メインメニューを開く

磯野 秋雄(いその あきお、1910年10月20日 - 1986年1月21日)は、日本の元子役俳優[1][2]。本名同じ。戦前は三井秀男(後の三井弘次)、阿部正三郎らと「与太者トリオ」の一人として活躍し、戦後はテレビドラマを中心に脇役として活躍した。

いその あきお
磯野 秋雄
本名 同じ
生年月日 (1910-10-20) 1910年10月20日
没年月日 (1986-01-21) 1986年1月21日(75歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市鶴見区
職業子役俳優
ジャンル 新派軽演劇劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1917年 - 1980年代
配偶者 磯野志津
主な作品
嵐の中の処女
「与太者シリーズ」

来歴・人物編集

1910年10月20日神奈川県横浜市鶴見区に生まれる。実家は新聞販売業を営んでいたが、後に東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区)へ移り、美以美尋常高等小学校(1923年9月1日関東大震災で焼失)を卒業。

1917年、7歳の時に花柳章太郎の門下となり、子役として本郷座で初舞台し、松竹合名会社経営の各劇場に出演した。1921年、たまたま松竹キネマ研究所牛原虚彦監督映画『山暮るゝ』で初出演したことから、以後、新派劇と交互に出演。しかし1925年9月松竹蒲田撮影所の専属俳優となり、以後、多数の作品に出演。中でも三井秀男、阿部正三郎との「与太者トリオ」が評判となり、1931年野村浩将監督映画『令嬢と与太者』以下シリーズとなる。また、1932年島津保次郎監督映画『嵐の中の処女』の好演が多数の批評家の賞賛を得た。

1943年、同撮影所を退社。劇団笑の王国に入団して再び舞台に立ち1944年に応召されるが、1946年に復員。戦後も松竹を中心に脇役として出演するが、1960年代後半からテレビドラマのみ出演するようになり、1980年代前半まで活躍した。

1986年1月21日、死去した。満75歳没。

脚注編集

  1. ^ 『日本映画人名事典 男優篇 上巻』キネマ旬報社、1996年、132頁。
  2. ^ 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、44頁。

外部リンク編集