に廃刊となり、1894年(明治27年)より月刊誌「中外英字新聞研究録」(のちに中外英字と改称)を発行[2]1899年(明治32年)、子供の頃からの夢だった洋行を果たし、英国など欧米各国を視察し、翌年帰国[3]。国民英学会への入学者は大正初期までに数万にのぼり、卒業者は2000人以上を数えた[1]。その後も国民英学会会長と中外英字の主筆を務め、1931年に没した。イーストレイクの妻によると、乗船していた汽船の遭難により死亡した[4]

親族編集

兄は海軍少将から日本郵船取締役、摂津航業社長、貴族院議員を務めた磯辺包義[5]。その長男で軍人の磯邊民彌の妻・隆子は明治生命初代頭取阿部泰蔵の娘で[6]、隆子の兄弟には水上滝太郎や元慶応義塾大学塾長小泉信三の妻とみなどがいる。

妻のあや子との間に8人の子があり[7]、長女の文子は元東京府農工銀行(現・みずほ銀行)頭取の星川藤七に、次女の登亀子は愛知大学学長などを務めた本間喜一に嫁ぎ[6]、三女の光は三井物産社員の妻となった[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 國民英學會長 磯邊彌一郞 『大分県人士録』(大分県人士録発行所, 1914)
  2. ^ 中外英字新聞研究録の発行『国民英学会創立第三十周年回想録』磯辺弥一郎 著 (国民英学会出版局, 1918)
  3. ^ 磯部弥一郎君『大正人名辞典』東洋新報社、1917
  4. ^ イーストレーキ・ナヲミ『憶ひ出の博言博士』(信正社、1936年7月18日)p124
  5. ^ 磯辺包義(読み)いそべ かねよしコトバンク
  6. ^ a b 本間喜一の妻・登亀子の家系図について小林倫幸、愛知大学、同文書院記念報 VOL.24、2016.3
  7. ^ 磯辺弥一郎『人事興信録. 5版』人事興信所、1918
  8. ^ 磯辺弥一郎『人事興信録. 第8版(昭和3年)』人事興信所、1928

参考文献編集